読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1318】Chateau Haut Sociondo Blaye Cotes de Bordeaux 2009

ボルドー

シャトー オー・ソシオンド '09
 
 今日の夕食はカレー。こんなメニューにワインを合わせる合わせないもないので、カレーはほどほどに、チーズ等と一緒にボルドーの安ワインをいただくことに。値段も内容も安物だけど、ヴィンテージだけは2009と好材料。実物はどんな内容でしょうか。
 
 まず見た目。ボルドーの赤ワインとしては標準的。一定の透明感があり、濃すぎるような感じはしない。ちょっと茶色っぽい色彩でおいしそう。香りは意外なほど新鮮な果実味、フレッシュなブドウの香りがぷーんと漂ってくる。
 
 で、口に入れると果実味が非常にフレッシュ。甘酸っぱい!でも、その後からタンニンを感じるうちにそんなに甘酸っぱくもなくなってくる。甘味が濃いかと思いきや、それは最初の一口だけで、だんだん甘味が控え目になって酸味も目立たなくなってくる。代わってミルキーな舌触りと節制の利いたコクが感じられ、タンニンも襲いかかってくるようなタイプではなく穏やか。甘味も果実味も控え目なので「派手」でも「魅力いっぱい」でもないけれど、かえってそれがこのワインの魅力。安ボルドーとしては必要十分、いかにもなおいしさで、これはお買い得な一本だった。
 
 ※翌日、意外にも土っぽい香りがそれなりこみ上げてきた。だからといって派手になるほどのものじゃないけれど、しみじみとおいしい、デイリーワインとしてはちょっと嬉しいおまけがついてきた。