読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0445】Chateau Laforet Pimouguet 2008

  
シャトー・ラフォレ・ピムゲ 
 (※リンク先のヴィンテージはたぶん違っています)
 
 ボルドー専攻でもないのにボルドーの1000円級のワインを「選ぶ」のはとても難しいし、この季節に呑むとなると輪を掛けて難しい。そこらへんを承知のうえで、このワインと遭遇し呑んでみることに。
 
 匂いをかぐと、カシスを連想させる甘くてたっぷりとした匂いがぷーんと漂い、その後からフランボワーズリキュールのような匂いが追いかけてきた。ああ、思ったよりもいい匂い。
 
 口に入れてみると、まろやかな甘みと同時に、軽い苦味、意外な酸味が。酸味成分は葡萄的ジューシーさと地続きのタイプ。ちょっとだけコーヒー系の風味も感じられるかもしれない。呑み進めていくと、ジューシーさを伴っているとはいえ酸味がちょっと強すぎるような気がして、なんだか今ひとつ。これがほかの地域のワインだったら、酸味が目立ってもああだこうだ言わないのかもしれないけれど、「ボルドー」って書いてあるせいか、“すっぱさ”が気になってしまった。