読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1360】Santero Prosecco Extra Dry (N.V.)

イタリア北東部

 
サンテロ プロセッコ エキストラ・ドライ
 
 今日の夕食はイサキの刺身とトビウオのグリル。こういう魚中心の家庭料理には安物プロセッコがぴったりだろうと思って、こいつを選んだ。そういえば、このメーカーの安ワインには長くお世話になっているけれども、プロセッコを呑むのはこれが初めて。
 
 見た目、泡はそれなり立派だけれども色はすごく薄い。かすかに黄色~緑色がかっているけれども、プロセッコとしても薄い部類に入ると思う。香りはあまりはっきりしない。
 
 口に入れると、八朔ジュースといわんばかりの、甘さが軽くて苦みも軽い柑橘系の風味。一般的なシャンパーニュなどに比べると、はっきりと軽く、酸味、苦みともに味のスカラー量が小さい。そのかわり、爽やかにいくらでも呑めてしまう。「プロセッコ」自体、もともとあまり濃くないスパークリングワインジャンルだけれども、こいつは特に軽くて引っかかりどころがないので、一般的にイメージされるイタリアスプマンテに近いタイプだと思った。嫁さんに言わせると「ビールのよう」。