読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1518】E.Guigal Gigondas 2010 (ハーフボトル)

 ギガル ジゴンダス ハーフ
 
 
 まず見た目。結構黒々とした、真っ黒で真っ赤なワインレッド。それでいて一応の透明度は保たれている。香りは、初手ではおはぎのような甘くて意外と和風な香りが。育ちの良いカベルネフラン?のような香りが少しする程度(注:もちろんカベルネフランなんて使ってないはず)。
 
 口に含んでみると、ジャムっぽい甘味がジュワっと凝縮した、いかにもローヌの赤ワインらしい雰囲気。甘みが強く、渋みや苦みも強く、凄いパワーだ。ほんのり森の下草を伴うところもある。ハーフボトルとはいえ、若いワインらしいキツさがあり、もっと長く置いてから呑むべきだったっぽい。それと、個人的にはサンタ・デュックのジゴンダスのほうが好みのような気がする。ただし価格を考えるなら、こなれていそうなヴィンテージならこちらを買うのも良いような気はした。