北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1955】Fantini Pinot Grigio 2018

 
ファンティーニ ピノ・グリージョ [2018] (ファルネーゼ・ヴィニ)

 
 このワインは、ファルネーゼが実質やっているピノ・グリージョ。長らく飲んでいなかったけれど、お正月料理で適当にいただいてみることにした。
 
 まず見た目。すごく薄い白ワインで少し緑色がかっている。品種からいってもおかしくはない。香りは、びっくりするほどスモークな香りがある。それとグリーンな植物系の香りがプンプンする。
 
 口に運ぶとすごく爽やかながら豊満ちょっとマスカットをそのまま頬張っているような感覚がある。スモークさに伴って豊満さを伴っているけれども、これはピノ・グリ系のワインにはありがち。とても飲みやすく、いくらでも飲めてしまいそう。で、オードブルなんかに合わせているうちになくなってしまった。