読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1439】Conti Zecca "Cantalupi" Salice Salentino Riserva 2011

 
Conti Zecca "Cantalupi" Salice Salentino Riserva
 
 今日の夕食はローマ風ピザをメインにした南欧風料理。だったらということで、南イタリアの安くて濃くておいしいワイン、サリチェ・サレンティーノを選んでみた。こいつは同種のなかでは少しお高い2000円以上の値段がついていた品、ちょっと楽しみ。
 
 グラスに注いでみると、なんだか凄く濃くて茶色い。不透明なワインで、黒々。香りは、ガルナッチャとモンテプルチャーノ・ダブルッツォの中間のようなお線香系の第一印象だったものが、鼈甲飴のような香りやセメダイン系の香りが加わってゴツい雰囲気に。凄いおいしそう。
 
 口をつけると、ビターでピーナッツっぽい、コクのやたらある口当たり。そこに、ほんのりと鼈甲飴&セメダインの香りがアルコール臭と共に駆け抜けていく。5年経ったワインとは思えないほどタンニンがびっしりで、我が家で普段飲まれる赤ワインよりもふっさふっさとしている。ピザとの相性は抜群で、ビターな風味が食欲をかきたてる。
 
 ただ、食後に飲み進めると、やけに重くてしんどい感じに。直球で濃くて、漆喰のような雰囲気さえ帯びているんだけど、それが辛いと感じる。最近、南イタリアのワインを飲み慣れていなかったせいかもしれないし、これは食事の友としてナンボってことでしょう。明日以降に持ち越しましょう。
 
 ※二日目。うへーきつい。昨日とあんまり変わらない。むしろ苦みとタンニンが厳つくなったような。撤収~!
 
 ※三日目。少し酸味が強くなって、荒々しさがとれてきた。これは結構いける。少しフランスワインぽくなった、とでも言えば良いのか。果実味、コク、ビター、酸味、やわらかな風味に少し苔系のオーガニック感が加わって、いくらか複雑にもなった。ということは、熟成させてナンボだったってことだろうか。でもこの価格帯の熟成なんて不可能だなー。庭に穴でも掘って一ダースほど埋めるしかない?