読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1374】Moet et Chandon Brut Imperial (N.V.)(ハーフボトル)

 
モエ・エ・シャンドン ハーフ 375ml
 
 さっきのホワイトラベルが怪しいつくりだったので、期待がかかる後続のモエ。そんなに凄いシャンパンではないけれども安定感は抜群、たぶん大丈夫でしょう。
 
 まず見た目。標準的なシャンパンの色で、さっきのホワイトラベルと並べるとはっきりと薄い。泡はしっかりと立ちのぼってきて、メレンゲとトーストの中間みたいな、いかにもシャンパンらしい香りが漂ってくる。
 
 口にいれてみると、爽快な酸味と口当たり。甘口のホワイトラベルの後だからってのもあるだろうけれど、口の中が洗われるようだ!青リンゴのような生気と爽快感、そして新鮮なんだけど苦みが力強いと感じる。さっきのホワイトラベルが「漬け物っぽさ→重い」だったけれども、こいつは「新鮮→力強い」。こうやって考えると、やっぱりさっきのホワイトラベルは本調子じゃなかったように思える。ビックリするほど凄いワインじゃないけど、さすがの安定感、おいしくいただいた。