読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1489】Jermann Traminer Aromatico 2013

イタリア北東部

Jermann Traminer Aromatico 2013
 ※リンク先はヴィンテージが異なると思われます。
 
 前回、知らないメーカーのイタリア版ゲヴュルツトラミネールことトラミネールアロマティコを飲んだら根性の足りない品でがっかりしたけれども、今回は信頼しているイエルマンの品。がっつりおいしい品であって欲しいところ。
 
 まず見た目は、意外と黄金色っぽくて前回のトラミネールアロマティコに比べると色が濃い。香りは、初手からライチ・パイナップル系の爽やかで甘ったるい香り、それとハッカっぽさがこみあげてくる。スパイシーな刺激があって、なんだかフランスの本家ゲヴュルツトラミネールを連想させる。
 
 で、口に入れるとハッキリと甘い。メロン系の甘みが口のなかいっぱいに広がって、このワインが「辛口」ではなく「中甘口」のラインを狙っているのが感じられる。口のなかで広がるボリューム感が非常に大きく、酸味が若干弱いため、「風船のような飲み心地」があるのはいただけない。あと、メロンの風味に「メロンの皮の近くのような青っぽさ」を帯びているのも好みではない。なんというか、ソーヴィニオンブラン種の苦手なところが混じっているかのよう。
 
 ところがこのワイン、ここからが違った。だんだん酸味と甘みがしっかりとしてきて、風船の内部が充実してきたかのよう。散漫だった集中力が、飲むにしたがって冴えてくるさまは見事。メロンの皮のような青っぽさは次第になりを潜め、中甘口として満足のゆく雰囲気になってきた。このままいくと丸ごと飲んじゃいそうな雰囲気になってきたので苦労して中途で飲むのをやめた。さすがイエルマン、最初は心配したけれども辻褄を合わせてくれた。
 
 ※翌日は、澄んだ中辛口といった雰囲気になった。こちらのほうがもともとのイメージに近い。おいしいかって?そりゃあおいしくいただけましたとも。