北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1858】Alpha Zeta Garganega Verona 2017

アルファ・ゼータ ガルガネガ このワインは、イタリア北東部ヴェネト州で安いワインをつくっているアルファ・ゼータの単独品種ガルガネガで仕立てたワイン。ガルガネガとは、本来ソアーヴェ(・クラシコ)系のワインの主力品種として用いるものだけど、こい…

【1857】Grati Chianti 2015

グラーティ キアンティ このワインは、お値段が控えめだけど比較的おいしいキアンティ・ルフィーナを作っているグラーティのベーシック品。ベーシック品なので、適当に飲めるワインでしょう。 見た目は赤茶色のちょっと薄いワイン。香りは、まさにイタリアっ…

【1856】Juan Gil Moscatel Seco 2017

Juan Gil Moscatel Seco このワインはスペイン産の見たことも聞いたこともないメーカーのもの。品種はモスカテル(辛口)となっているのでフランスでいうミュスカデなんだろうか?ともあれ、飲んでみよう。 まず見た目。薄い!少し緑色がかっていて、辛口の…

【1855】Vigneti Zabu ”Chiantari” Sicilia Nero d'Avola 2017

キアンタリ ネロ ダーヴォラ 2017 ヴィニエティ ザブ このワインは、先日飲んでみたネロ・ダヴォラの上位版。少なくとも値段はいくらか高かったと記憶している。 見た目は、先日のものより明るく透明度が高くみえる。青みがかった感じがなく、こちらのほうが…

【1854】Ferrari Brut (N.V.)

フェラーリ ブリュット 元号が変わって最初のスパークリングワインは、イタリア産のスプマンテ*1のなかではシャンパーニュの代替品としてすごく信頼しているフェラーリ。昨今、シャンパーニュはふざけんなと言いたくなるほど値上がりが進んでいて、このフェ…

【1853】Domaine des Roches Neuves La Marginale 2010

【ドメーヌ デ ロッシュ ヌーヴ】 ソミュール シャンピニー ラ マルジナル [2016] レストランにて、ちょっと赤ワインが欲しくなってグラスワインリストのなかにフランスはロワール地方、ソミュールの赤ワインの名前が入っていたので、これを注文。 まず見た…

【1852】Delamotte Brut (N.V.)

ドラモット ブリュット[NV] 久しぶりにちゃんとしたレストランに来たので、ちゃんとしたアミューズ&前菜にちゃんとしたワインをいただいてみることにした。でもって、デゥラモットのシャンパン。 見た目は輝くシャンパーニュ!とっても黄金色で、こもこもと…

【1851】Domaine Galevan "l'Esprit Devin" Cotes du Rhone Villages 2015

2015 コート デュ ローヌ ヴィラージュ ルージュ レスプリ ドゥヴァン このワインは、ローヌ地方でつくられた見慣れないワイン。とりあえず「Cotes du Rhone Villages」とあるので、一番ベーシックな格付けなんだけど、妙な名前がついている。はたしてどうい…

【1850】Alpha Zeta Soave 2016

アルファゼータ ソアーヴェ これはソアーヴェ・クラシコではない「ただのソアーヴェ」。正直、ただのソアーヴェは駄目なワインもあるので滅多に買わないのだけど、このメーカーが作っている、ソーアヴェ専用土着品種「ガルガネガ」単品のワインとの飲み比べ…

【1849】Zabu Sicilia Nero d'Avola 2017

ザブ・ネーロ・ダーヴォラ[2017] 春になってくると飲みたくなるワインのカテゴリってのがあって、シチリア産のネロ・ダヴォラもそのひとつ。久しぶりにやってみることことにした。 まず見た目。他の品種に比べて、やや青紫色がかっていて、暗い。透明度もあ…

【1848】Fish Hoek Chenin Blanc 2018

vinica.me https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-6009650562030 このワインブログにはシュナンブラン種についての飲んだ記録がそれなりあるけれど、シュナン・ブランと表現しているところもあって全部は引っかからない。どうやら「…

【1847】Dom. Henri Perrot Minot Morey Saint Denis 1er Cru La Riotte Vieilles Vignes 2001

ドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノ モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ ラ・リオット VV 1998 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、モレ・サン・ドニでワインを作っているペロ・ミノの一級畑。モレ・サン・ドニの一級畑ってぜんぜん覚えられない…

【1846】Leflaive Macon Verze 2009

ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ (2016) ※リンク先のヴィンテージは異なります さあ、シャルドネバランスファイターとしていつも信頼している、ルフレーヴのマコンヴェルゼ再び。 グラスに注いでみると、見た目は意外に薄い。香りは初手では意外とはっきりしな…

【1845】Tenute Rossetti Rosso Toscana (N.V.)

ロッソ トスカーナ NV テヌーテ ロセッティ社 (ファルネーゼ社によるトスカーナワイン) このワインは、アブルッツォ州大手・ファルネーゼがトスカーナ州でつくっているよくわからないワイン。階級がIGT(またはIGP)ってことは良く言えば伝統に縛られない、悪…

【1844】Joseph Drouhin Bourgogne Chardonnay 2017

ジョセフ・ドルーアン ブルゴーニュ シャルドネ ジョセフ・ドルーアンのワインは、安いものも高いものも大好きで、この平格ブルゴーニュクラスの赤白も頼りにしている。あまりくたびれないワインだったはず。 まず見た目。少し緑色がかったところのある、若…

【1843】Cavicchioli Lambrusco Grasparossa di Castelvetro Amabile (N.V.)

【カビッキオーリ】 ランブルスコ ロッソ グラスパロッサ アマービレ [NV] このワインは、いつもお世話になっているカビッキオーリのランブルスコ・アマビーレ(アマビーレとは中甘口)。このメーカーの安ランブルスコのなかではアマビーレが突出して滋養豊…

【1842】Southern Boundary Wines "The Springs" Riesling 2018

サザン バンダリー ワインズ ザ スプリングス リースリング このワインは、お店で買ってきてあまり冷えてない状態から始めたので、冷えた状態からだと印象は違ったかもしれない。 まず見た目はグリーンがかった薄い白ワイン色。辛口のお手頃リースリングとし…

【1841】Bread and Butter Pinot Noir 2016

ブレッドアンドバター ピノ・ノワール 2016 このワインは、カリフォルニア産のピノ・ノワール。買ったことはなかったけれども、お店がやけに強気に推しているのでモノは試しにやってみることにした。 まず見た目。意外に明るいピノ・ノワール色をしていて、…

【1840】Sileni Estate sparkling Cuvee Sauvignon Blanc (N.V.)

シレーニ セラーセレクション スパークリング ソーヴィニヨン ブランNV 今日のワインは中華料理に適当に付き合ってもらうもの。で、適当に泡モノを買ってきてみたら、中味をよくチェックしなかったのでソーヴィニオンブランでつくられたスパークリングワイン…

【1839】(株)岩の原葡萄園 深雪花 (N.V.)

岩の原葡萄園 深雪花 このワインは新潟県上越市でつくられているという、日本産白ワイン。シャルドネに独自の品種を混ぜてつくられているとのこと、一体どういう味がするのか見当がつかない。 まず、色。かなりグリーンがかって薄い白ワイン色。このグリーン…

【1838】Hospices de Beaune Volnay Premier Cru Cuvee General Muteau 2011

オスピス・ド・ボーヌ ヴォルネイ プルミエ・クリュ キュヴェ・ジェネラル・ミュトー [2011] このワインも、ウメムラさんの福袋から生まれてきたやつ。オスピス・ド・ボーヌの名で、ヴォルネ一級、でもってヴィンテージが2011と弱め。さてどうなることやら。…

【1837】M.A.N. "Warrelwind" Sauvignon Blanc 2017

www.vivino.com このワインは南アフリカ製のソーヴィニヨンブラン種の白ワイン。あまり得意な品種ではないけれどもたまにはいいでしょう。 まずグラスに注いでみると、ほのかに黄緑色がかった、色合いの薄い白ワイン。緑色がかっているあたり、この品種らし…

【1836】Claude Chevalier Bourgogne Pinot Noir 2015

ドメーヌ シュヴァリエ ピノ・ノワール 2015 このワインは、ブルゴーニュの中核地区・コート・ドールのなかではマイナーエリアであるラドワ地区のワインがおいしかった記憶のあるメーカー。で、今まではラドワ地区のワインがそれなり安く手に入ったけれども…

【1835】Chateau de Beaucastel Chateauneuf du Pape Rouge 2007

赤:[2007] シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ (ボーカステル) このワインは、ローヌの赤ワインとして信頼しているボーカステル赤ワイン。並みのローヌワインではないことはもう体験済みなので、その実力をとくとみせていただきたいところだけど、2007年…

【1834】Henri Giraud Hommage (N.V.)

アンリ・ジロー オマージュ このワインはアンリ・ジローが手掛ける特級畑だけでつくられた品。でもって、品種(セパージュ)が面白くてシャルドネ30%ピノ系70%という、赤みがかった品ではないかと想像されるもの。香りには米ぬかっぽさがぶわっと舞い上がっ…

【1833】Asconi Estate Vineyards Grand Reserve Cabernet Sauvignon 2012

2012 グランド リザーヴ カベルネ ソーヴィニヨン アスコーニ モルドバ このワインは、ヴェリタスが仕入れているモルドバワインのひとつ。ここの格安メルローは飲んだことがあり、お値段に見合った内容だったけれども、じゃあカベルネソーヴィニオンはどうな…

【1832】Asconi Estate Vineyards Asconi Reserve Cabernet Sauvignon 2009

2009 リザーヴ カベルネ ソーヴィニヨン 750mlアスコーニ アスコニ モルドバ このワインは、ヴェリタスが仕入れているモルドバワインのひとつ。ここの格安メルローは飲んだことがあり、お値段に見合った内容だったけれども、じゃあカベルネソーヴィニオンは…

【1831】Joseph Faivley Bourgogne Pinot Noir 2015 (ハーフボトル)

フェブレ ブルゴーニュ ピノノワール [2015]/[2016] ※リンク先は現行ヴィンテージの模様です このワインは、ブルゴーニュの大手のなかでは赤ワインが標準的だと感じているジョセフ・フェヴレの平格ブルゴーニュ。だけど今回はこのワインを単体で楽しむためで…

【1830】Domaine Armand Rousseau Charmes Chambertin 2013

アルマン・ルソー シャペル・シャンベルタン 2015 ※リンク先はヴィンテージが異なります 今回、ブルゴーニュの赤ワインの粋を確かめてみようという気持ちができあがって、しばらく考えて選んだのがこのワイン。こいつだってもう5~10年寝かせてやったほう…

【1829】Chateau La Platus Bordeaux 2016

item.rakuten.co.jp このワインも安い価格帯のボルドー。まず、黒々とした赤茶色の液体。それはいいんだけど香りはあまりはっきりとは匂ってこない。 口をつけると、意外にひとなつこい、ちょっと飴っぽさを伴った果実味に心をうばわれた。ボルドーにありが…