北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2141】Telmo Rodriguez ”Pegaso” Barrancos de Pizarra 2013

 
vinica.me
 
このワインは、昔はときどき買っていたテルモ・ロドリゲスの赤ワイン。最近はあまり見かけなくなって、長らくご無沙汰していた。で、この"Pegaso"というワインは知らない。なんでもガルナッチャ(フランスでいうグルナッシュ)100%だとか。この品種のワインは基本的に好きなので期待したいところ。
 
グラスに注いでみると、かなり赤茶けた感じの濃い赤。グラスの辺縁はまだまだ濃くて、若そうなご様子。香りは、黒系果実のジャムみたいなやつがいくらかと、ごく軽くハムや肉系の香り。それからこのワインからはこしあん系の和菓子みたいな香りもする。ガルナッチャにしては品が良いのでは。
 
口に運ぶと、なんとも穏やかなアタックだ。果実味は10秒ほどしてから、和菓子系の香りや香水みたいな雰囲気を伴いながら、じわじわーっと口に広がってくる。果実の甘さのなかに、鉄分が含まれているようなニュアンスがあり、上品だけど雄々しさもある。飲み進めると、この雄々しさが鉄、さらに血のようなニュアンスを帯びてきて実に力強くなってきた。だからといって乱暴なワインになってしまう気配もなく、良い感じで上り調子を楽しめた。明日の状態が楽しみだ。
 
※翌日。なんと、ここに来て動物のおしっこみたいなにおいが鼻につくようになってしまった。舌ざわりや味はいいんだけど、終始、動物のおしっこ。これはこれで肉系赤ワインにあってもおかしくない展開だけど、珍しく、それが「ちょっときつい」と感じてしまった。やりすぎなのか、コントロールが甘いのか。初日に飲むぶんにはガルナッチャとしては典雅な部類だったけど、翌日に余計なところを見てしまった感じ。