読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1491】Pieropan Soave Classico 2015

 
ピエロパン ソアーヴェ・クラシコ
 ※リンク先は現行のヴィンテージです
 
 このワインは、いつも愛好しているピエロパンのソアーヴェクラシコ。前は樹脂のキャップか屑コルクだった時期があったような気がするけれども、こいつは普通のコルクに戻っている。
 
 まず見た目は、かなり薄いいかにも普通の白ワイン色。でもソアーヴェってジャンルではこれはさほど気にならない。香りは、ほんのりと台所洗剤系の香り、それからブロッコリーを茹でたようなほのかな匂いが少し混じっている。
 
 口をつけると、酸味が確かに感じられるけれどもふんわりとした飲み心地、とにかく軽い。一般的な「良い」白ワインのようにくっきりとしたワインではなく、じわじわふわふわとした、輪郭の淡いところが気持ち良くて、それでいて、そこらへんの安い白ワイン(例えばトレッビアーノでつくられたような)とは飲み心地が全く違う。すいすいと飲めて、人をくたびれさせるところがない。とにかく快適、こいつをデイリーワインとしてたくさん飲めたら、さぞ幸せだろうなと思う。
 
 ※二日目。爽やかで軽々とした飲み口に、少し酸味が足されたようで清々しい。シャルドネに期待する向きとはだいぶ違うけれども、これはこれで。