北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1818】Domaine Gachot-Monot Saint-Aubin 2016

 
www.vivino.com
 
 このワインも楽天のウエムラさんの福袋でゲットした品。ブルゴーニュ中核エリア、コート・ドールの南部地域(コート・ド・ボーヌ)のなかでもややマイナーなサン・トーバン、その一級でもない畑の、なんだか聞いたことのないワインの作り手ともなれば、自分で意識的に買うことは絶対に無いだろう。こういうのこそ、福袋でしか出会いようがないので大いに期待したいところ。
 
 で、コルクを抜こうと思ったら、コルク上面にアオカビが結構ついている。これはちょっと嫌な滑り出し。もしかして吹きこぼれ経験があったりするんだろうか。おそるおそるコルクを抜くと、コルクからなんともいえない変なにおいがする。すごく不吉だ。ワイン本体は、ややグリーンがかった薄い白色で、薄色系のシャルドネとして矛盾しない。香りを確かめると、なんとなくコルクっぽい匂いがするような気がするが、これはコルクを見つめてしまったせいかもしれない。香りはシャブリに近い、ちょっと米ぬかも入った、でもたいていのシャブリよりも花っぽい清々しいフレーバーが感じられる。 
 
 おっかなびっくり口に入れてみると……おおむねセーフと言えそうな。非常にこざっぱりとした飲み心地の、それでいて蜜まみれのリンゴみたいなさわやか&スイートな味が口のなかに広がる。ブルゴーニュの高級な白ワインにあるような難しい構造だのなんだのではなく、とにかく清々しいシャルドネに全振りしましたといった体裁で、これはこれであっぱれ。
 
 ※翌日も、こざっぱりとした佇まいは健在。ぜいたくリッチ路線を完全に捨てた、割り切った構成のおかげで救われたワインだと思う。ブルゴーニュのやたらと値段の高い路線とははっきりと距離を取って成功していると思う。この作り手のことは、記憶しておこう。