北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2111】La Pousse d'Or Clos de la Roche 2010

プス・ドール クロ・ド・ラ・ロシュ 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュの中核エリア、コート・ド・ニュイのモレ・サン・ドニエリアの特級。ほんらい長熟するワインといわれるクロ・ド・ラ・ロッシュなんだけど、格安で手…

【2109】Famille Perrin "La Gille" Gigondas 2015

ジゴンダス ラ ジル 2016 ファミーユ ペラン家(シャトー ド ボーカステル) 2016 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ボーカステル系列のファミーユ・ペランが作っているジゴンダス。このジゴンダス、2017年に2014年産と対峙したことがあって…

【2107】Domaine Rene Cacheux et Fils Chambolle-Musigny Les Argilleres 2017

ルネ・カシュー・エ・フィス シャンボール・ミュジニー レ・ザルジリエール [2017] このワインは、ブルゴーニュ地方の中核エリアに相当するコート・ド・ニュイでつくられている村名格のシャンボール・ミュジニー、その2017。ここ最近、ブルゴーニュ地方中核…

【2106】 Vinus Cabernet Reserve Sauvignon 2018

ヴィニウス カベルネ ソーヴィニヨン d.A.ワイナリー (ジャン クロード マス) ※リンク先は現行のヴィンテージです このワインは、なんとなくで買ってみた南仏のカベルネソーヴィニヨン。値段は安いはずなのに、えらくがっしりとしたボトルに入っている。今日…

【2106】Rayane et Pascal Bouley Volnay Premier Cru Clos des Chenes 2010

ヴォルネイ プルミエ クリュ クロ デ シェーヌ [2010] レイヤンヌ エ パスカル ブレ このワインは、見たことも聞いたこともないヴォルネの作り手が手掛けた、ヴォルネ一級クロ・デ・シエーヌ。ヴィンテージは評判の良い2010、熟成のきわみにあって欲しいと思…

【2104】Les Grandes Vignes 100% Cabernet Breton 2019

VdF カベルネ ブルトン [ 2019 ]レ グランド ヴィーニュ 最近、ロワールでつくられたカベルネフランの赤ワインがちょっと気になり、今回は知らないメーカーのものを買ってみた。掌が三つ描かれ100%カベルネと書かれている。ヴィンテージは、2019。うわ、…

【2102】Domaine Merieau Les Hexagonales Pinot Noir 2018

ピノ ノワール レ ゼキサゴナル 2018 ドメーヌ メリオー このワインはブルゴーニュ赤ではないピノ・ノワール。雰囲気なラベルデザインをしている。グラスに注いでみると結構うすい色で、ピノ・ノワール然としている。香りは、和菓子や枝のついたサクランボみ…

【2101】E.Guigal Cotes du Rhone Rouge 2014

コート デュ ローヌ ルージュ [2016] ギガル ( 赤ワイン ) ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、フランスはローヌ地方大手ギガルが作っている一番ベーシックな赤ワイン。値段のわりにおいしかったと記憶しているけど、こいつはどうだろう。前…

【2100】Domaine Chevillon Nuit-Saint-George 1er Cru Les Pruliers 2013

ニュイ・サン・ジョルジュ 1er "レ・プリュリエ"(ロベール・シュヴィヨン) ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、今となってはニュイ・サンジョルジュ村のワイン作り手としてはお買い得の部類となってしまったロベール・シュヴィヨンのつく…

【2099】Joseph Drouhin Bourgogne Pinot Noir 2018 (ハーフボトル)

メゾン ジョセフ・ドルーアン ピノ・ノワール 2017 ※リンク先はヴィンテージが2017、フルボトルです。 このワインは、ブルゴーニュ大手ジョセフ・ドルーアンが作っている平格ブルゴーニュ赤。同社はLaforetと銘打ったもっと安い平格も作っているので、この無…

【2096】Banfi "Placido" Brunello di Montalcino 2005

バンフィ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ プラチド 2005 このワインは、以前にもリピートしたことのある、お手頃価格かつ飲み頃ヴィンテージのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。そろそろお店から消えるかなと思いきや、まだ売れ残っていたので三回目。…

【2094】Cusumano Benuara 2017

ベヌアーラ 2017 クズマーノ 今日のワインは、シチリアのワインメーカーとしては(2020年現在)いちばんなじみ深いクズマーノのもの。土着品種であるネロダヴォラに少しシラーを混ぜたという風変わりな品。もちろん飲んだことはない。 グラスに注いでみると…

【2092】Radicini Cabernet Sauvignon 2017

ラダチーニ カベルネソーヴィニヨン 2017 このワインはモルドバでつくられているカベルネソーヴィニヨン。モルドバワインは、以前にアスコーニというメーカーのワインを飲んでみたことがあったけど、素朴なものだった。今回はどうだろう。 見た目は黒々とし…

【2090】Chateau de Fesles Cabernet Franc 2016

アンジュ ルージュ ラ シャペル カベルネ フラン V.V. 2016 シャトー ド フェル グラスに注ぐと、少し明るい蛍光色が潜んでいそうなワインレッド。黒さは十分、透明度もあまり高くないけれどもワイングラスのへりがちょっと明るい気がする。香りは、芝や干し…

【2088】Mazzei Zisola Sicilia Noto Rosso 2017

マッツェイ ジゾラ 2017 このワインは、トスカーナで美味いキアンティクラシコやスーパータスカンを作っているマッツェイ家(フォンテルートリの名前で作るキアンティクラシコが我が家の定番)がシチリアで作るようになった、ジゾラという名前のワイン。 グラ…

【2087】Luigi Righetti Valpolicella Classico Superiore Ripasso 2015

ルイジ リゲッティ ヴァルポリチェッラ クラシコ(クラッシ このワインは、イタリアはヴェネト州でお買い得なアマローネをつくっているルイジ・リゲッティが作っているヴァルポリチェッラ・クラシコ……のつもりで買ったのだけどよく見たらヴァルポリチェッラ…

【2086】Joseph Drohin Bourgogne Laforet Pinot Noir 2018

メゾン・ジョセフ・ドルーアン ラフォーレ 赤 このワインは、ジョセフ・ドルーアンがつくる平格ブルゴーニュ、そのなかでも「ラフォーレ」は安くてスクリューキャップというお手軽品。でも、手軽なりに身近にブルゴーニュ赤が飲める感があって良品だった記憶…

【2085】Benjamin Leroux Blagny 1er Cru La Piece Sous Le Bois 2016

バンジャマン・ルルー ブラニー ラ・ピエス・スー・ル・ボワ ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて、「あまりお値段が張らない線でわかりやすくおいしいブルゴーニュ赤とかありませんか」とお願いした時にオススメされたのが、なんとブラニー一級の赤…

【2082】Domaine de Rochambeau Anjou Rouge 2018

【ドメーヌ ド ロシャンボー】 アンジュー ルージュ [2018] このワインは、ロワール地方はアンジューでつくられているとされている赤ワイン。品種構成は主にカベルネフランで価格帯は千円台中盤。ということは、草むらみたいな香りのする軽い赤ワインなら上…

【2080】Saint Cosme Cotes-du Rhone 2019

サンコム コート・デュ・ローヌ 2019 このワインは、ローヌでお買い得なワインを作っているサンコムのコート・デュ・ローヌ。このメーカーはもう少し格上のアルビオンという名前のコート・デュ・ローヌも作っていて、こちらのほうが少し安い。果たして違いが…

【2078】Fattoi Rosso di Montalcino 2018

ファットーイ ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2018 このワインは、名前のよく知らないメーカーのロッソ・ディ・モンタルチーノ。ロッソ・ディ・モンタルチーノは、そこで作っている本命、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのクオリティを想像するのに良いと思…

【2076】Pierre Naradis 2017

ピエール・ナラディス 2017 このワインは、なんだかよくわからないなで肩のワインボトルに入った赤ワイン。後で調べたところでは、こいつはプロヴァンスでつくられたメルローなんだそうで。そうは知らず、ブルゴーニュ系のグラスに注いでしまった。 見た目は…

【2074】Banfi "Placido" Brunello di Montalcino 2005

バンフィ プラチド 2005 このワインは、今年の春に飲んでめちゃめちゃ良かった安物ブルネッロ。メーカーはバンフィ、バンフィのブルネッロシリーズのなかでもたぶん一番安い価格で買った。でも2005年のためか、とても良かったので即座に再購入したもの。 ま…

【2072】Medici Ermete Assolo Reggiano Frizzante Rosso Secco(N.V.)

メディチ・エルメーテ アッソーロ ランブルスコ セッコ このワインは、ランブルスコの分野では大手のメディチ・エルメーテが作っている少しだけ格上の辛口ランブルスコ。 グラスに注ぐと、ピンクカシス色の泡がもこもこもこーっと立ち上がって見事なもの。細…

【2071】Fonterutoli Chianti Classico 2017

このワインは、トスカーナはキアンティ・クラシコ地方の定番ワインのひとつ。もう何度も何度もリピートしていて、肉と一緒にいただくことにした。 まず色合いは標準的なワインレッド。適度に暗く、暗いながらも透明度は保たれている。香りは、イタリア赤ワイ…

【2068】M.Chapoutier Pays d'Oc Rouge 2017

シャプティエ ペイドック赤 現行 このワインは、フランスはローヌ地方のシャプティエが作っている南仏のワイン。シャプティエはネームバリューはあるけれども、ローヌはローヌでもエルミタージュ地方が主力なのであまり縁が無い。エルミタージュには苦手意識…

【2065】Torbreck GMS Old Vines Barossa Valley 2017

トルブレック GMS [2017] 見た目は、まずまず赤茶色のワインレッド。暗いけど透明感があっていい色をしている。香りは、黒系果実のジャムっぽい香りに加えて、化粧箱や化粧品系のなんだか上品な香りが伴っている。いい香りだ、ローヌの動物丸出しグルナッシ…

【2064】Strong Peyror 14% (N.V.)

ストロング ペイヨール 14% グラスに注ぐと、赤茶けたワインレッド。黒々とはしているのだけど、どこか、茶色っぽさを連想させるものがあり、あまり青紫色っぽさがない。香りは、線香っぽいというより、ちょっとパラフィンみたいな香りがする。このワイン…

【2062】Cusumano "Disueri" Nero d'Avola 2018

ディズエーリ ネロ ダヴォラ 2019 クズマーノこのワインは以前にも飲んでいて、価格を超えたクオリティをみせてくれて驚いた品。二度あることは三度あるを期待して、三度目の挑戦。 まず色。黒々と不透明なワインで、赤ワインのなかでは僅かに青紫側のカラー…

【2060】Calera Selleck 2013

カレラ セレック 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります ブルゴーニュのピノ・ノワールを巡る旅の終着駅として、何が今飲めるのかをいろいろ考えた結果、選んだのはカレラのワインのなかでもトップクラスの品のひとつ、セレック。なんでカリフォルニアな…