北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1880】Santero Pinot Chardonnay Spumante (N.V.)

サンテロ ピノ シャルドネ スプマンテ 夏向けのスパークリングワインとして、安いものが欲しくなってこれを急きょ調達してきた。イタリアの安スプマンテとしてはよく知られているもの。 まず香りチェック。なんと、ちょっと生姜湯みたいな甘い匂いが漂ってい…

【1879】Saint Cosme Little Basket Press White (N.V.)

サンコム リトルバスケット NV 今回選んだサンコムのリトルバスケットの白ワインは、夏にざっくり飲みたい&香りのしっかりした白ワインが欲しい時向けの品。で、カレンダーを確かめると去年も6月下旬に飲んでいる。自分の嗜好がよくわかるというか、まあこ…

【1878】Terre Siciliane "Tonno" Syrah 2018

トンノ ロッソ 2017 マーレ マンニュ このワインはシチリア産の赤ワイン、シラーでつくられている。ボトルには名前のとおりマグロの絵が描かれていて、いかにもイタリアワインという雰囲気を漂わせている。ちなみにワインには[indicazione georgafica tipica…

【1877】Golan Heights Winery Yarden "Katzrin" Chardonnay 2016

【ゴラン ハイツ ワイナリー】 ヤルデン カツリン シャルドネ [2017] ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、いつもお世話になっているゴランハイツワイナリーのシャルドネ、その最高峰ラインのカツリン。さてさてどんなワインでしょうか。 ま…

【1876】Chateau de Segries Cotes du Rhone 2016

コート デュ ローヌ ルージュ 2016 シャトー ド セグリエス まず見た目。真っ黒なワイン、と言いたくなるような不透明な液面。垢茶色っぽくはあるかもだけど、とにかく黒い、とにかく暗い。 香りはお線香系のきっつい感じなんだけど、どこかジャムを予感させ…

【1875】Pieropan Soave Classico ""Carvarino" 2015

ピエロパン ソアーヴェクラシコ カルヴァリーノ 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、イタリアはヴェネト州の有名な白ワイン「ソアーヴェクラシコ」の、なかでも老舗であるピエロパンが出している単一畑の上級品。前々からおいしいのは…

【1874】Concejo "Carreduenas" Garnacha Joven 2014

コンセホ カレデュエニャス ガルナッチャ ホーベン [2014] このワインは久しぶりのスペイン産赤ワイン。品種はガルナッチャ(フランスでいうグルナッシュ)、品種的には割と好きな部類なのでデイリーユースとして買ってみた。 まず見た目。濃くて不透明な感…

【1873】Saint Cosme Little James’ Basket Press Red (N.V.)

【サン コム】 リトル ジェームズ バスケット プレス レッド このワインは、ローヌでお買い得かつ立派なワインをつくっている(と思う)サンコムがつくっているハウスワイン。ヴィンテージも無く、飽きやすくはあっても内実のしっかりした赤ワインだったと思…

【1872】Coche Dury Bourgogne Blanc 2002

コシュ・デュリ ブルゴーニュ ブラン 2016 ※リンク先はヴィンテージが異なります さて、今日は久しぶりにヤバいワインにお出ましいただいた。ものはコシュ・デュリの平格ブルゴーニュ、とはいえ価格的にはどこが平格なんだと突っ込みを入れたくなる。 まず色…

【1871】Cono Sur Sparkling wine Rose (N.V.)

コノ・スル ロゼ スパークリング まず、グラスに注ぐとほんのりとピンク色~オレンジ色かかった、いかにもロゼワインらしい色調。そこに、意外なほどゆったりと泡がたちのぼっていく漢字がして、見栄えはなかなかのもの。香りは、桜っぽい甘い香りが強い。あ…

【1870】Chateau Lanessan Haut-Medoc 2014

シャトー ラネッサン 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります。 このワインは、お手頃ボルドーとしては品質を信頼しているシャトー・ラネッサンの品。前回は2012と対峙していて、割と気に入っていた様子。今回はどうなのか。 グラスに注ぐと、予想以上に…

【1869】Domaine de la Croix Senaillet Saint Veran 2009

ドメーヌ ド・ラ・クロワ スナイエ サン・ヴェラン 2016 ※リンク先はヴィンテージは異なります こいつの色は普通のブルゴーニュより少し黄色いぐらい。香りは花畑系で、それほど強くない。あまりコテコテとはしていないシャルドネではないかと思う。 口に入…

ワインの原稿依頼をいただいて、しかもリーデルさんから「いいね」までもらってしまった

ワインの記録を書き続けて10年以上の歳月が経ったのだけど、このブログは読者数もほとんど増えず、特にはてなブログに引っ越してからはPVも大幅に減った。それでも記録が続いたのは、ワインそのものに果てない魅力があったからだと思う。これだけ書けばさす…

【1868】Argiolas Turriga 2012

トゥリガー 2013 アルジオラス ※リンク先はヴィンテージが異なります さて、このワインはサルディニア島では実質いちばん優れたワインを作っていると要約できそうなアルジオラスが作っているフラグシップワイン。赤ワインで、カンノナウ種(フランスでいうグ…

【1867】Southern Boundary Wines "The Springs" Riesling 2018

ザ スプリングス リースリング 2018 サザン バンダリー ワインズ このワインは、以前に飲んでみて思いのほか優れた挙動をみせていたニュージーランド産のリースリング。今回はリースリングを飲むのに適しているという触れ込みのリーデルグラスを用いて再挑戦…

【1866】Mastroberardino Fiano di Avellino 2017

マストロベラルディーノ フィアーノ 2017 最近、イタリア南部のカンパーニャ州の土着白ワイン群があんまりお買い得にみえないというか、微妙に価格が値上がりしていると思って敬遠していたんだけど、こいつはえらく値段が安くなっていて、見慣れないボトルに…

【1865】Grati Chianti Rufina Villa di Vetrice 2015

キャンティ ルフィナ ヴィッラ ディ ヴェトリチェ リゼルヴァ 2012 グラーティ ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、キアンティ・ルフィーナ地区でお手頃なワインをつくっているグラーティのキアンティ・ルフィーナ。本家キアンティ・クラシ…

【1864】Cusumano Angimbe 2017

クズマーノ アンジンベ 2017 暑くなってくるとイタリア白ワインが恋しくなる。で、こいつは暑いシチリアでつくられている、ちょっと良さそうな土着白ワイン(と思ったら、土着品種のインソリアが70%で30%はシャルドネとのこと)。 まず色は黄金色に輝…

【1863】Domaine Anne Gros Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge 2009

vinica.me アンヌ・グロという作り手のオート・コート・ド・ニュイ赤。で、こんなのどこにでも売ってるだろと思ったら楽天で引っかかるのはオート・コート・ド・ニュイ白ばかり。なんということでしょう。適当にゲットしたワインが実は入手が面倒……というの…

【1862】Christian Cholet-Pelletier Puligny-Montrachet 2015

ドメーヌ・クリスチャン・ショレ・ペルティエ ピュリニー・モンラッシェ [2015] このワインも、ウメムラさんの福袋に入っていたもの。ピュリニーモンラッシェの村名格というと、まあ大抵のシャルドネよりは高級とは言えるけれども、確実に高級なクオリティと…

【1861】Joseph Drouhin Bourgogne Pinot Noir 2017

ジョセフ・ドルーアン ブルゴーニュ ピノ・ノワール 聞くところによれば、2017年と2018年のブルゴーニュは久しぶりの豊作だとか。ただ、豊作だからって旨いとまでは限らないのがこの世界。それを占ううえで、この平格ブルゴーニュをやってみるのは興味のある…

【1860】Cono Sur Bicicleta Reserva Cabernet Saubignon 2017

コノスル カベルネソーヴィニヨン ビシクレタ ※リンク先は、ひょっとしたら「リゼルヴァ」の表記が欠けたものかもしれません。 このコノスルのカベルネソーヴィニオン、一番安い「ビシクレタ」のはずなのに「リゼルヴァ」という表記を伴っている。確か、数年…

【1859】Domaine Michel Guillard Gevrey Chambertin Vieilles Vignes La Platiere 2012

ミッシェル・ギーヤール ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエーユ・ヴィーニュ ラ・プラティエール [2012] まず見た目。ピノ・ノワールとしてもやや早飲みっぽいというか、少し青紫色がかったところがあってあまり濃くないようにみえる。香りは、ややくぐもって…

【1858】Alpha Zeta Garganega Verona 2017

アルファ・ゼータ ガルガネガ このワインは、イタリア北東部ヴェネト州で安いワインをつくっているアルファ・ゼータの単独品種ガルガネガで仕立てたワイン。ガルガネガとは、本来ソアーヴェ(・クラシコ)系のワインの主力品種として用いるものだけど、こい…

【1857】Grati Chianti 2015

グラーティ キアンティ このワインは、お値段が控えめだけど比較的おいしいキアンティ・ルフィーナを作っているグラーティのベーシック品。ベーシック品なので、適当に飲めるワインでしょう。 見た目は赤茶色のちょっと薄いワイン。香りは、まさにイタリアっ…

【1856】Juan Gil Moscatel Seco 2017

Juan Gil Moscatel Seco このワインはスペイン産の見たことも聞いたこともないメーカーのもの。品種はモスカテル(辛口)となっているのでフランスでいうミュスカデなんだろうか?ともあれ、飲んでみよう。 まず見た目。薄い!少し緑色がかっていて、辛口の…

【1855】Vigneti Zabu ”Chiantari” Sicilia Nero d'Avola 2017

キアンタリ ネロ ダーヴォラ 2017 ヴィニエティ ザブ このワインは、先日飲んでみたネロ・ダヴォラの上位版。少なくとも値段はいくらか高かったと記憶している。 見た目は、先日のものより明るく透明度が高くみえる。青みがかった感じがなく、こちらのほうが…

【1854】Ferrari Brut (N.V.)

フェラーリ ブリュット 元号が変わって最初のスパークリングワインは、イタリア産のスプマンテ*1のなかではシャンパーニュの代替品としてすごく信頼しているフェラーリ。昨今、シャンパーニュはふざけんなと言いたくなるほど値上がりが進んでいて、このフェ…

【1853】Domaine des Roches Neuves La Marginale 2010

【ドメーヌ デ ロッシュ ヌーヴ】 ソミュール シャンピニー ラ マルジナル [2016] レストランにて、ちょっと赤ワインが欲しくなってグラスワインリストのなかにフランスはロワール地方、ソミュールの赤ワインの名前が入っていたので、これを注文。 まず見た…

【1852】Delamotte Brut (N.V.)

ドラモット ブリュット[NV] 久しぶりにちゃんとしたレストランに来たので、ちゃんとしたアミューズ&前菜にちゃんとしたワインをいただいてみることにした。でもって、デゥラモットのシャンパン。 見た目は輝くシャンパーニュ!とっても黄金色で、こもこもと…