読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1517】Poilvert -Jacques Champagne Brut (N.V.)

 
ポワルヴェール ジャック シャンパーニュ ブリュット
 
 まず見た目。可もなく不可もない、ほんのり黄金色っぽいシャンパーニュ。で、細かな泡がゆっくりと液面に立ち上っている。香りは、初手ではカヴァを連想させるキーンとしたやつが来て、そこからは匂わない。冷やし過ぎたのか、このボトルに問題があるのか。
 
 口をつけると、蜜の詰まったリンゴみたいな風味がぶわーっと広がった。少し焼きリンゴ風味かもしれない。適度な苦みを帯びていて、ときどきグレープフルーツみたいな連想も混じる。バランスに優れた味わいだけど、香りが弱いのがさびしいところ。
 
 ただ、シトラスが割と面白いというか、ときどきユズやスダチがこみあげてくるのはとても良い。偏りはあるけれども、面白いスパークリングワイン、いや、シャンパーニュだった。