北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1867】Southern Boundary Wines "The Springs" Riesling 2018

 
ザ スプリングス リースリング 2018 サザン バンダリー ワインズ
 
 このワインは、以前に飲んでみて思いのほか優れた挙動をみせていたニュージーランド産のリースリング。今回はリースリングを飲むのに適しているという触れ込みのリーデルグラスを用いて再挑戦してみることにした。
 
 まず、色をチェック。ほんのりと黄色がかった、最も標準的な白ワインの色をしている。香りは、台所洗剤系のやつが前回よりもはっきりと強烈に感じられる。これはリーデルグラスの力かもしれない。どこかパパイヤといった南国の果物を思わせるフレーバーが混じってもいる。
 
 で、口に運ぶとバナナ! いやー本当にバナナが来る。パパイヤは最初だけでバナナ優勢、なんだか飲み込む時の口当たりまでバナナっぽいかもしれない。リースリングでバナナは時々あるんだけど、これは本当にそれがはっきり感じられる。そのバナナの上部構造として爽やかでグリーンっぽい雰囲気の、酸のしゃんとしたすっきりとした飲み口が存在している。上顎にかけてバナナコーティングがかかる点を除けばシャープなエッジのきいたワインでもある。価格を考えればやはり優秀。
 
 ※翌日はバナナの気配が抜けて、ちょっと普通っぽいリースリングの姿になった。とはいえ、それでも合格ラインではある。