読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

ワインの記録が1500回を超えた

====

 

 
 ワインの記録もこれで1500回。ちょっと飽きた、というと語弊があるけれども、「凄いワイン」を気合入れて飲む根性がだいぶ廃れて、「貯蔵エリアに転がしておけばまあいいや」的な気持ちになってきた。
 
 「世の中には凄いワインがたくさん存在する」。もう、そんなことは十分にわかっている。じゃあ、これより高みを目指しますか、そのためにウン十万円も積み上げますかと言われると、ちょっと怯んでしまう。ワインの道に「コスパ」という概念はすこぶる相性が悪いけれども、美食家でもあるまいに、これまでに経験した以上の超絶体験を求めてバクチを撃ち続けるのはどんなものなんだろうか。既知の十分に素晴らしいワイン達とそのストック、それと普段飲みには十分に耐えられる低価格帯~中価格帯のワイン達で、それで十分なんじゃないか。
 
 まだ、ワインのフロンティアは沢山あって、例えばシャブリの特級、例えばボルドーのあれこれには興味あるけれども、あまり無理はせず、のんびりやっていきましょう、みたいな気持ちになってしまった。現在のブルゴーニュとイタリア中心のワインライフでも、なんにも困っていないのだ。困っていないことに、困っている。