読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1500】Louis Latour Corton-Charlemagne Grand Cru 2005

 
ルイ・ラトゥール コルトンシャルルマーニュ 2006
 ※リンク先はヴィンテージが異なります
 
 まず見た目。すごく黄色い、というよりオレンジ色がかった色で輝いている。香りを確かめると、第一印象は「石」。すごい石の香りだ!蜂蜜みたいなフレーバーは控え目で、石と、寒い地方のシャルドネにありそうな清々しい香りが漂ってくる。あと、少しローソク。
 
 口に入れてみると、ここにはバッチリ蜂蜜が存在していて、ほんの少しアンズっぽさも伴っている。ムルソーほどじゃないけど、リッチな果実味も伴っていて、余韻の広がりが素晴らしい。ミネラルな構造性もカチカチとしていて、このあたりは上級シャブリの骨太さに相通じるところがある。
 
 二杯目。アンズとキノコがもうもうと立ち込めて、今度は酸がキリリとしているような。これは楽しい!さすが特級、表情が豊かで、どれも印象深い。そしてコントレックスのようにミネラルがきつい。さらに飲み進めると、蜜蝋が物凄い勢いでグワーっとこみ上げてきたりもする。かと思えば、やけに乳酸めいた、ヤクルトのような甘味がこみあげてくることも。
 
 以前のシュヴァリエ・モンラッシェに比べるとキメが荒いとは感じるけれども、そんなのは些末な問題、なるほど、たいしたワインでした。これが特級とみなされることになんの違和感もありません。