読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1498】Louis Jadot Ladoix 2013

コート・ド・ボーヌ

 
ルイ・ジャド ラドワ 2013
 
 マイナーで、安くて、一応、ブルゴーニュヒエラルキーのなかでは「村名格」だけれど、どう考えても他の有名な村名におよぶとは思えないラドワ。今回、ブルゴーニュでは大手のルイ・ジャドのラドワという、見たこともないものを発見したので買ってみた。もちろんお値段は平格並み。
 
 まず見た目。グラスに注ぐ段階では少し青色がかっているような気がしたけれど、注いでみると、まずまず標準的なブルゴーニュ色をしている。透明感があってルビー色に輝いている。香りは、ちょっとチョコレートっぽい香りと革のような香りがたちこめていて、果実の香りはその奥からほんのり、といった調子。
 
 口に入れてみると、まずチョコレートっぽいしっかりとしたコクがあったけれども、その後ろに膨大な甘酸っぱさが控えていて、後味になればなるほどじわじわーっと甘酸っぱさがせり上がってくる。タンニンはそんなにキツくないけれども、コクを構成する一要素としてうまくワインにマッチしていると思う。甘みは控えめながら、意識されないほど弱くもない。というより、甘みが控えめなこととコクとタンニンのおかげで、ブルゴーニュの赤としては非-享楽的で落ち着いた雰囲気と感じる。なんだろう、もっと有名な村名ワインから楽しさを引っこ抜いたような雰囲気というか。もちろん、まずいというほどでもないんだけど、ツンツンしていると感じる。ちょっと、寛げない。
 
 ※翌日は、もう少し果実味が籠もってきて、持ち前のコクも相まって、素朴ながら味わい深いワインになった。これはちょっと良い。コート・ドールに含まれない産地にもこういうタイプはいそうだけど(メルキュレとか)、このワインも結構な安物なので、価格を考えれば良かったと思う。