読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1416】Farnese Rossoreale 2013

その他イタリア

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。ロッソレアーレ[2013]年
 
 今日の夕食は揚げ物中心のもの。これにワインを合わせるとか考えたくもなかったので、とりあえずでキアンティ系品種、サンジョベーゼでつくられた安ワインを選んでみた。メーカーは、モンテプルチャーノ・ダブルッツォで名高い、アブルッツォ州のファルネーゼ。
 
 まず見た目は、不透明で黒っぽい赤ワイン色をしていて、まずまずそれらしい感じ。ただ、香りはとても弱く、キアンティ系にありそうな「スミレっぽい」香りは感じられない。
 
 口をつけてみると、熟した果実のようなジュワーっとした果実味が広がる。タンニンはとても柔らかくてジューシー、同じメーカーのモンテプルチャーノ・ダブルッツォに比べると酸味が尖っていなくて果実味が甘みを帯びていて、親しみやすい味わいではある。良くも悪くも「モンテプルチャーノ・ダブルッツォぽいサンジョベーゼ」で、そうと割り切って呑むぶんには悪く無い。
 
 ※二日目。昨日のジューシーさが少し衰えた結果、なんだか可もなく不可もなくな普通の安赤ワインになってしまったような。まずいものではないけれども、積極的に美味いと言えるものでもなくなった。