北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1990】Banfi "Placido" Brunello di Montalcino 2005

プラチド ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2005 バンフィ このワインは、トスカーナの一大ワイン企業・バンフィが作っている廉価版ブルネッロ。ただし、このワインは2005年という良いヴィンテージなのでちょっと期待したいところ。 グラスに注ぐと、赤茶色の…

【1988】Natale Verga "Nuare" Pinot Nero 2018

ヌアレ ピノ ノワール 2018 ナターレ ヴェルガ このワインはロンバルディア州でつくられているという、ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)のワイン。確か、何かのワインセットにこれは入っていたものだと思う。ロンバルディア州のワインといえば、泡のフランチャ…

【1987】Sportoletti Assisi Rosso 2016

Sportoletti Assisi Rosso このワインは、ウンブリア州でつくられたDOP(DOC)規格でつくられた赤ワイン。イタリアには有名なワイン産地と、ワインが好きならだいたい知っている産地と、あまり有名でない産地があるけれども、ウンブリア州は無名なほうから数え…

【1985】Luigi Righetti "Capitel de Roari" Amarone della Valpolicella 2014

アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ カピテル デ ロアリ 2014 このワインは、感染騒動の渦中、イタリアはヴェネト州でお手頃価格のアマローネを作っている、ルイジ・リゲッティのちょっとだけ格上のアマローネ。今まではボルドー型のボトルに入…

【1983】McManis Family Vineyards Zinfandel 2018

マックマニス・ファミリー ジンファンデル このワインは価格の安いカリフォルニア産ジンファンデル。ただ、このジンファンデルを作っている「マックマニス ファミリー ワイナリー」は以前にすごく美味いピノ・グリージョを作っていた記憶がある。ログを確認…

【1981】Meo Camuzet Fixin 1er Cru Clos de Chapitre 2009

メオ・カミュゼ・フィサン・プルミエ・クリュ クロ・デュ・シャピトル ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、コート・ド・ニュイでは有名な作り手、メオ・カミュゼがフィサンでつくっている一級。2009年という強いヴィンテージの品なので10年…

【1980】Klostor Qualitätswein Pinot Noir Pfalz 2017

クロスター ピノノワール ファルツ 2017 このワインはドイツ製のピノ・ノワール。普通、こういうのはドイツ名でシュペートブルグンダーと名乗ってそうだけど、これはそうではない。産地はプファルツ、ドイツのなかではそんなに寒くなくフランスに近いっちゃ…

【1979】Jean Claude Mas "Les Tannes en Occitanie" Pinot Noir 2018

ジャン・クロード・マス レ・タンヌ オクシタン ピノ・ノワール ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは南フランスでお買い得なワインをつくっているマス一族の手によるピノ・ノワール。低価格帯のピノ・ノワールは新世界の品が多いけれども、このワ…

【1977】Villa le Corti "Le Corti" Chianti Classico 2016

レ・コルティ キアンティクラシコ このワインは、まったく知らないメーカーのキアンティクラシコ。モトックスが貼った裏ラベルには「ソチェタ・アグリコーラ(Societa Agricola)」とある。ひょっとしてコルティ村の協同組合みたいなものだろうか。 コルクを抜…

【1975】Domaine Chevillon Nuit-Saint-George 1er Cru Les Perrieres 2011

[2015] Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Perrieres【Robert CHEVILLON】 [2015] Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Perrieresニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ペリエール【Robert CHEVILLON ロベール シュヴィヨン】 ※リンク先はヴィンテージ…

【1974】Louis Picamelot Bourgogne Mousseux Pinot Noir (N.V.)

ブルゴーニュ・ムスー(シャンパン二次発酵方式)ピノ・ノワール・セック・ルイ・ピカメロ このワインは、ブルゴーニュでお買い得なスパークリングワインを作っているルイ・ピカメロの珍品。ピノ・ノワールでつくられた赤のスパークリングだったりする。昔はこ…

【1972】Domaine de Rochebin Bourgogne Pinot Noir Vielles Vignes 2016

ロシュバン ブルゴーニュ赤 このワインは、2019年の秋に飲んで好成績だった比較的安価な平格ブルゴーニュ。ブルゴーニュの一流ドメーヌの平格が軒並み5000円以上の価格帯であることを考えると、こういう安価で有名でないブルゴーニュの平格をちゃんと開拓し…

【1971】Domaine Santa Duc "Aux Lieux Dits" Gigondas 2013

ジゴンダス・オー・リュー・ディ [2013] ドメーヌ・サンタ・デュック このワインは、今までは破格にお買い得だったローヌ地方のサンタ・デュックがつくっている品。ジゴンダスはそれほど値上がりしていない&ものすごく熟成させなくてもまずまずいける品が多…

【1970】Lindeman's Premier Selection Cabernet-Shiraz 2017

リンデマンズ プレミア・セレクション シラーズ/カベルネ・ソーヴィニヨン 2016 ※リンク先はヴィンテージが異なります 今日の夕食は、濃い魚介中華料理。で、これに伴って「赤ワインが」リコメンドされてきた。魚介料理には白ワイン、と考えたくなるけれど…

【1968】Sangre de Toro Original 2017

サングレ デ トロ オリジナル 現行 この赤ワインは、スペインワインセットに入っていたもの。ボトルに牛のフィギュアがくっついていて、この牛のフィギュア、スペインでよく見た大手のやつのようにみえる。名前からいっても、たぶんそうなんだろう。スクリュ…

【1967】Masi Campofiorin 2016

カンポフィオリン 2016 マァジ社 このワインは、イタリアはヴェネト州の大手・マァジ社がつくっている、アマローネの出がらしでつくられるカンポフィオリンというワイン。鼻息は荒いけれどもアマローネには到底およばないワインだったと記憶している。 まず…

【1965】Fattoria Poggiopiano Chianti Classico 2016

ポッジョピアーノ キャンティ クラシコ 2016 久しぶりにキアンティ・クラシコを飲んでみることにした。食欲の出るワインが欲しくなったので。 グラスに注いでみると、かなり黒っぽいワインレッド。キアンティ系としてもこれは黒々しているほうかもしれない。…

【1963】Tyrrell's Wines Old Winery Pinot Noir 2017

ティレルズ オールド・ワイナリー ピノ・ノワール 2017 どうでもいい日に、あいまいなワインが飲みたい。そんな気分の時、在庫のなかからあいまいそうなワインを見つけ出した。小柄なボトルに入った、オーストラリア産のピノ・ノワール。値段も安そう。正直…

【1961】Evodia Garnacha 2017

エヴォディア[2017]年・D.Oカラタユド・アルトビヌム(ボデガス・サン・アレハンドロ社) このワインはスペインワインのセットか何かに入っていたらしき、赤ワイン。ボトルにはパーカーポイント90点というシールが貼られている。この「パーカーポイント90点」…

【1958】Estratego Real (N.V.)

エストラテゴ レアル 赤 このワインは、スペイン産の安赤ワインとしては割と名の知れた、エストラテゴ・レアルの赤ワイン。このワインログでは、なんと第15回、2009年3月15日に飲んでいる。ワインのことを右も左もわからなかった頃に飲んで、まずまずの印象…

【1957】Robert Groffier Chambolle Musigny 1er Cru Les Sentiers 2009

ROBERT GROFFIER 1er Cru Les Sentiers ※リンク先はヴィンテージが異なります ブルゴーニュ北部、コート・ド・ニュイ地区のワインは、高い。昔から高かったけれども、今では本当に、バカみたいに高くなってしまっている。ブルゴーニュのワインが好きになって…

【1956】Cavicchioli Lambrusco Grasparossa Amabile (N.V.)

カビッキオーリ・ランブルスコ・ロッソ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・アマービレ このワインは、これまでに何度も何度も飲んでいるカビッキオーリのちょっと甘口ランブルスコ。簡単な肉料理なんかと一緒にいただくには一番イージーなのはこいつ…

【1954】Georges Duboeuf Beaujolais-Villages Nouveau 2019

ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2019 ジョルジュ デュブッフ 遅ればせながら!なんとボジョレーヌーボーをいただく機会が巡ってきた。やー、自分ではなかなか買って飲むことのないワインなのでちょっと楽しみ。いったいどんな内容だろう?メーカーはボ…

【1953】Golan Heights Winery Mount Hermon Red 2016

ヤルデン マウント・ヘルモン・レッド 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ゴランハイツワイナリーが創っているブレンド型赤ワイン。このブレンド型赤ワインは、同社のラインナップのなかでは一番価格の安い、いわば量産型ワインなんだ…

【1951】Chateau Haut Batailley 1981 (マグナムボトル)

シャトー オー バタイエ [2011] ※リンク先はヴィンテージが異なります。また、通常のボトルです。 続いて、ボルドーの格付け5級、オー・バタイユがマグナムで出てきた。 まず鼻腔に飛び込んでくるのは緑色のピーマン!この歳になってもまだピーマンが強いと…

【1950】Chateau Canon la Gaffeliere 1990

シャトー・カノン・ラ・ギャフリエール [2007] ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いてボルドーはサンテミリオンの品。こいつは凄まじい発酵食品の香りがして、赤味噌と言われるとそうだと思うほど。土とキノコ、腐葉土といった香りがぷんぷん。色は濃…

【1949】Chateau de Beaucastel Châteauneuf du Pape Rouge 1996 (マグナムボトル)

シャトー ボーカステル シャトーヌフ デュ パプ ルージュ 2016 ファイミーユ ペラン ※リンク先はヴィンテージが異なります、また通常のボトルです。 次はボーカステルのシャトーヌフ、ただしマグナムボトル!もちろん色は濃い系で、ベーコンのような香りと化…

【1948】Coche Dury Bourgogne Pinot Noir 2005

コシュ・デュリ ブルゴーニュルージュ ピノ・ノワール 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いては、平格ブルゴーニュとしてはおかしな値段になってしまったコシュ・デュリの赤ワイン。グラスに注いだ色はきれいなワインレッド、明るく輝くピノ・ノ…

【1945】Obikwa Cabernet Sauvignon 2018

オビクワ カベルネソーヴィニョン ヴイオニエが思ったよりも良かったので、じゃあもうひとつということで、グラスワインで飲めそうな赤ワインを。グラスワインとしてリストアップされていたのは、チリ産のカベルネソーヴィニヨンとイタリア産サンジョベーゼ…

【1943】Dominique Piron Morgon Cote du Py 2015

モルゴン コート デュ ピ 2015 ドメーヌ ドミニク ピロン ボジョレーヌーボーの季節は逃してけれども、寒くなってくるとボジョレーの少し良いやつが欲しくなる。で、今回は贔屓にしているモルゴン地区のワイン、メーカーはたぶん初めて。 まず見た目。これが…