北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1811】Cline Cellars Sonoma County Syrah 2016

シラー “ソノマ・コースト” ソノマ・カウンティ [2016] 見た目はやや青紫色をしていて、若々しい印象を受ける。若いシラー、というような。香りはマジックみたいな揮発臭がしっかり。その奥から、プラム系、プルーン系の香りがあがってくる。 口にいれると強…

ワインブログを始めると、ワインがわかるようになり感覚も鋭くなる

はてなブログで今週のお題:『ブログ初心者に贈る言葉』 というのがあったので、今日はワインブログについて雑談をしてみます。 【もくじ】 1.ワインの写真を撮ろう 2.欲張りな人は味や香りを書きとめよう 3.ワインブログを書いて得られたボーナス効果…

【1810】Barone Cornacchia Mointepulciano d'Abruzzo "Casanova" 2014

バローネ・コルナッキア モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2014 今日の夕食はトマト煮込みを中心とした軽めのもの。だけど赤ワインをあわせたい気分で、じゃあイタリア旨安赤ワインジャンルの、モンテプルチアーノ・ダブルッツォをあてるとちょうど良いかな…

【1809】Luigi Righetti Amarone della Valpolicella 2013

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ [2013] ルイジ・リゲッティ 久しぶりにアマローネを選んでみることにした。こいつはお買い得感満点のルイジ・リゲッティが作っているベーシック品。ものすごくはないけどだいたいおいしくて変化もまずまず…

【1808】Gruss Cremant d'Alsace Brut (N.V.)

クレマン ダルザス ブリュットNV ジョセフ グリュス エ フィス 人が集まったおりに出てきたスパークリングワイン。ものはアルザスでつくられたクレマンなので、そこらのスパークリングワインよりは期待したいところ。 グラスに入れてみると、まずまず黄金色…

【1807】Domaine de la Mordoree Chateauneuf-du-Pape 2013

[2012] シャトーヌフ・デュ・パプ "レーヌ・デ・ボワ" (ドメーヌ・モルドレ) ※リンク先はヴィンテージが異なります ローヌのちょっと良いワイン(それも、自分好みの南ローヌ系のワイン)を発掘したので、これをやってみることにした。 見た目は濃い赤茶色…

【1806】Aussieres Rouge Pays d'Oc Cabernet Sauvignon-Syrah 2016

ドメーヌ・ド・オーシエールオーシエール・ルージュ [2016] このワインは、バロンドロートシルト関連の廉価版ワインセットの最後の一本。フランスのどこかでつくられたペイドック(地酒?)規格のワイン。気軽に呑めて、気軽においしいワインっぽい規格だ。 …

【1805】Chandon Brut Methode Traditionnelle Brut (N.V.)

シャンドン ブリュット 白 泡 N.V 年末年始はなにかとスパークリングワインが欲しくなるところ。で、このシャンドンが作っているオーストラリア産の「まるでシャンパーニュのようなスパークリングワイン」は便利なので動員。 まず見た目。やや薄目ながらシャ…

【1804】Domaine Gramnon "La Sagesse" Cotes du Rhone 2015

グラムノン ラ・サジェス マグナムボトル ※リンク先はマグナムボトルです。 あけましておめでとうございます。このワインは、ローヌのジェネリック「Cotes Du Rhone」クラスのワイン。作り手はグラムノンという、以前におすすめされたところのもの。ジェネリ…

【1803】Feudi di San Gregorio "Albente" Vino Bianco (N.V.)

アルベンテ ビアンコ NV フェウディ ディ サングレゴリオ このワインは、イタリアはカンパーニャ州の大ワイナリー、フェウディ・ディ・サングレゴリオのベーシックな白ワイン。昔は1300円ぐらいで売られていたけれども、すっかり偉くなってしまって1800円以…

【1802】Charles Drapier Beaujolais Villages Nouveau Special Cuvee 2018

vinica.me このワインは、2018年のボジョレーヌーボー。ふとしたご縁があっていただくこととなった。どうやら、セブンイレブン、イオン系列で取り扱っているものらしい。ボジョレーヌーボーは久しぶりなのでちょっと楽しみ。 まず見た目。やや青色側に寄った…

【1801】Robert Mondavi Private Selection Cavernet Sauvignon 2015 (ハーフボトル)

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション カベルネ・ソーヴィニヨン ※リンク先はヴィンテージが異なります。また、フルボトルです。 久々の定番カリフォルニアワイン。見た目は大層黒っぽい赤紫色で、透明度は低い。香りは、初手から煮豆のような甘…

ワインの記録が1800回を超えた

今回でワインの記録は1800回。ここまで来ると保守的になるというか、自分の好みがだいぶ見えてきたせいで御用メーカーが絞れてきた感じがある。「もうわかったよ」という感覚が「知らない世界を知りたい」よりも勝ってしまう堕落した100回だったと思う。とは…

【1800】Chateau de Fonsalette Cotes du Rhone Rouge Reserve 1996

コート・デュ・ローヌ シャトー・ド・フォンサレット ※リンク先はヴィンテージが異なります さて、続いて入手性に問題のあるローヌのワインを。見た目は例によって黒っぽくて濃い赤ワインなのはさておき、香りはすごく紫色。よくイタリアのキアンティ系に「…

【1799】Simon Bize Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Vergelesses Blanc 2005

サヴィニ・レ・ボーヌ オーヴェルジュレス 1er シモンビーズ 2005 ※リンク先はヴィンテージが異なりますまず見た目は黄金色の白ワイン。平格のブルゴーニュ白のいろではないでしょう。香りはローソク主体でつん、としている。どういうつもりなのか。 口に含…

【1798】Villa di Vetrice Chianti Rufina Riserva 2009

キャンティ ルフィナ ヴィッラ ディ ヴェトリチェ リゼルヴァ 2009 グラーティ これは、イタリアはトスカーナ地方の隠れ名醸地・キアンティ・ルフィナ地方では結構おいしいワインをつくっているヴィッラ・ディ・ベトリーチェのもの。しかも2009年のリゼルヴ…

【1797】Sella e Mosca Vermentino di Sardegna "La Cala" 2016

ラ カーラ ヴェルメンティーノ ディ サルデーニャ 2016 セッラ&モスカ 今日はいろいろと無念なことがあり、しかも疲労困憊。こういう日に高級ワインをあけるなんてとんでもなく、定番で酸味のきいたものを持ってこよう。サルディニア島のヴェルメンティーノ…

【1796】Medici Ermete "Bocciolo" Lambrusco Grasparossa Dorce 2017

メディチ・エルメーテ・ボッチオーロ・ランブルスコ・グラスパロッサ・ヴィノ・フリツァンテ・ドルチェ これは、久しぶりに飲むランブルスコ。このジャンルでは大企業のメディチ・エルメーテが手掛けている、量販品よりもほんの少しだけ高く、ほんの少しだけ…

【1795】Giacomo Salmaso Colli Euganei Cabernet 2015

コッリ エウガネィ カベルネ 2015 ジャコモ サルマソ このワインは、あまり目立たない産地「コッリ・エウガネイ」で作られたワイン。どこなのか調べてみると、ヴェネチアの西、ヴェローナの東とのことで、このワインログでは「イタリア北東部」タグになる。…

【1794】Golan Heights Winery "Yarden" Galilee-Galilaa Chardonnay Organic 2016

ゴラン・ハイツ・ワイナリー ヤルデン シャルドネ 「オデム」 このワインは、イスラエルのお気に入りメーカー、「ゴラン・ハイツ・ワイナリー」が作っているシャルドネの、ちょっと上位バージョン。今までにも何度か飲んだことがあるけれども、やはり旨い。…

【1793】Comtes Lafon Volnay Santenots du Milieu 2011

[2011] コント・ラフォン ヴォルネイ サントノ・デュ・ミリュ このワインは、コント・ラフォンが作っているヴォルネ一級、サントノ。このメーカーのこの畑がおいしいのはよくよく承知しているけれども、このボトルは出所不明、いったいいつどこで買ったのか…

【1792】Moet et Chandon Champagne imperial Brut (N.V.)

モエ・エ・シャンドン ブリュット 今日は、前から熱烈に愛好しているヒラリーハーンのヴァイオリンリサイタルを聴くという、ありがたくもかたじけないイベント。でもって、休憩の時間にこいつをいただくことに。 もちろんキラキラとした泡も酸味とイーストの…

【1791】Kellerei Tramin Gewurztraminer 2017

ケラーライ トラミン ゲヴュルツトラミネール 有象無象の溢れかえるイタリアワインの世界にも比較的品質が安定しているエリアがあって、その一つが、イタリア北東部の東チロル地方、トレンティーノ=アルトアディジェ州。このワインはそこでつくられたゲヴュ…

【1790】Altos Las Hormigas Colonia Las Liebres Bonarda 2015

コロニア・ラス・リエブレス ボナルダ [2017] ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、アルゼンチン産のメンドーサ種でつくられている赤ワインとのこと。正直、アルゼンチンもメンドーサも親しみがあまり無いのだけど、このワインの2015年産には…

【1789】Barons de Rothschild Bordeaux Private Reserve Blanc 2017

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトプライベート・リザーブ ボルドー・ブラン [2017] このワインもバロンドロートシルト系列のあまり高くないやつ。で、ボルドーの白。ボルドーの白、特に安いものは好みではないので割と消化試合の予感がする。はたしてどう…

【1788】Los Vascos Cabernet Sauvignon 2016

ロス・ヴァスコス・カベルネ・ソーヴィニヨンチリ 赤ワイン このワインは、チリ産のカベルネ・ソーヴィニオン。価格も標準的なので、普通にチリ産らしい味がすればそれで良しということで。 まず見た目。あまり青色がかっていない、むしろちょっと茶色っぽい…

【1787】Gramenon Vinsobres "La Papesse" 2016

ドメーヌ・グラムノン / ヴァンソーブル ラ・パペス ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、愛好家の人からオススメされた、グラムノンというドメーヌがつくっているローヌ産のワイン。品種はグルナッシュながら、土地の名前が書いてない。で、…

【1786】Domaines Barons de Rothschild Aussieres Blanc Chardonnay 2016

【ドメーヌ ド オーシエール】 オーシエール ブラン [2016] このワインも、最近飲みまくっているバロンドロートシルトシリーズのひとつ、南仏産のシャルドネ。チープなボトルに入っているのでまったく期待せずに抜栓。 色は、わりと標準的な白ワイン色、とい…

【1785】Domaines Barons de Rothschild Bordeaux Private Reserve Rouge 2016

ドメーヌ バロン・ド・ロートシルト プライベート・リザーブ ボルドー・ルージュ [2016] このワインは、先日飲んだバロンドロートシルト系の赤ワインと非常に似た名前の品。先日と違って、こちらは「プライベートブランド」だそうで、ヴィンテージも同じ2016…

【1784】Kante "Extro" Vino da Tavola Bianco (N.V.)

カンテ エクストロ ビアンコ このワインは、イタリア北東部・ヴェネチア・ジューリア州でヘンテコワインをたくさん作っているエディ・カンテの作。このエクストロは「よく振ってお飲みください」という奇天烈な但し書き付きのもので、実際、ワインの底にはも…