読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1427】Concha Y Toro Casillero del Diablo Pinot Noir 2014

チリ

 
カッシェロ・デル・ディアブロ・ピノ・ノワール
 ※リンク先はヴィンテージが現行品と思われます。
 
 今日は出先で簡単なイタリアンを囲む機会があって、これのお供としてグラスワインに出てきたのがコンチャイトロのピノ・ノワール。実物は初めて見た。
 
 まず見た目はピノ・ノワールとしては濃い部類に入って、ブルゴーニュだったらコート・ド・ニュイのワインにありそうな暗いガーネット色。香りは、お店の普通なグラスのせいかほとんど感じられない。
 
 口に含んでみると、驚きの甘酸っぱさ。「よく熟したストロベリー」という表現がぴったりの、甘味と酸っぱ味のバランスの良いワインで、タンニンは程々、ビターでバターなコクを伴っていてなかなかおいしい。それなりピノっぽく、突出した要素はないけれども円満においしく、ピザやパスタを相手にすると出しゃばらずにしっかり食事を支えている感じ。夕食のお供のグラスワインとしては非の打ちどころがなかった。