読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1339】Villa di Vetrice Chianti Rufina Riserva 2007

 
キャンティ ルフィナ ヴィッラ ディ ヴェトリチェ リゼルヴァ 2007
 
 今日の夕食はワカサギ等のフリットとミネストローネスープを中心としたもの。本当は白ワインの出番っぽいけれど、なんとなくキアンティ系が飲みたくなってこいつを開けてしまった。デイリーとしては適当でいいでしょう。
  
 まず見た目。すごく茶色っぽくて熟成感満点。暗い赤茶色で一応透明度は保たれている。香りは……うわっカルーアコーヒーリキュールの香りが来た!チョコレート、それからバニラか? あと、見た目のせいか、枯葉のようなのも混じっているような気がする。いつものキアンティ・クラシコとは方向性がぜんぜん違う。
 
 ところが口に運んでみると、酸味が第一印象。酸っぱさの度合いは「ブルゴーニュ赤ワインの、2007年とか2008年のような」。とにかくキアンティ系としてはかなり酸っぱいほう。甘さは控え目ながら、噛みしめるような果実味を伴っていて、若干ビターでタンニンもそこそこあるせいか、それでもボディは貧相とは感じない。口のなかで味わっているとスミレと例えたくなるようなキアンティらしい香りがゆっくりと鼻腔をのぼっていく。
 
 総じて、味の面では媚びるところが無くって、「酒飲みのワイン」という印象だった。
 
 ※二日目は、酸味が勝ちすぎてしまって「酸化の進んだくたびれワイン」な雰囲気に。困ったなぁ、このワインまだ一本あったりするのだった。でも初日で全部飲むのはどう考えても無理っぽい。しようがないから初日だけでも楽しもう。