読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1526】Casa Vinironia Appassimento Puglia Rosso 2015

 
アパッシメント カーサ・ヴィニロニア [2015]
 
 このワインは、南イタリアはプーリア州でつくられた「アパッシメント製法」の赤ワイン。アパッシメントっていうと、もっと北のほう、ヴェネト州の赤ワイン・アマローネの製法のはずなんだけど、プーリア州で同じことをやったらしい。ラベルには「メルロー、プリミティーボ、ネグロアマーロ」を使ってあると書かれている。一体どういうワインなんだろうか。
 
 まず見た目。ものすごーく濃い赤ワイン色、不透明感が強い。で、凄い果実臭、ジャムを煮詰めたような、それと煙たい匂いとコーヒーっぽさ。ちょっとだけ汗っぽい匂いが混じるのは南イタリアワインらしい。
 
 口に運ぶと、ものすごい果実感。甘い!そして苦い!渋みもかなり強いけど、まず、甘味の強さがジャムじみていて凄いパワー。で、コーヒーがこみあげてくる。本家アマローネに比べると、香りの揺れ幅が小さく、メルローとプリミティーボのせいか、キュッと引き締まったところよりも分厚い果実味が遠慮なく入ってくる。アマローネとは性質が違うけど、これはプーリア州のワインだから、違っていてもよろしいかと。
 
 ※二日目、昨日の飲み心地からきつさがとれて、ミルキーで丸い感じのワインになってきた。甘くてソフトタッチな飲み心地で、おおらかと感じる。二日目のほうが良いと感じた。