北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1718】Chateau Pesquie Le Paradou Grenache 2015

シャトー ペスキエ レ パラドゥー グルナッシュ このワインは、南仏でつくられているグルナッシュ(ガルナッチャ)。南仏の赤ワインは、ローヌのジゴンダスをのぞいてあまり得手ではないけれども、グルナッシュは割と好きな気がする。こいつはどうだろう。 …

【1717】Saint Cosme Little Basket Press Red (N.V.)

サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュ 約一年ぶりに飲む、ローヌのジゴンダスがおいしいサン・コムの量販品ワイン。でも、おいしかったと記憶している。 まず見た目。かなり不透明の赤茶色のワインレッド、カベルネなどに比べると…

【1715】Marcel Lapierre Morgon 2015

マルセルラピエール モルゴン ※リンク先はヴィンテージが異なります 久しぶりに、ラピエールが作ったクリュ・ボジョレー(モルゴン)をやってみることにした。前回はイマイチだったけれども基本的には信頼している品物。 まず見た目。赤茶色の液体で、あまり…

【1712】Louis Picamelot Bourgogne Mousseux Pinot Noir Sec (N.V.)

ルイ・ピカメロ・ブルゴーニュ・ムスー・ピノ・ノワール・セック NV このワインは、ブルゴーニュ地方でつくられた赤ワインのスパークリング(しかもほんのり甘い)という不思議なワイン。ただ個人的には気に入っていて、夏に飲むにはとてもいいんじゃないか…

【1710】Cono Sur "Bicicleta" Cabernet Sauvignon 2016

コノスル ビシクレタ カベルネソーヴィニオン カベルネソーヴィニオンという品種は、フランスのブレンドタイプとチリ・イタリア・アメリカのものがそれぞれ顔つきがちがって、ときどきチリのやつが欲しくなる。で、コノ・スルの安物を買ってきてみた。 見た…

【1708】Maison Joseph Drouhin Domaine des Hospices de Belleville Morgon 2015

モルゴン ドメーヌ・デ・オスピス・ド・ベルヴィル [2015] ジョゼフ・ドルーアン まず見た目。グラスに注ぐ際には、なんだか青紫色がかった、ボジョレーっぽい色彩とみえたけれども、グラスに入れてみると、意外とダークな色彩で赤茶色っぽくもみえる。グラ…

【1706】Le Macciole Paleo Rosso 2012

パレオ ロッソ 2014 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、以前に当たりだったことのある、トスカーナ州でつくられているカベルネフラン100%のワイン。凄くフレンドリーな香りと味だったので、パーティー用に運び出してきた。 まず見た目。普…

【1704】Bellingham Homestead Shiraz 2016

ベリンガム ホームステッド シラーズ 750ml 赤ワイン ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは、南アフリカでつくられたシラー。なんとなくチープな雰囲気のボトルだけど、果たしてどんなものでしょうか。 まず見た目。すっごく不透明で真っ黒なワイン…

【1702】Golan Heights Winery Hermon 2016

ゴラン ハイツ ワイナリー ヘルモン 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、白ワインが異様においしいイスラエルのワイナリーのもの。赤ワインは期待していないながら、様子をみるために一番安いブレンドワインを買ってみた。 見た目は不…

【1699】Georges Lignier et Fils Morey-Saint-Denis Premier Cru Clos des Ormes 2013

ジョルジュ・リニエ モレ・サン・ドニ 一級 クロ・デ・ゾルム ※リンク先はヴィンテージが異なります グラスに注いでみると、赤茶けた、それでいて色の薄い、いかにもブルゴーニュのちょっと古い赤ワインでございという風采。香りは……アセロラっぽいやつとチ…

【1697】Concha Y Toro Sunrise Cabernet Sauvignon 2016

コンチャイトロ サンライズ カベルネソーヴィニヨン ※リンク先は現行ヴィンテージです グラスに注いでみると、赤茶色で暗いワインレッド、普通の赤ワインってこんな色だよねというような。香りはあんこのような甘い匂いがもかもかとしていて、そこに杉やミン…

【1694】Paul Jaboulet Hermitage La Chapelle 1978

エルミタージュ・ラ・シャペル ルージュ [1999] ポール・ジャブレ・エネ ※リンク先はヴィンテージが異なります さらに、ローヌ北部の古いワインの登場。色はごっつい黒々、すごく濃い。香りは、初手からビーフジャーキーが匂い立ち、「玉葱のような匂い」と…

【1693】Chateau Pape Clement 1985

シャトー パプ・クレマン ※リンク先はヴィンテージが異なります さて、再びボルドーはサンテミリオンの第一特別級と相まみえることになった。色合いは前回のトロロン・モンドよりも濃い。で、香りはこれもピーマンがぶわーんと香ってメルローいっぱいなワイ…

【1692】Chateau Troplong Mondot 1988

シャトー トロロン モンド 2010 で、サンテミリオン第一特別級のシャトー・トロロン・モンド、1988。凄いムルソーの後なのでちょっと霞むかもしれないけれども、ともかくやってみる。 まず見た目。わりと赤茶色っぽい色彩。香りは初手からピーマンが飛び込ん…

【1688】 Joseph Drouhin Bourgogne "Laforet" Pinot Noir 2015

メゾン・ジョゼフ・ドルーアン ラフォーレ ブルゴーニュ ピノ・ノアール ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは、ブルゴーニュ大手、ジョセフ・ドルーアンの印が入っている平格ブルゴーニュ。ただし、こいつは価格がやけに安く、しかもスクリューキ…

【1685】Michel Gros Vosne Romanee Clos des Reas 2009

ミシェル・グロ ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア 2009 ミシェル・グロのヴォーヌ・ロマネ自体は割と何度か対峙しているけれども、いつも「一級ミックス」のたぐいだったわけで、単独所有畑「クロ・デ・レア」は対峙したことがない。でもって、こいつは2009…

【1684】Mommessin Cotes du Rhone 2015

モメサン コート・デュ・ローヌ (ハーフボトル) ※リンク先はハーフボトルです このワインは、ブルゴーニュのモレ・サンドニ地区の特級畑「クロ・ド・タール」を単独所有しているモメサンの造っている濃いワイン。モメサンって、ボジョレーそのほか、すごく沢…

【1682】Joseph Roche Syrah 2015

ジョセフ ロッシュ ヴァン ド ペイ ドック シラー このワインは、フランス南西部で作られた「Vin」規格のワイン。「Vin」規格は昔のテーブルワイン規格に相当するもので、要はテーブルワインってことでしょう。チリを代表する安ワイン、コノ・スルのシラーを…

【1679】La Pousse d'Or Volnay 1er Cru En Caillerets 2011

プス・ドール ヴォルネ 1er Cru エン・カイユレ 2011 先日、ダンジェルヴィーユさん家が作っている「ヴォルネ カイユレ 2011」が信じられないほど精巧に出来ていてびっくりしたので、じゃあ、他の家が作っているカイユレ 2011ってどうなんだ?と思って急遽セ…

【1677】Cono Sur "Bicicleta" Syrah 2016

コノ・スル ビジクレタ シラー ※リンク先は現行ヴィンテージです お料理用として買われてきたコノ・スルの平格。でも、せっかく飲めるワインなので、幾らか楽しんでしまえと横からいただくことに。 見た目をチェックすると、とにかく黒ずんでいて不透明なワ…

【1675】Corte Majoli Tezza Valpolicella 2015

ヴァルポリチェッラ コルテマイオーリ テッツァ このワインは、以前に格上がまずまず良かったマイナーメーカーのヴァルポリチェッラ。牛肉そのほかと一緒にやってみることに。 まず見た目。明るいルビー色をしていて、見ようによってはピノ・ノワールに近い…

【1669】Chateau de Fonsalette Cotes du Rhone Reserve 2000

シャトー・ド・フォンサレット コート・デュ・ローヌ ※リンク先はヴィンテージが異なります 二本目は、ローヌの赤ワイン。こちらもメーカー自体は相当なもの。 ブルゴーニュ赤の後に見ると、さすがに濃い。ただ、そんなに不透明かというとそうでもない感じ。…

【1668】Maison Leroy Bourgogne Rouge 2003

メゾン ルロワ ブルゴーニュ 赤 ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて飲んでみたのは、ルロワが作っている平格の赤ワイン。平格とはいえ、15年の歳月を経ているし、2003年はわりかし丈夫なので楽しみにしてみた。 まず色。あまり濃くない赤ワイン色で…

【1665】Terrasses de Guilhem Pinot Noir Pays d'Oc 2016

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ピノ・ノワール [2015] 今日の夕食は骨付きチキンやシチューを中心としたもの。じゃあ、ハウスワインっぽい赤ワインでやりましょうってことで、南仏産のピノ・ノワールをあけてみた。 まず見た目。まずまず明…

【1664】Chateau de Mont Perat 2014

シャトー モンペラ 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります 今日の夕食は牛肉グリル。じゃあ、牛肉に濃い赤ワインをあわせてみようと思い、こいつを選んできた。コスパの良いボルドーとして有名らしいけれど、対戦は初めて。 まず見た目。不透明でごっつ…

【1662】Fonterutoli (Mazzei) Chianti Classico 2015

キャンティ クラシコ 2015 フォンテルートリ(マッツェイ) 750ml このワインは、手堅いキアンティ・クラシコを作っているフォンテルトリ(マッツエイ)のもの。直近ではこのときに対峙している。総じて、このワインには良いイメージがあるけれども今回はどう…

【1661】Asconi Merlot "Limited Asconi" 2011

アスコーニ メルロー ※リンク先は現行ヴィンテージです まず見た目。赤茶けたワインレッドで黒っぽさがしっかり。メルロー、まして7年目のメルローなんて久しぶりなので、こんなに濃かったのかと思ったりする。ただ、不透明というほど不透明ではない。 匂い…

【1660】Cavicchioli Lambrusco Grasparossa Amabile (N.V.)

カビッキオーリ ランブルスコ グラスパロッサ 我が家では定番になっているランブルスコ。ラベルがリニューアルされたけれども、幸い値上がりはしていない。 まず見た目。ビールのようなフワフワの泡が液面に広がって、色はカシスのように濃い。ランブルスコ…

【1658】Prunotto Barolo 2009

※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、若干知名度があり、お値段もそこそこで、ヴィンテージもまずまず古いバローロ。デキャンタして、二日目メインでいただいてみることにした。 色は、オレンジ色がかっていて赤レンガじみている。それでいて…

【1657】Cavalierino "Sanlor" Sanginovese 2009

サンラー (オーガニック) 750ml(カヴァリエリーノ) このワインは、馬の絵が描かれているお手頃トスカーナのメーカーが作っているもの。馬の絵が特徴的だけど、色んな色のやつがいて、この青色は初めて。「Sanlor」って何のことかわからなかったけれども、ボ…