読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1390】Chateau Cheval Blanc Saint-Emilion 1er Grand Cru Classe 1994

ボルドー


シャトー シュヴァアル・ブラン
 ※リンク先はヴィンテージが異なります
 
 最後にお出ましになったのは、サンテミリオン特別級、それも「第一特別級」の品。後で聞いたところではメルローとカベルネフランでつくられた品らしく、はてさて、どんな品やら。
 
 まず見た目。濃くて不透明なワインレッド。濁っているのは年数&デキャンタージュ問題のせいなのでノーカウントな感じ。香りは初手から線香系の香り+いきなり腐った切り株系の、熟成した赤ワインのフレーバーが漂っている。感覚的には、カベルネ+メルローな熟成赤ワインを予感させる感じで、後でセパージュ(品種)を聞いてぶったまげることに。
 
 口をつけてみると、タンニンがとてもこなれていて「しっとり」している。これはいいタンニンしてますねー。果実味は94年のものでもしっかりしていて、時々、桜のような香りが伝わってくることがある。落ち着いた味わいで、ボルドーの王道を行くワインという雰囲気がする。ただ、なんかスパイシーな要素もあるような気がして、シラー?とかそっちのほうを予感することもある。
 
 ここで、「実はカベルネフランメインのワイン」と聞いて、えーっマジですかとびっくり。そう聞くと、草餅のような風味が漂ってくるような気がするから、脳みそは現金だし「ワインではなく情報を飲んでいる問題」を考えずにはいられない。ともあれ、落ち着き払ったボルドーらしい良品だった。