読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1357】Louis Jadot Chateau des Jacques Bourgogne Gamay 2012

その他ブルゴーニュ

ブルゴーニュ ガメイ シャトー デ ジャック 2012 ルイ ジャド
 
 このワインは、以前に呑んで結構いけていたのでリピートしてみたもの。
 
 グラスに注いだ見た目は、ピノ・ノワールとそれほど変わらない、暗くて透明なワインレッド。茶色にも青紫にも傾かない色合い。香りは、梅系線香のような、ボジョレー・ガメイ系にしてはきつい香りが籠もっている。
 
 でも、口をつけてみると線香系のフレーバーのすぐ後から、柔らかくて親しみやすい、チープなお菓子のような甘みがやってきた。それでも安きに流れすぎず、お線香のようなトーンの高い香りはしっかり残っているし、飲み応えはしっかりしている。軽くてしようがないボジョレーとはちょっと違いますぜ、というような。いくら飲んでも飲み応えは失われず、ボジョレー強化版っぽい印象を保ち続けた。
 
 ※二日目は、えらく酸味が勝ってしまって別の飲み物に。ボジョレーっぽい包容力も失われて、酸味大好きな自分にしては珍しく、刺々しい酸味を鬱陶しいと感じた。総合的に、前に呑んだ時よりもイマイチだったような。