読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1396】Mileştii Mici Negru de Purcari 1996

その他旧世界

wine.md
 
 まだまだ珍品ワインが続きます。続いて出てきたのはモルドバワイン。こいつの見た目は濃くてやや不透明、かなり古いものだと聞いてはいるけれども、見た目は普通の赤ワイン。香りにピーマンのようなものが伴っているけれども、年齢を感じさせない溌剌とした果実味が予感される。
 
 口にしてみると、「酸っぱい系」のボルドー系のような。甘みはそこそこで酸味はしっかりしていて、唯一、アセロラっぽさが漂っているあたりが古酒の趣を漂わせているような。あと、赤土のような風味(いつもの森の下草とか腐った切り株とか、そういうのでなくて)がちょっと感じられて、そこが面白いところだと思った。
 
 後で聞いたところでは、こいつはカベルネ主体のワインだとのこと、でも全然そういう感触は受けなくて、ピーマンっぽかったのでメルローのことを考えてしまっていた。いやいや、品種はなかなか当てられません。