読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1381】Ca Rugate Soave Classico "San Michele" 2014

イタリア北東部

 
カ・ルガーテ ソアーヴェ・クラシコ サンミケーレ
 
 暑い日の夕暮れに飲むソアーヴェクラシコは最高なわけで、久しぶりにカ・ルガーテの品をあけてみることにした。ソアーヴェクラシコはジャンル全体が値上がりしていない(ありがたい!)ので、薄口ワイン愛好家としてはどしどし買ってどしどし飲むしかない。
 
 まず見た目。色合いは白っぽい感じでソアーヴェクラシコ系として矛盾しないもの。香りは、イタリア安ワインにありがちな一種独特な甘酸っぱい香りがして「ハズレかな?」と思いかけたけれども、温野菜のような香りと蜂蜜っぽい雰囲気が漂ってきて体裁が整ってきた。
 
 口をつけてみると、まず酸っぱさがすがすがしい!その後、ほっこり温野菜風味を伴った淡い酸味がじんわり来て非常に飲み心地が良い。酸が体感できる割には飲み心地がソフトで、それでいてソアーヴェ系としては鉱質風味が幾らか伴っている。ソアーヴェのソフトさ・淡さを逸脱しない範囲で、ぎりぎりまで酸味とミネラルと蜂蜜風味を維持しているような感じがして、これはこれで面白いワインではある。
 
 ※二日目。ソアーヴェらしさ、特に温野菜っぽさが減退してちょっと普通のワインに近づいた。まずいわけじゃあないけれども昨日のほうが上手かった。