読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1403】Luigi Righetti Capitel de Roari Amarone 2012

 
ルイジ・リゲッティ アマローネ デッラ・ヴァルポリチェッラ クラシコ カピテル・デ・ロアリ
  
 なんか色々と立て込んでいてしんどい今日この頃、「既知のそこそこ良いワイン」が飲みたくなって白羽の矢が立ったのは、いつもニコニコ格安価格アマローネのルイジ・リゲッティ。こいつは3300円ほどで買えた品で、もう拝みたくなるほどありがたい&楽しみたい一本。
 
 まず見た目。少し赤茶色がかった濃くて暗い赤色。透明度はやや低い感じ。初手から漆喰や接着剤のような有機化合物系の香りとジャムの香りが猛然と立ち上がってきて息が詰まりそう。アマローネにしては珍しく、今回は木材を連想するような香りを伴っている。
 
 口をつけると、猛烈な!タンニン!えらく渋いぞ!若飲みだからしようがないのかもだけど、ちょっとびっくり。もちろんアマローネらしい、しっかりとした甘い果実味&苦味は健在で、墨汁のような風味が鼻腔を抜けていく感覚を伴っている。そして重い。えらく重いですね。で、ここから甘みがじわじわと感じられるようになってきて、それなり面白い。ただ、そこまでで止まってしまっているのはアマローネとしては遺憾なことで、ちょっと踏み込みが甘いと感じた。
 
 ※二日目になって、腐った切り株のような風味が混じって生意気な雰囲気になってきた。単なる力強いワインでなく、それなり面白みのある複雑さを兼ね備えてきたというか。この価格帯のアマローネはいつも雑に呑んでいるけれども、本当は寝かすかデキャンタするかすべきなのかも。