北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2033】Henri Bonneau Chateauneuf-du-Pape 2011

アンリ・ボノー シャトーヌフ・デュ・パプ さて、最後に出てきたのはアンリ・ボノーのシャトーヌフ。以前に対峙したセレスティンに比べると、このワインからは物凄い香料の香りが漂ってくる。9歳のシャトーヌフだけど、これ飲み頃を迎えているのでは? むせ…

【2032】Sylvain Pataille Marsannay l'Ancestrale 2015

シルヴァン・バタイユ マルサネ"ランセストラル" 2015 次に出てきたのは、マルサネ。ポマールの後にマルサネって順序が逆じゃね?と思ったのだけど、そうとも言えないのがまた面白いところ。 色はポマールより暗く、若いためか、酸味が溌剌としていてタンニ…

【2031】Frederic Cossard Pommard 2008

フレデリック・コサール ポマール 2015 続いて出てきたメインディッシュはイベリコベジョータをソースにあわせたもの。適度に噛み応えがあり、適度に脂が乗っていてストレートに美味い。このタイミングでいただくのは、ポマール。 オリヴィエ・クサンのカベ…

【2030】Olivier Cousin Cousin de Martigné 2000

vinica.me 次に出てきたのはオリヴィエ・クサン。このオリヴィエ・クサン、ロワールの赤とボジョレーの赤が引っかかって、どちらも結構有名だったりする。調べた限りでは、この赤いボトルの品はロワールのものらしい。 色はかなり濃い。ふっさふさとしたカシ…

【2029】Guy Breton Morgon Vieilles Vignes 2004

ギィ・ブルトン モルゴン VV 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります 2003年のモルゴンと一緒に出てきたのは2004のモルゴン、またもや垂直試飲。ところが2003はちょっと老成した感じになっていて、自分としてはもう少し若いやつが欲しかった。2004年は200…

【2028】Guy Breton Morgon Vieilles Vignes 2003

ギィ・ブルトン モルゴン VV 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります続いて出てきたのは、なんと2003年のモルゴン。クリュ・ボジョレーのなかでは頻繁に飲んでいるモルゴンだけど、これだけ寝かせたものには出逢ったことはない。2003年は暑い年なので、根…

【2024】Montigolo Amarone della Valpolicella 2016

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ モンティゴーリ 2016 カンティーナ・ヴァルポリチェッラ・ネグラール 北イタリアはヴェネト州の赤ワインのなかでは、アマローネはお気に入りのもののひとつ。今回、2700円を切ったアマローネを楽天のトスカニーさん…

【2023】Domaine Michel Guillard Gevrey Chambertin 1er Cru Les Corbeaux 2012

ドメーヌ・ミッシェル・ギーヤール ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ クリュ レ コルボー [2012] このワインは、村名格、それも量産区画として評判の悪い国道の向こう側でつくられている村名格が結構おいしかった小さなドメーヌのフラグシップワイン。フラ…

【2021】Domaine François Legros Saint-Aubin 2016

ドメーヌ・フランソワ・ルグロ サン・トーバン ルージュ [2016] このワインは、ちょっと値の張るワインセットについてきた、サン・トーバンの村名格赤。メーカーは知らないところなので初対決。 グラスに注いでみると、ピノ・ノワールとしては中庸な色という…

【2018】Cusumano "Disueri" Nero d'Avola 2018

ディズエーリ ネロ ダヴォラ 2018 クズマーノ このワインは、前回飲んでちょっとびっくりしてしまった、シチリア産のネロ・ダヴォラ。ネロ・ダヴォラはシチリアの土着品種だけど、最近は他所でも少々つくられているとのこと。ともあれ、このワインは手堅いリ…

【2016】Ilocki Podrumi Kapistran Crni 2017

Kapistran Crni Classic Ilocki Podrumi このワインは、クロアチアでおいしい白ワインをつくっている作り手の、赤ワイン。ボトルサイズが1lと大きいので、いわゆるハウスワインなんだろうと思う。だとしたら、いったいどんなワインなんだろう? 品種も何も…

【2012】Luigi Righetti Amarone della Valpolicella 2015

ルイジ リゲッティ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは、イタリアで良心的価格のアマローネをつくっているルイジ・リゲッティの無印アマローネ。無印とはいえ、アマローネはアマローネ、きっとゆ…

【2009】El Albergue Tempranillo 2017

エル アルベルゲ テンプラニーリョ [2017] このワインは、スペイン土着品種、テンプラリージョでつくられたラ・マンチャ州の赤ワイン。ラ・マンチャといえば非常に暑い地方で、あまり高くない赤ワインがごろごろしているイメージがあり、実際、これも値段は…

【2003】Ata Rangi Crimson Pinot Noir 2017

【アタ ランギ】 クリムゾン ピノ ノワール [2018] ※リンク先はヴィンテージが異なります。 このワインは、ワインショップで「今日は、新世界らしいピノ・ノワールをいただきたい」とお願いしたらリコメンドされたもの。見知らぬメーカーの品ですが、はたし…

【2001】Luigi Righetti "Primo" Rosso Veneto 2016

ルイジ リゲッティ プリモ ロッソ ヴェネト 2016 このワインは、イタリア北東部でお買い得な赤ワインをつくっている、ルイジ・リゲッティの手による謎ワイン。品種をみると、アマローネやヴァルポリチェッラにカベルネソーヴィニヨンをまぜて作った、IGP(旧…

【1999】Robert Mondavi "Woodbridge" Pinot Noir 2018

ロバート モンダヴィ ウッドブリッジ ピノノワール このワインは、何かのワインセットに入っていたカリフォルニア産のピノ・ノワール。作り手はロバート・モンダヴィながら値段はとても安く、デイリーワインとして優れていればそれで合格な感じ。 見た目は、…

【1997】St. Maddalena Gries Cantina Bolzano Bozen Lagrein Südtirol Alto Adige DOC 2018

St. Maddalena Gries Lagrein Cantina Bolzano このワインは、ごくたまにしか飲まなくなってしまった、北イタリアはアルト・アディジェ州の土着品種、ラグレインでつくられたワイン。今日の夕食はすき焼きとソーセージと煮野菜なので、案外そういう料理に合…

【1995】Tyrrell's Wines Old Winery Pinot Noir 2017

ティレルズ オールドワイナリー ピノ・ノワール このワインは、以前に飲んだことのあるオーストラリア産のピノ・ノワール。確か、二日目のほうがおいしかったと思われるので二日目に勝負を賭けよう。 まず見た目。チリワインもそうだけど、案外、色が薄い。…

【1992】Cusumano "Disueri" Nero d'Avola 2018

ディズエーリ ネロ ダヴォラ 2018 クズマーノ このワインは、シチリアでお手頃なワインをどっさり作っているクズマーノのネロ・ダヴォラ。ただし平格ではなく、名前付きのちょっとだけお値段の高い品。ネロ・ダヴォラで品質が良いメーカーはグルフィなんだけ…

【1990】Banfi "Placido" Brunello di Montalcino 2005

プラチド ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2005 バンフィ このワインは、トスカーナの一大ワイン企業・バンフィが作っている廉価版ブルネッロ。ただし、このワインは2005年という良いヴィンテージなのでちょっと期待したいところ。 グラスに注ぐと、赤茶色の…

【1988】Natale Verga "Nuare" Pinot Nero 2018

ヌアレ ピノ ノワール 2018 ナターレ ヴェルガ このワインはロンバルディア州でつくられているという、ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)のワイン。確か、何かのワインセットにこれは入っていたものだと思う。ロンバルディア州のワインといえば、泡のフランチャ…

【1987】Sportoletti Assisi Rosso 2016

Sportoletti Assisi Rosso このワインは、ウンブリア州でつくられたDOP(DOC)規格でつくられた赤ワイン。イタリアには有名なワイン産地と、ワインが好きならだいたい知っている産地と、あまり有名でない産地があるけれども、ウンブリア州は無名なほうから数え…

【1985】Luigi Righetti "Capitel de Roari" Amarone della Valpolicella 2014

アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ カピテル デ ロアリ 2014 このワインは、感染騒動の渦中、イタリアはヴェネト州でお手頃価格のアマローネを作っている、ルイジ・リゲッティのちょっとだけ格上のアマローネ。今まではボルドー型のボトルに入…

【1983】McManis Family Vineyards Zinfandel 2018

マックマニス・ファミリー ジンファンデル このワインは価格の安いカリフォルニア産ジンファンデル。ただ、このジンファンデルを作っている「マックマニス ファミリー ワイナリー」は以前にすごく美味いピノ・グリージョを作っていた記憶がある。ログを確認…

【1981】Meo Camuzet Fixin 1er Cru Clos de Chapitre 2009

メオ・カミュゼ・フィサン・プルミエ・クリュ クロ・デュ・シャピトル ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、コート・ド・ニュイでは有名な作り手、メオ・カミュゼがフィサンでつくっている一級。2009年という強いヴィンテージの品なので10年…

【1980】Klostor Qualitätswein Pinot Noir Pfalz 2017

クロスター ピノノワール ファルツ 2017 このワインはドイツ製のピノ・ノワール。普通、こういうのはドイツ名でシュペートブルグンダーと名乗ってそうだけど、これはそうではない。産地はプファルツ、ドイツのなかではそんなに寒くなくフランスに近いっちゃ…

【1979】Jean Claude Mas "Les Tannes en Occitanie" Pinot Noir 2018

ジャン・クロード・マス レ・タンヌ オクシタン ピノ・ノワール ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは南フランスでお買い得なワインをつくっているマス一族の手によるピノ・ノワール。低価格帯のピノ・ノワールは新世界の品が多いけれども、このワ…

【1977】Villa le Corti "Le Corti" Chianti Classico 2016

レ・コルティ キアンティクラシコ このワインは、まったく知らないメーカーのキアンティクラシコ。モトックスが貼った裏ラベルには「ソチェタ・アグリコーラ(Societa Agricola)」とある。ひょっとしてコルティ村の協同組合みたいなものだろうか。 コルクを抜…

【1975】Domaine Chevillon Nuit-Saint-George 1er Cru Les Perrieres 2011

[2015] Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Perrieres【Robert CHEVILLON】 [2015] Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Perrieresニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ペリエール【Robert CHEVILLON ロベール シュヴィヨン】 ※リンク先はヴィンテージ…

【1974】Louis Picamelot Bourgogne Mousseux Pinot Noir (N.V.)

ブルゴーニュ・ムスー(シャンパン二次発酵方式)ピノ・ノワール・セック・ルイ・ピカメロ このワインは、ブルゴーニュでお買い得なスパークリングワインを作っているルイ・ピカメロの珍品。ピノ・ノワールでつくられた赤のスパークリングだったりする。昔はこ…