読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1497】Santa Hellena Alpaca Sparkling Brut. (N.V.)

チリ

 
サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット
 
 一部の好事家の間で大絶賛の「けものフレンズ」に気を惹かれて、今日は、変なワインを買ってしまった。アルパカの絵が描かれた得体の知れないチリ産のスパークリングワイン。いわゆる「ジャケ買い」ってやつですね。
 
 まず見た目。白ワインとしては割とまっとうな色をしているけれども、泡立ちがかなり弱い。微炭酸、イタリアワインで言えば「フリツッァンテ」に分離されそうな、元気の無い泡立ち。香りは、青リンゴ系が僅かに感じられるかどうかといったところ。
 
 口に含んでみると、焼きリンゴのような強い甘さがギュッと来て、苦み、それから少し金属っぽいキンキンとした感覚を覚えた。じゅくじゅくとした果実味と焼きリンゴ風味で、たいていのスパークリングワインよりも潤いがあると感じる。ただ、金属っぽいキンキンとした風味のせいで、緊張感を帯びているようにも落ち着かない不穏な雰囲気を帯びているようにも感じられる。泡がショボくて寂しいけれども、味は十分に頑張っている部類だと思う。あとはこの金属っぽさを長所と捉えるか短所と捉えるか。長所と捉えるなら、このワインは「お買い得」だと思う。短所だと思うなら敬遠したほうがよさそう。自分は……