読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1455】Mastroberardino Mastro Greco Campania 2014

 
マストロベラルディーノ グレコ 2014
 
 まず見た目は、ちょっと赤みがかった白ワインの色。シャルドネだったらあまり出来の良くない色とみなしたくなるような、でも、グレコだからいいんでしょう。香りは、蜂蜜の香りよりも白い花を連想させる甘ったるい香りと、ちょっと玉葱に寄ったような香りがする。前者はグレコらしいけど後者はグレコにあまり無いような?
 
 口をつけてみると、やはり白い花のような甘ったるい香り、けれども強面な酸がゴワッときてこの品種らしいところでバランスがとれている。香りはふっくら、でも口当たりは酸っぱさマックスというような。でも、飲み進めると非常に豊かな膨らみと非常に爽やかな風味――植物の茎を切った時のような風味、それとラムネ――が加わって面白いワインになってきた。このメーカーの、もっと高価なワインほどじゃないけれど、十分いいんじゃないでしょうか。
 
 ※翌日は、出だしから玉葱に寄ったようなくたびれた風味が一掃された。ただ、これは冷蔵庫でキンキンに冷やしたところからリスタートしたせいかもしれない。植物の茎のようなエキスとラムネはますます澄み渡り、二日目のほうが円満さが増して飲み心地が良い。心持ち、色も濃くなったような?? このワインは初日に半分以上呑んだらもったいないと思う。二日目は格上のグレコ・ディ・トゥーフォに迫るのでは。たっぷり残しておいて良かった。