読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1312】Pierre Olivier Beaujolais-Villages 2012

 
vinica.me
 
 今日の夕食は牛タンの簡単なソテー。これに付き合わせるのは、どこのメーカーだか知らないボジョレービラージュ。ただのボジョレーより少しマシぐらいなら十分と思って抜栓。
 
 まず見た目。おお、はっきりと薄い赤ワイン色だ。ブルゴーニュ・ルージュ、それか薄いことで有名なヴォルネと比較してもはっきりと薄く、そしてほんのり茶色がかっている。これはこれでいい色だ。で、グラスに鼻を近づけただけで、例の、ボジョレーらしいチープなチェリー系お菓子のような香りがする。その後の、野暮ったいような香りもまたボジョレーらしい。
 
 口に入れてみると、意外や意外、酸味がとても効いている。効いているうえでボジョレーらしい、例のチープな甘さと軽さがあるものだから、結果として、わりと好みなタイプだぞ?タンニンは淡く、ほんのり苦みが混じっているのもいい。バランスがとれている。
 
 どうしようもなく軽いところでバランスのとれたワインで、なんともチープな代物ではあるんだけれど、これはボジョレービラージュなんだから、こういうものでしょう。酸が割と綺麗なだけでももうけものだった。