読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1352】Philippe Leclerc Bourgogne les Bons Batons 2012 (ハーフボトル)

その他ブルゴーニュ

 
フィリップ・ルクレール ブルゴーニュ・ルージュ ・レ・ボン・バトン[2013]
 ※リンク先はヴィンテージが異なります。またフルボトルです。
 
 今日の夕食は鶏肉料理+ピザ。これも、本当はイタリアワインの出番なんだろうけれど、なんとなく、こいつをいただくことになった。
 
 まず見た目。車で運んだ直後だからか、少し不透明、ブルゴーニュ色としては濃い色をしている。みようによっては他の地域の他の品種と見まがうような。香りを確かめると、えらく果実味の強い葡萄風味が前面に出ていて、ほかはそれほどでも。
 
 口に入れると、まず、「ザ・ぶどう酒」といわんばかりの、ピノにしてはザラザラとした、しっかりとした果実味を感じる。タンニンがしっかりしているせいでそう感じるのかもだけど、確かめながら呑むと、やはりオーガニックに甘酸っぱい+お汁粉のごとき甘さのおかげでざらざらしたのみ心地の美味いぶどう酒と感じる。タンニンが大柄な方向に作用するよりも素朴なおいしさの方向に作用しているように感じられて、自分好みな呑み心地。それでいて終わり頃には平格ブルゴーニュらしさみたいなものがはっきりと感じられて、凄くはないけれども好感の持てるブルゴーニュ平格ワインだった。