北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1741】Aidas Vermentino di Sardegna 2016

 
 このワインは、街で見かけて目を疑う価格だったので買ったサルディニア産の白ワイン。このヴェルメンティーノというワイン品種、価格が安くてもだいたい最低限の旨さはあるのでこいつもそうだろうと期待しての抜栓。なんと、googleで検索しても出てこない。いったいどういう素性のワインなのか。
 
 まず見た目。薄めの白ワインながら、やや緑色がかっていて、この品種と矛盾しない。気泡が若干混じっているけれども、これも、サルディニア産のこの品種では非常にありがちなので減点するほどでもない。香りは、焦げたパンのような匂いがする。その奥から、おずおずと台所洗剤系の芳香が来るけれども、まずは焦げ臭い。なんかトラブルでもあったんだろうか。
 
 口に運んでみると、これは水っぽい!久しぶりに水っぽいワインに当たってしまったぞ!すごく薄い。苦みを帯びたハーブっぽい風味はこの品種らしいけれども、このワインは瑞々しいっていうより薄い感じがする。酸味も、なんだか水で薄めた感が先だって酸味を堪能、というわけにはいかない。そのくせ、舌の奥には妙な酸と苦みが残る感じがあって、1000円以上の同島・同品種に比べると見劣りする。ま、しようがないか!ということでがぶ飲み。水がわりにイタリア現地で飲む白ワインをほうふつとさせるやつではあった。

【1740】G.H. Mumm Champagne Brut Rose (N.V.)

 
マム ブリュット ロゼ
 
 今日は港町のお祭りに参加。祭りは生命力があって楽しげだけど、まあ暑くて仕方ないのでビールでも……と思ったら、なんと、シャンパーニュ・ロゼを格安でグラス売りしているのに出くわした。
 
 見た目は、ロゼのなかでもちょっとオレンジ色がかってみえる。ひょっとしたら照明のせいもあったかもしれない。泡がもこもこしていてまずまず。
 
 で、味。とても柑橘。ちょっとオレンジピールが入っているような、見た目にふさわしいロゼっぽい風味。苦みもあるんだけど、このワインは比較的軽いところでまとまっていて、外でグラスでいただくにはもってこいな感じ。難しく考えず、スカッと飲むにはぴったりのロゼシャンパーニュで、本来、価格を考えるとだいたい「ちょっともったいない」んだけど、今回はかなりお安かったので悦楽のうちにスカッと飲んでしまった。
 

【1739】Dejean et Fils Methode Traditionnalle Blanc de Blancs Brut (N.V.)

 
ブリュット ブラン ド ブラン メトード トラディショナル 750ml (ドゥジャン エ フィス)
 
 このワインは、なかば数合わせとして購入した、フランスはジュラ産のスパークリングワイン。ラベルをみると、規格は「シャンパン方式でつくられたヴァン・ムスー」とあるので、一番気楽な格付けだってことがわかる。夏にはこういう気楽な泡が重宝するけれど、果たしてこれはどうでしょう。
 
 まず見た目。意外に黄色っぽいカラーで薄いスパークリングワインという印象がない。泡も、細かいやつが勢いよく上昇していてうまそう。いいんじゃないでしょうか。香りは、焼き林檎っぽい匂いが優勢で面白い。この価格帯で焼き林檎っぽい匂いがメインのやつはあまり経験が無い。
 
 口をつけると、まさに焼き林檎!焼き林檎系の甘い味わいに、あまり主張しすぎない酸味が伴っている。焼き林檎をイメージするせいか、ほんの少し、焦げ臭い雰囲気を伴っている気がする。これも同価格帯のスパークリングワインではあまり意識されないもの。ただ、飲んでいるうちにちょっと単純にはなってくる。値段を考えれば仕方のないところかも。

【1738】Les Crouzes V.V. Pays d'Herault Carignan 2016

 
レ・クルーズ V.V.
 
 このワインは、確か何かのワインセットについてきたやつで、カリニャンでつくられている。このカリニャン、自分としては苦手な意識があって、割と後回しにしがち。豚肉のみそ焼きと一緒にやってみることにした。
 
 見た目は黒々とした赤ワインで透明度はすごく低い。蛍光灯に透かしても向こう側が見えないぐらい。香りは、梅系の強いやつがキューンと飛び込んできて、そこに杉っぽい匂いがちょっと付け加わっている。
 
 口に運ぶと、ちょっと土くさい風味を伴った、ミルキー&杉ミントっぽさを帯びた果実味。ピノ・ノワールみたいな雰囲気からはかけ離れていて、メルローに近い雰囲気はあるけれども、果実味の籠り方が情熱的で、たとえばボルドーの赤ワイン寄りではない。南仏産のハウスワインとしてはなんにもおかしくなく、意外に問題なくいただけたと思う。
 
 ※二日目はもうちょっと落ち着いた雰囲気に。ただ、ちょっと血っぽい濃さが前景に出て南仏赤ワインっぽいイメージに近付いたかも。
 

【1737】Golan Heights Winery "Yarden" Galilee-Galilaa Chardonnay Organic 2015

 
ゴランハイツワイナリー ヤルデン オーガニック
 
 このワインは、前々から贔屓にしていてことあるごとに買っているゴラン・ハイツ・ワイナリーのシャルドネ(のオーガニック版)。「とりあえずハチミツっぽいシャルドネ」が欲しい時は、やたらと格上を目指さず、もうここのワインで済ませてしまうことが多い。
 
 で、ワインをあけてみると、相変わらず黄金色、山吹色の素晴らしい色調。これだけで「ほらほら、そこらの白ワインとは違いまっせ」と主張しているかのよう。香りはフルーツの缶詰の汁、パイナップル、ハチミツ、クッキーといった豪華に甘そうな雰囲気。ブルゴーニュの高級白ワインに比べるとやや南方系のフレーバーながら、ハチミツがしっかりしているのが好感。それと、石灰岩っぽい風味があって身がしまるようなところがある。
 
 飲んでみても、やはり香りにふさわしい味わい。今回はワインを冷やす度合いが足りなかったせいか、石灰岩っぽさと酸味がちょっと弱く感じられたけれども、ほかは盤石。やっぱりフルーツどっさり盛り合わせて、その味と香りが順番に巡ってくるような。それとジュースとクッキーとハチミツ。ザラメ糖が今回はことのほか強くて、「甘いシャルドネ」といった雰囲気すらある。いやあ、美味い。美味いです。これからもついていきます。
 
 ※二日目もまったりと飲むことができた。こんなワインだったらいくらでも飲めてしまいそう。
 

【1736】Farnese "Fantini" Montepulciano d'Abruzzo 2016

 
ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
 ※リンク先は現行ヴィンテージです
 
 肉料理の夏、ワインとしては白がいいけれど、肉にあわせるなら赤がいい。そういう妥協の末、「じゃあ少し冷やしてもうまい赤ワインをさくさく飲もう」という結論に思い至った。安くておいしいファルネーゼの、がぶのみワイン。
 
 見た目は、かなり透明度の低い赤ワインで、黒々としている。やや青紫側にカラースペクトルが傾いているかもしれない。香りをチェックすると、ちょっと酸っぱそうな梅と紫蘇のような匂いが目立つけれども、その後を追うようにイチゴミルクみたいな匂いがする。
 
 口に運ぶと、その梅&紫蘇の香りにふさわしい系統の果実味がキューンと響く。軽快で、タンニンよりも新鮮さが前景に出た、明るい味わいだ。同じイタリアでも、キアンティ・クラシコ系の「ふっくら」ではなく、ダブルッツォ系はさっぱりとした口当たりで、がぶ飲みしてしまいそう。でもって酸味。果実味のキューンとしているのも、さっぱりとした口当たりも、酸味がしっかりしているおかげなのだと思う。
 
 安いモンテプルチャーノ・ダブルッツォのなかには、ちょっと嫌な臭いが混じっている品もあるけれども、信頼のファルネーゼの作だけあって、そういうのも無い。ちょっと冷やして調子に乗って飲んでしまった。