北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2073】Emilio Bulfon Scialin 2018

 
シャリン 2018 エミリオ ブルフォン
 
このワインは、イタリアでは白ワインの名産地として知られるヴェネチア・ジューリア州でつくられた、土着品種シャリンで作られた白ワイン。この地域の土着品種は結構飲み慣れているつもりだったけど、これは初めて。メーカーも初めてで、ラベルがイタリアワイン風だったから半ばジャケ買いにも等しい。はたして、どんなワインなんだろう。
 
まず、どういうグラスがいいのかわからないので、とりあえずブルゴーニュグラスを選択。で、注いでみるとびっくりするほど薄い色。ちょっと麦わら色っぽい赤さを帯びた、けれどもかなり薄い色だ。香りは洋ナシ、というより昔飲んだ洋ナシジュースみたいな香りがする。ソーヴィニヨンブランなどとはだいぶ違う。
 
口をつけてみると、なんだか薄味だ。例の洋ナシみたいな風味に加えて、少しタンニンを帯びた苦みのある味、グレープフルーツジュースから酸味を取り除いたような風味がゆったりとやってくる。刺すような酸味ではなく、ワインに豊満さがあり、その豊満さを支えているのがタンニンと苦み。イタリア土着白ワイン品種のなかではグラケットに似ているけれども、あちらに比べると酸味が弱く、かわりに苦みとタンニンのおかげかワインにボディがあって、端麗な味わいなのに空虚ではない。これは結構好みのワインかも。威圧するような白ワインとは一線を画していて、落ち着いた飲み心地、重心の低さ、控えめな性格、そして洋ナシをベースに香りの強い植物のエキスみたいなのが僅かによぎるのもいい。初日はとりあえずバッチリだ、二日目はどんな顔をしているだろうか。
 
※二日目は、菖蒲やネギのような香り植物系の雰囲気が強く伴うようになった。でもって、相変わらず重心が低くて落ち着いた飲み心地。白ワインのなかでは理性を残していられる、頭が悪くならないワインでいいと思う。これは良い白ワイン品種を見つけた。頻回リピートではないけど、数年に一度は買い求めよう。なお、華やかなワインではないので華やかワインが欲しい人は買っちゃダメ。
 

【2072】Medici Ermete Assolo Reggiano Frizzante Rosso Secco(N.V.)

 
メディチ・エルメーテ アッソーロ ランブルスコ セッコ
 
 このワインは、ランブルスコの分野では大手のメディチ・エルメーテが作っている少しだけ格上の辛口ランブルスコ
 
 グラスに注ぐと、ピンクカシス色の泡がもこもこもこーっと立ち上がって見事なもの。細かな泡がグラスにびっしりついている。明かりに透かしてようやく向こう側がカシス色にうっすら見えるぐらいの濃さ。香りは、飲むヨーグルトのブルーベリー味みたいなやつがすんごく香ってくる。およそ、赤ワインの王道からは外れているけれども良いランブルスコはだいたいこの香りを伴っているからいいと思う。それと、キアンティ系などと共通するスミレっぽい香りを伴ってもいる。
 
 口に含むと、例の、飲むヨーグルトのブルーベリー味みたいなのが口のなかいっぱいに広がった!それとキアンティ系のスミレっぽさもたっぷり来る。微炭酸であることをのぞけば、ヨーグルトとブルーベリーとスミレのたっぷり香る、いいワインだ。

【2071】Fonterutoli Chianti Classico 2017

 

 
このワインは、トスカーナはキアンティ・クラシコ地方の定番ワインのひとつ。もう何度も何度もリピートしていて、肉と一緒にいただくことにした。
 
まず色合いは標準的なワインレッド。適度に暗く、暗いながらも透明度は保たれている。香りは、イタリア赤ワイン、なかでもキアンティ・クラシコに典型的な、軟膏系の香りとスミレ系を思わせる香りがしっかりと立ち上ってきて、奥から果実の香りも。まさに、このジャンルのワインのど真ん中をゆくような。
 
口をつけてみると、酸味のしっかりした、それでいて果実味の充実したジュワーっとしたワイン。2017年と若いためか、タンニンもそこそこしっかりしている。重たいワインではなく、杉やヒノキを香らせてくるカベルネなどとは雰囲気がだいぶ違う。肉料理とあうのは当然としても、ちょっと単体ではきついというか堅い感じがある。二日目になったら少し飲みやすくなるだろうか。
 
※二日目は、ぐっとワインがほぐれて、甘味と酸味の両方がくっきりするようになった。雄々しさは残っているけれどもワインが親しみやすくなり、ゆったりとした感じ。今回は二日目のほうが女性的で、かつ、表現も豊かだと感じた。

【2070】Livio Felluga Pinot Grigio 2018

リヴィオ・フェッルーガ ピノグリージョ2018
 
このワインは、4000円を切る値段で売られているのを発見して、大急ぎで保護したもの。このメーカーの白ワインを4000円未満で手に入れられることはまずない。喜んでこれにあたってみることにした。
 
まず見た目は、少し麦わら色。ピノ・グリージョ(ピノ・グリ)としては標準的だ。香りは、素晴らしい蜜と花束、スモーキーとかそんなんじやなくて、すんごい花束みたいな香りがこみ上げてきて、並のピノグリージョではない。
飲み始めは、なんだかくぐもったみたいな感じだったが、次第に、低音の効いた、重心の低い、威厳のある様子になってきてびっくりした。酸味は後から追いかけてくるけど弱いわけでなく、この低音のきいた、ミネラリーな展開のおかげでワインが空洞化してしまう様子もない。素晴らしい体験となった。
 
※翌日は酸化が進んで少し酸っぱさを帯びるようになってしまったが、たっぷり花束の要素はまだ残っている。並みのピノ・グリージョに比べると、やはりフローラルな香りの彩りというか、バリエーションに豊かさがある。また、低音よりも苦みがちょっと目立つようになり、少し平凡&疲れた方向にワインがふれてしまった。ただし、初日から二日目にかけてはワインを運んでしまったため、ワインのコンディションはかなり悪くなっていたはず。普通の環境で二日目を飲めば、もっともっと良い体験になったと思う。

【2069】François Montand Brut (N.V.)

フランソワ モンタン ブリュット
 
このワインは、フレンチを食べる際にどれにしようか迷い、なんだか値段の安い泡があって、お店の人と相談してこれにしちゃったというもの。事前調査なしに、いきなり入ったフレンチでのことだったのでこれにしちゃったけど、そのフレンチがかなり優れていたので、後で考えるとグラスにすればよかったかもしれない。でも、とりあえずこいつでアプローチすることになった。
 
フルートグラスに注いでもらうと、色合いはレモン色っぽく、泡はあまり多くない。香りは……すがすがしい植物系の香りが中心。メレンゲとか漬物とか、そういったごちゃごちゃした雰囲気は伴っていなかったと思う。
 
口をつけると、これは爽やか系スパークリングワイン。苦みや重さはほとんどなく、青りんご系のさわやかスパークリングワイン。八朔や夏みかんにやや近い、酸味のしっかりしたさっぱりスパークリングワインだ。濃い料理に対して駄目かな?と思ったけれども、かえって濃い料理を相手にさっぱりとした役をつとめてくれ、そんなに困らなかった。
 

【2068】M.Chapoutier Pays d'Oc Rouge 2017

 
シャプティエ ペイドック赤 現行
 
このワインは、フランスはローヌ地方のシャプティエが作っている南仏のワイン。シャプティエはネームバリューはあるけれども、ローヌはローヌでもエルミタージュ地方が主力なのであまり縁が無い。エルミタージュには苦手意識があるというか。でも、これは南仏産の安物なので安心?して挑戦。
 
見た目は、ちょっと青紫色がかったカラースペクトルの、不透明さを伴った濃い色合い。でもって、ツーンとした線香系の香りが漂っていて鼻にさしこんでくる。ちょっときつい感じかな。
 
口に運ぶと、線香系の香りにふさわしい、まさに梅色系線香の香りが口のなかで爆発。すんごく線香~!って感じがする。果実味にはインクっぽさも宿っていて、アルコールも結構強いと感じる。口のなかにマジックインキを入れたらこんな味がするんじゃないか、と思うこともある。こういうつくりって、なんだか南仏の赤ワインとしてはありそうなものだし、まあだから不満はない。ないのだけど、フツーの濃い南仏赤ワインだとはいえます。
 
※翌日は、マジックインキやアルコールっぽさが薄らいで、少し酸味が加わったかも。ただ、そうなると少し濃いめのなんだか個性のはっきりしない赤ワインに近づいてしまったきらいがある。