読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1351】Azienda Vinicola La Baia del Sole Federici "Gladius" Colli do Luni Bianco 2014

その他イタリア

 
グラディウス コッリ ディ ルーニ ビアンコ 2014
 
 このワインはローマ時代の短剣の名を冠しているリグリア州の白ワイン。今回初めて買ったつもりだったけれど、以前にも一度飲んだことがあったと判明。はてさて、今回はどんな印象を受けるんでしょうか。
 
 まず見た目。えらく黄色っぽい。見た目だけだと「ちょっと高級な白ワイン」と言われても欺されそうな黄金色。香りのほうは、台所洗剤やハンドソープにありそうな、すごく芳香族的な香りにほんのり蜂蜜系の香りが乗っているような。
 
 口に入れてみると、おっそろしいほど酸味がしっかりしている。同じヴェルメンティーノ種のワイン、サルディニア島のやつにこのあたりは似ているんだけど、こいつはほんのりとした蜂蜜っぽい味が乗っかっていてあちらよりも人懐っこい。苦みや炭酸っぽさもあちらほど強烈ではなく、こちらのほうが洗練されている(かわりに風味のスカラー量は小さめ)と感じる。伊予柑夏蜜柑のいいところを合体させたような甘酸っぱさにヴェルメンティーノ種らしい適度な苦みと芳香が乗っかっていて美味い。でもって、この価格帯のイタリアワインにありがちなことに、スイスイと飲めてしまった。