読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1363】Gloria Ferrer Blanc de Noirs (N.V.)

 
グロリア フェラー ブラン ド ノワール

 今日はお寿司とオードブルという、いかにも「親族集まりました」と言わんばかりのもの。これに伴って供されたのは、アメリカ産のスパークリングワイン。「ブランドノワール」と書かれている。
 
 グラスに注いでみると、ほとんどロゼと見まがうばかりのピンク色。スパークリングワインのなかでもブランドノワールはピンク色~朱色っぽい色彩のものが多いけれども、こいつは下手なロゼワインよりもピンク色っぽい。香りは、リンゴ然とした香りが中心でかなり濃い。
 
 口に入れてみると、もうリンゴというより焼きリンゴのようなこってりとした甘味と酸味がしっかりと。漬物風味はあまり感じられないけれども甘味と苦みはかなりのもので、味のスカラー量は大きく、大柄なスパークリングワインと感じる。しばらくすると、シンガポールスリングみたいなチェリー系の風味を伴うようになった。典型的なスパークリングワインからは随分と距離のあるワインだけど、赤ぶどう品種ばかり集めてつくったワインとしては矛盾せず、これはこれで十分おいしいものだった。