読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1386】Sella e Mosca Vermentino di Sardegna "La Cala" 2014

その他イタリア

セッラ&モスカ ラ・カラ ヴェルメンティーノ サルディーニア
 
 今日の夕食は麻婆豆腐を中心としたいい加減なもの。むしむしと暑かったので、今回はサルディニア産のさっぱりとした白ワインが欲しくなり、これを選んだ。それにしても、このセッラ&モスカという会社、何種類もこのヴェルメンティーノ種のワインの銘柄を出していて、何がなんだかさっぱり。これはどうでしょう。
 
 まず見た目。すごく緑色っぽい薄いタイプで、さっぱりしていると予想されるもの。気泡がまばらに浮かぶのは、このメーカーの白ワインとしては標準的で、もうあんまり気にならない。香りは、すごくさっぱりとした爽やかな香り+いきなりカルシウムイオン臭い。すごく石灰岩を連想させる。
 
 口をつけると、凄く酸っぱくてゴワッとした炭酸風味が口のなかに漂って、その後に爽やかさ満点の酸味が炸裂。もう典型的なこのメーカーのヴェルメンティーノだ!炭酸風味と石灰岩が粗く、洗練とは縁の無いワインではあるけれども、これが楽しみで呑んでいるようなものなので、つべこべ言う気は起こらない。この粗さによって、たぶんこのワインは値段が下がっている(=世間的な評価が低くなっている)のだろうけれども、普段呑みとしてはこれで良い良い。
 
 ※二日目は、ちょっと味が薄まったような気がする。昨日のほうがおいしかった。