読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1487】Domaine Santa Duc Les Crottes Roaix 2009

 
Santa Duc Les Crottes Roaix 2009
 
 
 今日のワインは、ローヌのお気に入りメーカー、サンタ・デュックのあまり高くないワイン。でも2009年とヴィンテージが古めなので、わりと期待しての抜栓。
 
 まずびっくりしたのはワインボトル。そんなに高い値段じゃないのに、えらく太くて頑丈なボトルに入っている。コルクもすごく長くて、抜くと、裏側は黒色~赤紫色の、素晴らしい色をしている。これは良い予感。
 
 グラスに注ぐと、向こう側を見通すのが困難なほど真っ黒なワインレッド。これは濃いですねー。香りを確かめると、赤系線香の香りに加えて緑系・杉系線香の香りもいくらかあって、さらにスパイシーな風味を伴っている。
 
 口をつけると、血のごとく濃い口当たり、果実味がみっしりとしている。コクもあって、ローヌのワインのなかでも濃さが飛びぬけて高い。でもって、飲み進めるとトマトペーストみたいな野菜っぽい風味が感じられ、森の下草系の香りまで漂ってくる。価格帯を考えると、かなり頑張っていると言わざるを得ない。
 
 ※二日目は、ちょっと酸味が増えたように感じられたが森の下草系、野菜ペースト系が強まり、むしろ良くなった(いや、好みになったと言い換えるべきか)。栄養がありそうな雰囲気だ。うまかった。