北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1945】Obikwa Cabernet Sauvignon 2018

オビクワ カベルネソーヴィニョン ヴイオニエが思ったよりも良かったので、じゃあもうひとつということで、グラスワインで飲めそうな赤ワインを。グラスワインとしてリストアップされていたのは、チリ産のカベルネソーヴィニヨンとイタリア産サンジョベーゼ…

【1944】Vignerons Ardéchois Les Classiques Viognier 2018

www.vivino.com どんな土地でも、ワインのある限り飲んでみるという精神で、熱帯遠征の際にこれと思って入ったワインバーにて、見たことのないヴィオニエがグラスワインでエントリされていたので選んでみた。ちなみにソーヴィニヨンブラン二種類、このワイン…

【1943】Dominique Piron Morgon Cote du Py 2015

モルゴン コート デュ ピ 2015 ドメーヌ ドミニク ピロン ボジョレーヌーボーの季節は逃してけれども、寒くなってくるとボジョレーの少し良いやつが欲しくなる。で、今回は贔屓にしているモルゴン地区のワイン、メーカーはたぶん初めて。 まず見た目。これが…

【1942】Glenelly "Glass Collection" Cabernet Franc 2016

グレネリー グラスコレクション カベルネ フラン 2016 このワインは南アフリカでつくられたカベルネフラン種のワイン。カベルネフランでつくられたワインは、うちではブルゴーニュ系のグラスで飲んでいた気がするので、とりあえずそうしてみることにした。こ…

【1941】Torbreck GMS Old Vines Barossa Valley 2015

トルブレック G.M.S オールド ヴァインズ 2016 このワインはオーストラリア大手トルブレックが創っている知らないワイン。値段から言って、この価格帯にトルブレックはワインを創っていなかったはず。ということは、新たにつくられた低価格帯? そんなワイン…

【1940】Vigneti Zabu Sicillia Grillo 2018

ザブ グリッロ 現行ヴィンテージ このワインはシチリア産の安い白ワイン。品種はグリッロ、このグリッロという品種は割と安くてもおいしいデイリーユース向きのワインだったと記憶している。たぶん、これもそんな感じだろうと見当をつけての購入。 まず見た…

【1939】Domaine de la Vierge Romaine Bourgogne Pinot Noir 2017

ブルゴーニュ ピノ ノワール ドメーヌ ド ラ ヴィエルジュ ロメンヌ 2018 ドメーヌ マシャール ド グラモン ※リンク先はヴィンテージが異なります まず見た目。朱色の明るい感じの赤ワインで、とっても透明、ブルゴーニュ赤らしさがあっていいと思う。香りは…

【1938】Chateau le Roudier Bordeaux Superieur 2016

シャトー・ル・ルディエ [2016] このワインは「気持ちを落ち着けたい時の味方」だと勝手に思っているボルドーの安ワイン。確か、同じようなタイプのワイン3点送料無料セットで買ったように記憶している。ラベルの裏には「メルロー75%、カベルネフラン1…

【1937】Fantini Terre di Chieti Chardonnay 2017

ファンティーニ (ファルネーゼ)シャルドネ 現行 最近、世界各地のシャルドネってどんな味だっけ?と確認することに喜びを感じているんだけど、今回はアブルッツォ州のファルネーゼ傘下のはずのシャルドネを。お値段手頃なデイリーワイン。 まず見た目。こ…

【1936】Produttori del Barbaresco Barbaresco "Muncagota" 2008

バルバレスコ リゼルヴァ ムンカゴタ 2014 プロデュットーリ デル バルバレスコ ※リンク先はヴィンテージが異なります こないだ、バルバレスコの前座としてランゲ・ネッビオーロを飲んでみたけれども、今日は本命のバルバレスコ。メーカーは手堅くバルバレス…

【1935】Cascina Chicco Lange Nebbiolo 2017

ランゲ ネッビオーロ 2017 カッシーナ キッコ 冷えてきたのでバルバレスコでも飲もうかなと思うのだけど、いきなりバルバレスコではなく、格下のランゲ・ネッビオーロを飲んでみたい。けれども意外に売られていなくて、どうにか手に入ったのがこれ。ネッビオ…

【1934】Jermann Chardonnay 2017

イエルマン シャルドネ 2018 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、イタリア北東部、フリウリ=ヴェネチア・ジューリア州のなかでも信頼しているイエルマンのシャルドネ。昔はこれが2200円ぐらいだったのに、今では1.5倍ぐらいになっている。…

【1933】Di Majo Norante Falanghina 2018

ファランギーナ テッレ デリ オスチ 2018 ディ マーヨ ノランテ このワインは、以前に田舎くさい赤ワインを創っていると感じたモリーゼ州の作り手のワイン。田舎くさくなければいいワインの潜在力ありそうなんだけど、白ワインではどうだろう。今回は南イタ…

【1932】Poggio le Volpi Salice Salentino Rosso Riserva 2016

サリーチェ・サレンティーノ・リゼルヴァ [2016] ポッジョ・レ・ヴォルピ このワインは、イタリア南部では大手のメーカーであるポッジョ・レ・ヴォルピが作っているサリチェ・サレンティーノ。カラフルなラベルが記憶に残りやすいこのメーカーのワイン、いつ…

【1931】Golan Heights Winery Gamla Riesling 2017

ゴランハイツワイナリー ガムラ リースリング このワインは、愛飲しているイスラエルはゴランハイツワイナリーのリースリング。ここのシャルドネはリピートしているけれどもリースリングは今回が初めて。お値段はこのワイナリーのなかでは安い部類なのでお買…

【1930】La Pousse d'Or Volnay 1er Cru En Caillerets 2009

プス・ドール ヴォルネ一級 エン・カイユレ 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、我が家のヴォルネコレクションの少なくない割合を占めている、プス・ドールのヴォルネ一級カイユレ。カイユレはヴォルネの一級畑のなかでも特に長熟とい…

【1929】Domaine de Rochebin Bourgogne Pinot Noir Vielles Vignes 2016

ロシュバン ブルゴーニュ ピノ・ノワール VV 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ロシュバンというメーカーがつくっている平格ブルゴーニュ。ただし、「ヴィエイユ・ヴィーニュ(VV)」という、古樹でつくられたという記述を伴っている。…

【1928】Viejo Marchiante "Valdepenas" Gran Reserva 2011

ビエホ マルチャンテ レセルバ 2012 ボデガス ナバロ ロペス ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインはスペイン産の2011赤ワイン。ただ、ワインを抜栓する時、ボトルの首のあたりにネバネバっとした手触りがあった。これは一度吹きこぼれているので…

【1927】Cusumano Lucido 2018

クズマーノ ルチド 2018 このワインはシチリアで値段の割にいいワインを作っているクズマーノの見知らぬ白ワイン。ルチド?品種名はカタラットとのこと。カタラットは飲んだことはあるけれどもあまり印象には残っていない。マイナーな土着ワインではなかった…

【1926】Frederic Magnien Coteaux Bourguignons 2015

フレデリック・マニャン コート・ブルギニオン 2014 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュのワインメーカー、フレデリック・マニャンがつくっている「コート・ブルギニオン」の赤。基本的には平格ブルゴーニュに近い性質でしょう…

【1925】Santero "Black" Vino Spumante Brut (N.V.)

サンテロ ブラック スプマンテ ブリュット NV このワインは、イタリアはロンバルディア州で安いスプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)をつくっているサンテロの、見慣れない品。「ブラック」というだけあってラベルが黒く、同社の再安ラインの「ピノ…

【1924】Chateau Noble Meynard Bordeaux Superieur 2010

シャトー ノブル・メイナール [2010] このワインはボルドースペリエールという格付けになっているので、平格ボルドーとしてはほんの少し格上?らしきワイン。ヴィンテージは2010と古く、そういった意味でも楽しみ。どんな姿だろうか。 まず見てくれ。ダーク…

【1923】Cante Charrdonay 2015

カンテ シャルドネ 2015 今日は久しぶりに「3種類のワインからひとつを見えないところで抜栓してもらってブラインドで当てる」をやってみた。今回の候補はすべてシャルドネで、 1.ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2015 (ブルゴーニュ) 2.カンテ …

【1922】Domaine Robert Chevillon Nuit-Saint_georges 1er Cru les Chaignots 2009

ドメーヌ・ロベール・シュヴィヨン ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・シェニョ 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ニュイ・サンジョルジュ地区では手堅いワインをつくっている贔屓のメーカーのワイン。で、2009年産とも…

【1921】Zardetto Cuvee Brut (N.V.)

ザルデット ブリュット このスパークリングワインは見覚えがない。販売元のページに書かれている品種が興味深くて、「グレラ30%、モスカート15%、シャルドネ30%、コネリャーノの丘からのその他の品種25%」、つまりぐしゃぐしゃ。産地はイタリアはヴェネ…

【1920】Di Majo Norante Cabernet Sauvignon Terre Degli Osci 2016

カベルネ テッラ デリ オスチ 2016 ディ マーヨ ノランテ これも、モリーゼ州の見知らぬメーカーが作っている赤ワイン。品種は国司品種のカベルネソーヴィニヨン、どんなワインかあまり想像がつかない。いい意味で驚けるといいけど、はたしてどうなるか。 ま…

【1919】Roncaie sui Liviti Menti 2017

ロンカイエ スイ リエーヴィティ 2017 メンティ このワインは、イタリア北東部、ヴェネト州のソアーヴェ地区の「隣」でつくられている変わり者ワイン。品種は本来ソアーヴェをつくるのに使用するガルガネガだけど、購入時は白濁してオレンジ白色のすごい色を…

【1918】Francescano Natura Assisi Crema di Limone

www.francescanonaturaassisi.it このワインログはもともと海外産の珍しいリキュールについてもレビューを書いていたことがあって、今回、久しぶりに地方色あふれるリキュールが手に入ったので載せることにした。これは「Francescano Natura Assisi」という…

【1917】Cono Sur "Bicicleta" Pinot Npoir 2015

コノスル ビシクレタ ピノノワール 今回はチリワイン大手・コノスルの一番安いピノ・ノワールをいただくことになった。こないだ新世界産の安ピノを飲んだばかりなのでちょうど比べたいところだった。 見た目はかなり薄い。そうか新世界のピノって薄い色だっ…

【1916】Heidsieck Blue Top Monopole Champagne Brut (N.V.)

エドシック モノポール ブルー トップ ブリュット このクラスのシャンパンには時々お買い得な価格で売られているものがあって、今回、こいつを3000円ちょっとで発見したので保護。 見た目はまずまず黄金色のシャンパン、少し泡が少なめかもしれない。香りは…