北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2197】Domaine Bernard Millot Meursault 1er Cru Les Gouttes d'Or 2017

 
ムルソー 1級 グット ドール 2018 ドメール ベルナール ミヨ
※リンク先はヴィンテージが異なります
 
このワインは、先日村名格ムルソーを飲んでみた無名の作り手が作っている、ムルソー一級・グットドール。ムルソー一級は今までに何度か飲んだけど、だいたいポリュゾかシャルムで、このグットドールはこれが初めて。このワインは来年以降に飲む予定だったけど、ワインセラーが壊れたために前倒しして飲むことになった。若飲みムルソー一級か、いったいどんな感じなんだろう。
 
まず抜栓。おや?コルク表面にかびが少し生えていて、コルクが黒くなっている箇所がある!なんかよくないぞ。ボトル表面を濡れティッシュで拭くと、このコルクとかびの色がティッシュに残る。吹きこぼれたのだろうか。コルクを抜きにかかると、コルク表面が全体的に湿っている。これ、コルク表面までワインが到達してやいないだろうか。でもコルクからは悪いにおいではなく、蜂蜜クッキーみたいな芳香が漂ってくる。悪くなっていなければいいのだけど。
 
グラスに移すと、見た目は控えめな黄金色。このメーカーがつくる村名格のムルソーとほとんど同じ。香りを確かめると、圧倒的な蜂蜜!すんごい蜂蜜っぽさで、クッキーを通り抜けてコンポートっぽささえある、こってりとした甘い香りがやってくる。
 
おそるおそる口をつけると……あっ!なんか酸っぱいぞ? 初手で変なえぐい酸味が来た! これはダメージを受けている可能性がある。 二口目、三口目になるとこの感じは次第に落ち着いてきて、ムルソーらしいバターとナッツ、それとコンポートめいたあまーいフレーバーが優勢になるんだけど、酸に残る僅かなえぐさは前回の村名格には無かった要素だ。それと、大理石の弱さ。前回の村名格は大理石っぽい香りとミネラル風味がしっかりしていたのだけど、こいつは初手から大理石が来る感じではなく、意識しながら飲んでいると大理石が来るぐらいのペースだ。一級で、早飲みで、ボトルがダメージを受けているかもしれないから、こうなのかな? うーん、悪いってほどじゃないけど引っかかるところのあるワインだなー。
 
飲み進めると、違和感はいよいよ少なくなり、あまーいフレーバーとバターとナッツが優勢な、「Gouttes d'Or黄金のしずく」という名前にふさわしいワインになってきた。ここまでくると、まるで新世界のよくできたワインのようでもある。ただ、コシュ・デュリのムルソーみたいな石っぽさは引っ込む感じだ。
 
※翌日。うわぁ……シャルドネらしい蜜林檎の香りが伴うようになり、なんと、昨日よりもずっと大理石じみている。果実味にはカスタード&アプリコットのような甘さを伴って、ここに来て村名格のムルソーを大きく上回った! 大理石っぽさがあるからといって、甘さが弱くなったかといったらそうでもない。むしろますます蜜やコンポートのような香りが強まり、そこらの新世界のよくできたワインを超越している。なんと、菖蒲のような植物系の凄い精気まで伴っていて凄い迫力だ。これはもう、グットドールのファンになってしまうしかない。より上級の作り手が作るグットドールはいったいどんな姿をしているんだろう。
 
そうか、早飲みだから初日より二日目のほうが期待持てるわけなんだな。ほとんど期待していなかったのでびっくりしてしまった。
 

【2196】Cono Sur Sparkling Wine Rose (N.V.)

 
コノ・スル スパークリング ロゼ
 
引き続き、今日はコノ・スルのスパークリングロゼを。この品は2019年の6月に対峙していて、これが意外にもよくできていて、ロゼを飲み慣れていない人にもおすすめできそうな飲みやすい雰囲気だった。で、暑い季節の安全牌として今日はこれを採用。まずいなんてことはあるまい。
 
まず見た目。あいかわらずきれいな桜色~朱色をしていて、泡のあがりもなかなか。香りは、これまた桜や薔薇のような芳香がふわーっと漂ってきてうまそう。
 
口をつけてみると、ロゼ系の金柑風味をほんのり感じさせつつ、やはり桜や薔薇のような芳香が。酸っぱさや金属感で初心者をひるませるようなつくりではなく、広く愛されそうな、フレンドリーな味だ。辛口ロゼにしてはちょっと甘みが強い気がするし、たぶん糖度は高いと思うんだけど、フレンドリーなつくりを狙っているのだろうから、文句を言う筋合いでもなし。それにしても、この桜や薔薇ってどうやってつくっているんだろう? ちょっと検索してワインサーチというサイトを見てみると、「シャルマ方式。50%を全房仕込、50%を除梗。除梗したものについては、3〜4時間スキンコンタクトを行う。華やかなアロマを引き出すために13℃の低温で一次発酵を行い、その後、定圧タンクで約1ヶ月の二次発酵を行った後、そのまま4ヶ月程度、滓と一緒に寝かせ、味に複雑さと深みを持たせる」とあるが、はてさて。スパークリングじゃないロゼと比較すると、華やかさが格段に高く、コーヒーっぽい風味は格段に少ない。わからないものだ。
 

【2195】Cono Sur Sparkling Brut (N.V.)

 
コノ・スル スパークリング ブリュット
 
まず見た目。先日のグラハムベックに比べると薄い感じだ。でもって泡はすごくたっぷり、ゴワゴワと立ち上っている。香りはさわやかリンゴ系。青りんごと言っても間違いじゃないかもしれない。
 
口に運ぶと、これまた青りんご系、柑橘にたとえるなら皮が青色のみかんぐらいの酸っぱさがある。苦みは中庸で金属感はそれほど強くなく、漬物っぽさも乏しいので爽やか系スパークリングワインという風情がある。とはいえ、それはグラハムベックと比較しての話で、イタリア産の軽々としたスプマンテなどに比べればまだ腰回りがしっかりしている。さすがコノ・スルというより、実はコノ・スルのワインのなかでも隠れた名作なのがこいつじゃないかと毎回思う。以前、温泉のウェルカムドリンクでこいつが出てきたことがあったけど、暑い日にさんざん歩き回った後に飲むこいつは格別だ。夏はやっぱりスパークリング。
 

【2194】Chateau Grand Peyrou 2010

 
シャトー グラン ペイルー 2010
 
このワインは、あまり値段の高くないボルドーの赤。ラベルには「Castillion Cotes de Bordeaux」ともあるから、ボルドーのなかでも高価な一帯でつくられたわけではないみたいだ。でもって、こいつの特徴はヴィンテージ。なんと2010年産だ。このクラスのワインで10年以上経ったものがいただけるなら、とりあえずそれだけで賞味してみる値打ちあるかなと思って安易にゴー。
 
まずグラスに注いで色をチェック。赤茶色っぽい、ダークブラウンの強い色をしている。ただ、透明度は結構高くて、暗いんだけど不透明って印象はない。続いて香りチェック。オー!とてもいい。プラムみたいな雰囲気よりも薔薇の香りが漂っていて、いかにもうまそうだ。ボルドーの赤にありがちな墨汁・煙突系の香りがその奥から微かにといったところ。
 
口をつけると、香りに比べて落ち着きのある、しっとりとした飲み心地。甘さは控えめ。苦みとコクがあって、じゃあコーヒー風味が強いのかといったらそうでもない。むしろタンニンがもたらすしっとり感がアフターを支配していて、鎮静力のある飲み心地となっている。(安)ボルドーのこういうところって同価格帯にあまりない趣で、本当にいいと思う。安ワインの国際的な需要だと、こういうワインって受けない気がするんだけど、安ボルドーはいつもこんな風に迎えてくれる。そうこうするうちに、煙突か暖炉みたいな香りが優勢になってきて、いよいよ落ち着いた気持ちになる、暖かな飲み心地になってきた。熟成のおかげもあるんだろうか。すごい。
 
※二日目。なんと、酸味が勝ってしまってバランスが失われてしまった。昨日の鎮静力はまだあるけれど、暖かな飲み心地はない。若い状態だったら二日目がベストだった可能性はある。
 

【2193】Domaine Arlaud "Roncevie" Bourgogne Rouge 2017

 
ドメーヌ・アルロー ブルゴーニュ "ロンスヴィ" 2017
 
このワインは、ドメーヌ・アルローという全くご縁が無かった作り手の平格ブルゴーニュ赤。ウェブサイトによれば、ここは元々ジュヴレ・シャンベルタンだったけれども格落ちして名乗れなくなったんだとか(確かに畑の所在地をみると村名クラスの畑に完全包囲されている)。そして収量を厳しくすることで濃度の高いワインが味わえるとも。こういう能書きって実際どうなんでしょうね。まずは、飲んでみましょう。
 
まず見た目。かなり暗く、ブルゴーニュ赤としては青紫色っぽいかもしれない。香りは、抜栓した瞬間にかぐわしい葡萄酒フレーバーが広がる。この時点で期待がふくらむ。グラスに鼻をつっこんで香りを確かめると、ブルゴーニュ赤としては梅系の香りが強く、森の切り株系のオーガニックな香りとローソク風味が強い。なんだか鼻息の荒い雰囲気だぞ。
 
口をつけてみると、コーヒー牛乳のような、コーヒーやカフェオレよりさらに柔らかく、甘くてふんわりとした第一印象が。もちろんこれは比喩というか、ブルゴーニュ赤のなかではそういう方向性って話で、葡萄酒らしさ、かぐわしさが炸裂している。が、炸裂しているなかでコーヒー牛乳のような柔らかさ、舌ざわりがある。ブルゴーニュ以外でいえばボルドー赤のワインでミルキーと比喩する時のような。落ち着きがある、とも言えるかもしれない。この、コーヒー牛乳のような感覚がジュヴレ・シャンベルタンにありがちなテナーのような低音の響きだと言われたら、そうかもしれない。少なくとも共通点があるって言われたら反論できない気がする。あと、舌ざわりの柔らかさはなかなかに捨てがたい。これが好みのブルゴーニュかと言われると疑問がなくはないけれど、品質の確かさの一部なのは認めざるを得ない。
 
※二日目は、もうちょっとサクランボ風味が強まってキュートな感じになった。おいしくて滋養がある。でも、ジュブレ・シャンベルタンっぽくはない。どちらかというとコート・ド・ボーヌの良品みたいな感じに似ている。総じて付き合いやすいブルゴーニュ赤だし価格に見合った内容だとも思うけれど、この価格の競争相手は無限にあるので定価だったら買わないかも。

【2192】サイゼリヤのグラスワイン赤 (N.V.)

 

 
今日はスケジュールの都合で一人外食。じゃあ、なじみの中華料理屋さんに行こうと思っていたら臨時休業していると判明して困ってしまった。そうだ、一人サイゼとかやりたいなと思い、サイゼへ。
 
で、サイゼリヤのグラスワイン(赤)。頼む機会があるようで無かった。グラスで注文すると、グラスになみなみと注がれた赤ワインがやって来る。店内の照明のせいではっきりしないけれど、色はやや青紫色かかっているかも。あんこみたいな色に見える気がすることもある。あまり香りの立ちそうにないグラスだけど、果実系というよりスミレ系の花みたいな、イタリア赤ワインにありがちな香りが鼻をよぎる。
 
口に運ぶと、口当たりのさっぱりした、目の覚めるような酸味だ! つめたくて気持ちいいぞ!つめたくて気持ちいいのに、スミレ系の香りが鼻を抜けていくのは立派、でもって口をすぼめたくなるような酸味! うめえ! 暑いなかを歩いてきたから、この冷たい赤ワインがなんともうまい。ミネストローネやフォカッチャや羊肉などともお行儀よく付き合ってくれる。羊肉のスパイスなんか気にしない気にしない。ざくざく飲める。でもって飲んでも飲んでもなくならない。うまくて、たっぷりあって、香りだってあるぞ。ハウスワインとしては上等じゃないか。
 
こういう口をすぼめたくなるような酸味のイタリアワインといえば、モンテプルチャーノ・ダブルッツォかなと思ってメニューをよく見ると、グラスワインのところに小さく「モンテプルチャーノ種」と書かれていて(ほぼ)正解。それにしても、マグナムボトルで1100円ということは、750mlで550円か。にもかかわらず、ワインに臭みがないのが立派すぎる(冷やした状態で出しているから、でもあろうけど)。安くて駄目なモンテプルチャーノ・ダブルッツォのなかには、野暮ったいにおいが混じっている品がときどきあるけど、こいつはノイズレスだ。そういうところも含めて、びっくりさせられた。