読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1377】Louis Latour Grand Ardeche Chardonnay 2013

ルイ・ラトゥール グランアルデッシュ
シャルドネ 2013

 
 見た目は、まずまず普通のシャルドネっぽい色。香りは、初手ではシャブリのような米ぬか系の香りがしてびっくり仰天、えっ?そういう痩せ痩せ路線な?と。でももう一度確かめてみた頃には米ぬかは消え失せて、ピーチと洋梨っぽい感じになってきて豊かな雰囲気に。南仏シャルドネっぽくなってきたぞ。
 
 口に運ぶと意外と酸っぱい系。ただ、ちょっとメロンの皮っぽいというか、樽っぽい雰囲気がワインからにじみ出てくる。こういうのはあまりありがたくない。ただ、非常に豊満なボディをしっかりとした酸が支えていて、空中分解するほどボテボテしているわけでもない。呑み進めると、ちょっとトマトやメロンっぽい野菜系の味わいが強くなってきて、美味いといえば美味いしキツいといえばキツい感じになってきた。こういう濃さが好きな人もいそう。
 
 ※二日目。あまり変わらない。シャルドネにしてはやけに野菜っぽいワイン。以前にもトマトっぽいシャルドネの経験があったような気がして調べてみると、派手系グロのシャルドネでも似たような感想を持っていた模様。要は自分の好みの路線じゃないんだな、と理解した。