読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1411】Ernest Rapeneau Selection Brut (N.V.)

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。エルネス・ラペノー セレクション・ブリュット
 
 暑い日に飲むスパークリングワインとして、今回はちょっと奮発してシャンパーニュを。まず見た目。まあまあ普通にシャンパーニュしていて、泡立ちも良いけれども、少し赤色がかっているような気がする。香りは、少し漬け物っぽさを帯びた焼きリンゴ系の風味で、これまたピノ・ムニエピノ・ノワール系の品種の入ったシャンパーニュという雰囲気。
 
 口をつけると、焼きリンゴ系の風味がわーっと来て、甘くて華やかな味わい。苦みと酸味もしっかりしていて、飲み応えがしっかりしている。ただ、今日の夕食はお刺身の盛り合わせ中心のシーフード優勢なものだったので、なんというか、ワインの豪華な雰囲気とお刺身が意外とフィットしていないような気がする。まあ、細かいことを気にしなければ問題ないレベルのもので、ワインのせいにせず自分の口を合わせてやればいいだけのこと。食後に飲む際には、この焼きリンゴなリッチさがなんともありがたく、酔いが回ってくると柑橘系な酸味が意識されるようになって、これもこれで美味い。イタリアの安いスパークリングワインには無いものをちゃんと魅せてくれて、お値段に見合った活躍をしてくれたと思う。