読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1409】Jermann Traminer Aromatico 2014

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。イエルマン トラミネールアロマティコ
 
 このワインは、イエルマンのトラミネール・アロマティコ。ゲヴュルツトラミネール系なんだろうけれども、イタリア産は名前が違って、味も香りも微妙に違うような気がする。イエルマンのこの品は、遠い昔に飲んでおいしかったけれども、品薄&割高だったので長いこと再会し損ねてきた。今回はどうだろう。
 
 まず見た目。意外と薄めというか、見た目は普通の白ワインっぽい感じ。ただ、香りは面白くて、この系統のワインにありがちなライチとパイナップルに加えて、ヒヤシンスのような濃ゆい植物臭が立ち上がってくる。
 
 口をつけてみると、やはりゲヴュルツトラミネール直系とはちょっと違って、ちょっとバターっぽい厚みとコクのある味が口に広がった。ゲヴュルツ~にありがちなパンパンな豊満感ではなく、むしろブルゴーニュ高級白ワインに近い雰囲気と感じられて、後味にもバターで炒ったナッツのような感覚が長く残る。それと、目の覚める爽やかさが潜んでいて、元気が沸いてくるようなところがある。これ、ブラインドで飲んだら何って答えているんだろう?
 
 それはともかく、風味と味に起伏、というより振動が感じられて、ある局面ではライチ&パイナップルが、ある局面では瑞々しさが、別の局面では高級系シャルドネっぽさがせり出してきて、この価格帯の白ワインとしては法外な美味さ。ジャンルは違うけれども、個人的にはエティエンヌ・ソゼの平格ブルゴーニュと良い勝負をしていると思う。今日の夕食は甘鯛のグリルが中心だったけれど、これとも意外と歩調を合わせてくれて好感が持てた。
 
 ※翌日もほとんど痩せず、面白い顔つきを繰り返すワインであってくれた。いやあ、美味い。