北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1931】Golan Heights Winery Gamla Riesling 2017

ゴランハイツワイナリー ガムラ リースリング このワインは、愛飲しているイスラエルはゴランハイツワイナリーのリースリング。ここのシャルドネはリピートしているけれどもリースリングは今回が初めて。お値段はこのワイナリーのなかでは安い部類なのでお買…

【1930】La Pousse d'Or Volnay 1er Cru En Caillerets 2009

プス・ドール ヴォルネ一級 エン・カイユレ 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、我が家のヴォルネコレクションの少なくない割合を占めている、プス・ドールのヴォルネ一級カイユレ。カイユレはヴォルネの一級畑のなかでも特に長熟とい…

【1929】Domaine de Rochebin Bourgogne Pinot Noir Vielles Vignes 2016

ロシュバン ブルゴーニュ ピノ・ノワール VV 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ロシュバンというメーカーがつくっている平格ブルゴーニュ。ただし、「ヴィエイユ・ヴィーニュ(VV)」という、古樹でつくられたという記述を伴っている。…

【1928】Viejo Marchiante "Valdepenas" Gran Reserva 2011

ビエホ マルチャンテ レセルバ 2012 ボデガス ナバロ ロペス ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインはスペイン産の2011赤ワイン。ただ、ワインを抜栓する時、ボトルの首のあたりにネバネバっとした手触りがあった。これは一度吹きこぼれているので…

【1927】Cusumano Lucido 2018

クズマーノ ルチド 2018 このワインはシチリアで値段の割にいいワインを作っているクズマーノの見知らぬ白ワイン。ルチド?品種名はカタラットとのこと。カタラットは飲んだことはあるけれどもあまり印象には残っていない。マイナーな土着ワインではなかった…

【1926】Frederic Magnien Coteaux Bourguignons 2015

フレデリック・マニャン コート・ブルギニオン 2014 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュのワインメーカー、フレデリック・マニャンがつくっている「コート・ブルギニオン」の赤。基本的には平格ブルゴーニュに近い性質でしょう…

【1925】Santero "Black" Vino Spumante Brut (N.V.)

サンテロ ブラック スプマンテ ブリュット NV このワインは、イタリアはロンバルディア州で安いスプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)をつくっているサンテロの、見慣れない品。「ブラック」というだけあってラベルが黒く、同社の再安ラインの「ピノ…

【1924】Chateau Noble Meynard Bordeaux Superieur 2010

シャトー ノブル・メイナール [2010] このワインはボルドースペリエールという格付けになっているので、平格ボルドーとしてはほんの少し格上?らしきワイン。ヴィンテージは2010と古く、そういった意味でも楽しみ。どんな姿だろうか。 まず見てくれ。ダーク…

【1923】Cante Charrdonay 2015

カンテ シャルドネ 2015 今日は久しぶりに「3種類のワインからひとつを見えないところで抜栓してもらってブラインドで当てる」をやってみた。今回の候補はすべてシャルドネで、 1.ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2015 (ブルゴーニュ) 2.カンテ …

【1922】Domaine Robert Chevillon Nuit-Saint_georges 1er Cru les Chaignots 2009

ドメーヌ・ロベール・シュヴィヨン ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・シェニョ 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ニュイ・サンジョルジュ地区では手堅いワインをつくっている贔屓のメーカーのワイン。で、2009年産とも…

【1921】Zardetto Cuvee Brut (N.V.)

ザルデット ブリュット このスパークリングワインは見覚えがない。販売元のページに書かれている品種が興味深くて、「グレラ30%、モスカート15%、シャルドネ30%、コネリャーノの丘からのその他の品種25%」、つまりぐしゃぐしゃ。産地はイタリアはヴェネ…

【1920】Di Majo Norante Cabernet Sauvignon Terre Degli Osci 2016

カベルネ テッラ デリ オスチ 2016 ディ マーヨ ノランテ これも、モリーゼ州の見知らぬメーカーが作っている赤ワイン。品種は国司品種のカベルネソーヴィニヨン、どんなワインかあまり想像がつかない。いい意味で驚けるといいけど、はたしてどうなるか。 ま…

【1919】Roncaie sui Liviti Menti 2017

ロンカイエ スイ リエーヴィティ 2017 メンティ このワインは、イタリア北東部、ヴェネト州のソアーヴェ地区の「隣」でつくられている変わり者ワイン。品種は本来ソアーヴェをつくるのに使用するガルガネガだけど、購入時は白濁してオレンジ白色のすごい色を…

【1918】Francescano Natura Assisi Crema di Limone

www.francescanonaturaassisi.it このワインログはもともと海外産の珍しいリキュールについてもレビューを書いていたことがあって、今回、久しぶりに地方色あふれるリキュールが手に入ったので載せることにした。これは「Francescano Natura Assisi」という…

【1917】Cono Sur "Bicicleta" Pinot Npoir 2015

コノスル ビシクレタ ピノノワール 今回はチリワイン大手・コノスルの一番安いピノ・ノワールをいただくことになった。こないだ新世界産の安ピノを飲んだばかりなのでちょうど比べたいところだった。 見た目はかなり薄い。そうか新世界のピノって薄い色だっ…

【1916】Heidsieck Blue Top Monopole Champagne Brut (N.V.)

エドシック モノポール ブルー トップ ブリュット このクラスのシャンパンには時々お買い得な価格で売られているものがあって、今回、こいつを3000円ちょっとで発見したので保護。 見た目はまずまず黄金色のシャンパン、少し泡が少なめかもしれない。香りは…

【1915】Southern Boundary Wines "The Springs" Pinot Noir 2018

ザ スプリングス ピノ ノワール 2018 このワインは見知らぬメーカーのニュージーランドの安いピノ・ノワール……と思いきや、コスパの良いリースリングを作っているメーカーのピノだったことがたった今判明した。俄然、期待したくなる。ここのリースリングはお…

【1914】Chateau du Peuil 2015

[2015] シャトー デュ プイユ このワインは、上記リンク先よりもかなり安い値段で購入したボルドー。つまり、安ボルドーってカテゴリーなわけで、それほど優れていなくていいから、心和むようなワインであって欲しい。 まず見た目。透明度は一応保たれてはい…

【1913】Leflaive Macon Verze 2012

ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2015 ※リンク先はヴィンテージが異なります。 フランスのシャルドネづくりの雄のひとつルフレーヴがつくっている、マコン地域の品。マコンという地域にしては高価だけど、高いだけのことはあるワインであり、流通も良く割と出会…

【1912】Tedeschi Amarone della Valpolicella 2014

アマローネ デッラ ヴァルポリチェラ 2014 テデスキ このワインは、イタリアはヴェネト州でコスパの優れたアマローネとヴァルポリチェッラシリーズをつくっているテデスキのアマローネ。テデスキ、いいメーカーなんだけど最近は日本国内の流通があまり良くな…

【1911】Gran Maestro Puglia Bianco Appassimento 2018

グラン マエストロ ビアンコ 2018 このワインはイタリアはプーリア州でつくられている白ワインなんだけど、なんと「アパッシメント」という表記がある。アパッシメントはヴェネト州の根性入った赤ワイン「レチョート」や「アマローネ」を作る際の、果汁を濃…

【1910】Castellare di Castellina Chianti Classico 2016

vinica.me このワインは、ずっと昔、まさにワインに慣れてきた頃に出会い、キアンティクラシコ系のワインとしては最高の評価に至った、カステラーレ・カステリーナのキアンティ・クラシコ。ただ、日本国内でこいつを見かけることは皆無で、再会したら是非飲…

【1909】Pieropan Soave Classico 2018

ピエロパン ソアーヴェクラシコ 2018 今日はたいがい疲れていて、いい塩梅の白ワインが欲しくて。それで選んだのは定番・ピエロパンのソアーヴェクラシコ。2018は初めてだと思う。ちょっと楽しみ。 グラスに注ぐと、なんと気泡が発生している。これはどうし…

【1908】Di Majo Norante Sangiovese Terra Degli Osci 2016

サンジョヴェーゼ テッレ デリ オスチ 2016 ディ マーヨ ノランテ このワインは、イタリアワイン産地としてはきわめてマイナーな(というよりイタリア諸州のなかでもたぶんマイナーな)、モリーゼ州でつくられたワイン。品種はトスカーナ州では有名なサンジ…

【1907】Cutio Macabeo 2016

クティオ ブランコ マカベオ 2016 このワインはスペイン製の安そうな白ワイン。と思いきや、楽天で検索すると意外に値段が高い。ただ、マカベオというぶどう品種は割と良かった記憶があるので、期待してもいいのかもしれない。 見た目は金色に輝いていてなか…

【1906】Thomas Fogarty Pinot Noir 2013

vinica.me このワインは、イオンで発見したちょっと良さそうなピノ・ノワール。グラスに入れると、まずまず黒っぽい、新世界としては標準的なピノ・ノワール色。香りは、なんと桐箱みたいなやつと黒色果実、ローソク。とてもおいしそうだ。 口に運ぶと、しっ…

【1905】Cantine Fina Vini "Miral" Terre Siciliane Bianco 2017

ミラル ビアンコ オーガニック 2017 カンティーナ フィーナ ヴィニ このワインは、東京駅丸の内方面のオイスターのお店、ジャックポットでボトルとしてお願いしたシチリア産の白ワイン。なにせオイスターの店なので、こいつを飲む前にハウスワイン(白)をオ…

【1904】F.Jeantet Cotes du Rhone 2016 (ハーフボトル)

vinica.me このワインは、ハーフボトルの安ローヌ赤ワイン。まず見た目。濃い赤ワインだけど茶色っぽさは無く、やや不透明。ローヌの赤ワインとしてはすごく普通、だと思う。香りはあまり感じない。 口に運ぶと、ローヌとは思えないほど穏やかな飲み心地。酸…

【1903】CIMS del Montsant Garnatxa Carinyana vi d'Expressio 2010

[2010] シムス (バロニア・デル・モンサント/スペイン) このワインは片手間にチャッチャと飲んでしまった赤ワイン、ものはスペイン産で、よく見たら2010年という結構なヴィンテージになっている。 見た目は普通に黒々とした赤ワインの濃い系にありがちな色…

【1902】Chateau L'Enclos Pomerol 2000

vinica.me とりあえず楽天にモノの取り扱いがなかったのでヴィニカからサムネイルは借りてきたけれど、ボトルデザインはこうではなかった。2000年以降のどこかでラベルが変わったのだろう。 まず見た目。不透明でやたら濃い。グラスからは……ピーマン!桐箱!…