読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1313】Domaine Lucien Boillot Volnay 2010

 
ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ / ヴォルネイ [2009]
 
 久しぶりに、村名格のヴォルネをあけてみることに。2010年と若いけれども、村名ならどうということはないでしょう。
 
 結構長くて立派なコルクを抜くと、イチゴミルクセーキみたいな、いかにもな香りが漂ってきた。見た目は、この村にしては意外と薄くないというか、透明なダークレッド。これだけ濃いと、ブラインドではヴォルネとは思わないような気がする。
 
 グラスに鼻を近づけてクンクンやると、さきほどのイチゴミルクセーキっぽい香りの上にフレッシュな苺&梅系の爽やかな香りが合体して大変おいしそう。濡れた切り株みたいな香りも漂っていて滑り出し良好。
 
 口に入れてみると、おっ、酸っぱいぞ?酸味のはっきりとした滑り出し。この酸味hは殺伐としていなくて、生の苺をかじったような目の醒めるような爽やかさと甘酸っぱさをふりまいている。で、さっきの濡れた切り株みたいな風味もしっかり口に残る。タンニンは一応あるにせよ、軽々としていて軽量級、ただ、飲み始めの時点ではこのタンニンが少しでしゃばりと感じる。でもこれからどうなるかな?
 
 飲み進めると、タンニンと甘酸っぱさがだいぶ重なって落ち着いてきた。ただ、その姿は意外と平凡というか、甘酸っぱいおいしさと適度な濃さが組み合わさっているけれども、例えば一級畑カイユレなんかに比べると、洗練が感じられない。このあたり、お値段は正直だなと思わざるを得ないところ。
 
 ※翌日になると、酸味が勝った状態になっていて絶息しかかっているイメージ。あーこれは一日で飲んであげるべきワインだったみたいだ。今度から村名ヴォルネ開ける時は人を集めるか、嫁さんと一気に飲みきるか、どっちかにしよう。