読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1454】Domaine Chevalier Ladoix 2014

コート・ド・ボーヌ

 
ドメーヌ・シュヴァリエ ラドワ 2014
 
 忙しくてまともにワインと向き合えなかったけれども、やっと一休みできたのでこれを。2014年産なので、ものすごく若い、本当は寝かせたほうが良さそうだけど、このクラスのワインを寝かせる場所はうちには無いので抜栓。
 
 見た目は、暗くて透明感のある、若いブルゴーニュとして矛盾しないもの。典型的なヴォルネなんかに比べれば黒っぽい。香りは……良いとは言えない。えらく酸っぱそうな香り、それも酢酸を連想させるやつが来て、なんとなく「コルク」を連想させるところも。かろうじて、その奥からバニラやチョコレートを連想させる香りが来るけれども、ううむ。
 
 口をつけてみると冗談抜きで酸っぱいぞ!酸っぱい葡萄だ!「甘酸っぱい」という言葉が世にあれど、ここまで甘酸っぱいワインも珍しい。鋭い酸、スーパーサクランボ、そんな感じがする。でも、二口三口と口に運ぶと、えらくこってりしていることに気づく。酸っぱくて野良臭いけれども、こいつ結構充実しているぞ? タンニンがばさばさしているかもだけど、そこも含め、味はけっこういけている。
 
 2014年のブルゴーニュワインは、ドルーアンの平格と以前に当たっているけれども、この時も「酸っぱい系」だと判断していたけど、これもそうなのかもしれない。ということは、割と好みかつ世間では値段の下がりやすいタイプかもしれず、ちょっと期待したくなる。もうちょっと格下を調査して、可能性を考えてみよう。それはそれとして、とことん野良臭い。ラドワという村名を考えれば、これはこれでいいのかなと思った。
 
 ※二日目は、初手から森の下草系の香りがバンバンに香ってきた。少し苦みが勝っているかもしれないけれども、他の点では前日を上回る。飲み頃をミスった、あまり良くないシャンベルタンあたりに迫るのでは? ラドワ、マイナーだけど侮れません。モンテリよりは見込みがあるのでは?