読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1433】Domaine Vrignaud Chablis 2014

 
Domaine Vrignaud Chablis
 ※リンク先はヴィンテージが異なります
 
 抜栓した瞬間、米糠+レモンの凄い匂いが炸裂して、うわっマジシャブリという感じ。グラスに注ぐと、ソアーヴェクラシコもかくやというような、薄くて透明感のある色合い、シャルドネがここまで薄くなるとは!香りを確かめると、米糠や麦わら、それとレモネードのような香りが強烈に匂い立ってくる。
 
 口に運んでみると、うわー酸っぱいぜ!超酸っぱいぜ!レモネードのような鋭い酸っぱさで口の中がいっぱいだ。よだれが出てきそうな感じ。そこに、がっしりとした鉱質風味、河原の石に頬ずりしている時のような香りが鼻腔に広がって、いかにもシャブリらしい世界。これだけ酸っぱさが目立つワインっていうと、「シャルドネ」よりも南イタリア産のフィアーノやファランギーナを連想するけれども、あのへんに比べると、シャブリって「ゴワッとした炭酸っぽさ」ではなく「レモネードっぽさ」が強くて、鉱質風味もあちらは石灰岩二酸化炭素を連想させるけれども、シャブリ系は「石のいっぱい入ったレモネード」「河原でレモネード」なイメージがある。でも、ラベル隠して飲んだらどこまで識別できるのか怪しいところ。それにしてもスイスイ入っていくワインだなー、どんどん飲めてしまう、怖い怖い。
 
 ※二日目もほとんど姿が変わらず、米糠っぽさを漂わせながらサワーが効いていて疲れがとれるような感覚が。ただ、レモンの芳香が少し弱くなって酢っぽい香りになってしまい、華やかさが減ってしまったかもしれない。