北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1675】La passion Grenache Vieilles Vignes 2013

ラ パッション グルナッシュVV ヴィエイユ ヴィーニュ 2013 このワインは、以前に飲んだことのある「ラ・パッション」のヴィエイユ・ヴィーニュ版。ということは、より古い木からできたワインだけで構成できた上位バージョンってことになる。元のラ・パッシ…

【1672】Cono Sur Cabernet Sauvignon Reserva Especial 2017

コノ・スル カベルネソーヴィニヨン リゼルヴァ エスペシアル デイリーな選択肢として、1000円台のワインを捨てるわけにはいかない。で、コノ・スルは昔ほどのインパクトはないかもだけど鉄板ではあるので、久しぶりに王道・カベルネソーヴィニオンでも飲ん…

【1671】Claude Dugat Bourgogne Rouge 2002

クロード・デュガ ブルゴーニュ・ルージュ 2012 ※リンク先はヴィンテージが異なります クロード・デュガの平格ブルゴーニュ赤をいただくことになった。 まず見た目は、かなり黒っぽい。ブルゴーニュの赤にしては不透明感があるような。香りは、こないだのヴ…

【1669】Camille Giroud Volnay 2014

カミーユ・ジロー ヴォルネ(メゾンもの) 2014 続いて、カミーユ・ジローという、楽天などで見かけることはあっても買ったことのない造り手の、若いヴォルネ(村名格)。 色は割と普通。やたら薄いわけでもなく、もちろん濃いわけでもなく、中庸。まるで平格…

【1766】Casa Vinicola D’Angelo "Ars Poetica" Aglianico del Vulture 2014

【カーサ ヴィニコラ ダンジェロ】 アース ポエティカ アリアニコ デル ヴルトゥレ [2014] 最近、南イタリアの赤ワインをろくに飲んでいなくて、思い切ってちょっと良いやつを買ったんだけどそれも知人に渡してしまったので、残ったのがこのアリアニコ。アリ…

【1764】Montes Alpha Pinot Noir 2016

モンテス・アルファ ピノ・ノワール ※リンク先は、これを書いた時点では該当ヴィンテージですが、以後は現行のヴィンテージに置き換わっていくと思われます チリ産のピノ・ノワールは本家ブルゴーニュとははっきり方向性が違うし、好きかと言われたらそうと…

【1762】Brown Brothers Cienna 2017

ブラウンブラザーズ シエナ このワインは、オーストラリア独自品種のシエナという赤ワインでつくられた、甘口の赤ワイン。アルコール度数は5.5%、甘口とあるのでコンセプトとしてはランブルスコに近い感じなのだろう。そういえば、ボトルの形もちょっとラン…

【1759】まるき葡萄酒造株式会社 まるきRouge (N.V.)

まるき葡萄酒 まるきルージュ このワインは、ふとしたことからいただいた日本製のワイン。ノンヴィンテージでスクリューキャップ、ということは日本ワインのあまり良くない側面が全面に出ているのかも、とちょっと心配しつつ抜栓。 まず見た目。普通の赤ワイ…

【1757】Cantine di Dolianova "Dolia" Monica di Sardegna 2013

ルネラ モニカ ディ サルデーニャ 2014 カンティーナ ディ ドリアノーヴァ ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、サルディニア島土着のぶどう品種・モニカで作られた知らないメーカーの安いワイン。それでも、モニカは価格の割に飲みやすく好…

【1755】Henri Bonneau Chateauneuf-du-Pape "Celestins" 1995

アンリ・ボノー シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・レゼルヴ・デ・セレスタン ※リンク先はヴィンテージが異なります 最後に出てきたのは、入手困難なローヌワイン、それも、先代が作ったいよいよもって入手困難な一品。こういうのは自分一人ではちょっと…

【1751】Cono Sur "Bicicleta" Carmenere 2016

コノスル カルメネール ヴァラエタル [2016] このワインは、料理用に買われてきたチリの量産ワイン、「コノスルのビジクレタ」。このラインのワインは料理用や間に合わせ用にかなり飲んでいるので、苦手品種・カルメネールも飲んだことがあろうと思ったら、…

【1749】Murari Amarone della Valpolicella 2014

サルトーリ ムラーリ アマローネ 750ml ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインは、やまやに寄った時に見つけた未知のアマローネ。グラスに注ぐと、かなり黒々とした赤茶色。それでも不透明ではなく、グラスの底まで見通せる。香りは、お線香と梅、それ…

【1747】Domaine Michel Lafarge Bourgogne Pinot Noir 2013

ミシェル・ラファルジュ ブルゴーニュ・ルージュ このワインは、ヴォルネ村のメーカー・ミシェル・ラファルジュが作っている平格の赤ブルゴーニュ。以前にも飲んだことがあり、後半とくに満足だったと記録されている。 まず見た目。赤ワインとしてはかなり薄…

【1744】Etienne Rodier Bourgogne Pinot Noir 2016

[2016] ブルゴーニュ ピノ ノワール ヴィエイユ ヴィーニュ エレーヴ アン フュ ド シェーヌ このワインは、とっても安い平格ブルゴーニュ。平格ブルゴーニュといっても安いものから高いものまであるわけで、これはすごく安いほう。 見た目は、ほんのり茶色…

【1742】Galilee Galilaa Golan Heights Winery "Yarden" Cabernet Sauvignon 2014

ヤルデン カベルネソーヴィニヨン 2014 このワインは、いつもおいしいイスラエルはゴランハイツワイナリーの赤。カベルネソーヴィニヨン単品の品にあたるのはこれが初めて。新興ワイナリーらしい、生き生きとしたワインだといいなーと思いつつの抜栓。 まず…

【1738】Les Crouzes V.V. Pays d'Herault Carignan 2016

レ・クルーズ V.V. このワインは、確か何かのワインセットについてきたやつで、カリニャンでつくられている。このカリニャン、自分としては苦手な意識があって、割と後回しにしがち。豚肉のみそ焼きと一緒にやってみることにした。 見た目は黒々とした赤ワイ…

【1736】Farnese "Fantini" Montepulciano d'Abruzzo 2016

ファルネーゼ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ ※リンク先は現行ヴィンテージです 肉料理の夏、ワインとしては白がいいけれど、肉にあわせるなら赤がいい。そういう妥協の末、「じゃあ少し冷やしてもうまい赤ワインをさくさく飲もう」という結論に思い至っ…

【1735】Joseph Faiveley Blagny 1er Cru "la Piece Sous le Bois" 2014

www.wine-searcher.com このワインは、以前に飲んだ時に意外に面白いというか、単純においしいとは言えないけれども奥行きの深いところをみせてくれた一品。今回、夏場に飲んでしまうべきワインリストのなかにこいつが入ってきたので、簡単ではないのを承知…

【1733】Serego Alighieri (Masi) "Possessioni" Rosso Verona 2014

セレーゴ アリギエーリ ポッセッシオーニ ロッソ 2014 マァジ このワインは、おいしいアマローネを作っているセレーゴ・アリギエーリ(マァジ傘下)のIGTワイン。IGTってことは伝統とはちょっと違ったワインということで、実際、このワインはアマローネ-ヴァ…

【1730】Allegrini Valpolicella Superiore 2014

ヴァルポリチェッラ スーペリオーレ 2014 アレグリーニ このワインは、信頼できるヴェネト州の赤ワインメーカーのヴァルポリチェッラのスペリオーレ。ただ、「クラシコ地区」でつくられたものではないとのことで、そこだけちょっと引っかかる。以前にも飲ん…

【1727】Golan Heights Winery "Hermon" Galilee-Galilaa 2015

ゴラン・ハイツ・ワイナリー ヘルモン ※リンク先は現行ヴィンテージです グラスにうつすと、ほんのり赤茶色の不透明度の高い赤ワイン。我が家ではカベルネソーヴィニヨン~メルロー系のワインを飲まないので割と珍しい感じのもの。で、香りは杉の入浴剤の匂…

【1725】Domaine Robert Chevillon Nuit-Saint-Georges Less Cailles 2009

ロベール・シュヴィヨン ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ ※リンク先はヴィンテージが異なります 本格的に暑くなってくると、高いワインがだいたい飲みたくなくなる。でも、非常に珍しいことにいいワインと対峙したくなったので、ニ…

【1723】La Passion Grenache 2015

ラ パッション グルナッシュ このワインは、「ラ パッション」という名前しかわからず、作り手がよくわからないワイン。ボトルづめしたのは「Maison Jean Pla」と小さな字で書かれているけれども、すごく控え目だ。なんであれ、南仏産のがぶ飲み赤ワインとみ…

【1721】株式会社ハイディワイナリー 輪島 禅の里わいん マスカットベリーA 2015

輪島 禅の里わいん マスカットベリーA ※ヴィンテージは現行と思われます。 このワインは、石川県能登地方でつくられた赤ワイン。品種は、日本でしばしばみかけるマスカットベリーA、経験的には、ちょっと冷やして飲んだほうがよさそうな気がしたので、冷蔵庫…

【1720】Bouchard Pere et Fils Monthelie Premier Cru Les Duresses 2014

ブシャール モンテリ レ・デュレス 久しぶりにブルゴーニュの赤ワイン、それも、ピノ・ノワールが飲みたくなったので、この、モンテリ一級をあけてみることにした。このレ・デュレスという畑はコント・ラフォンの品を飲んだことがあるので、それにどの程度迫…

【1718】Chateau Pesquie Le Paradou Grenache 2015

シャトー ペスキエ レ パラドゥー グルナッシュ このワインは、南仏でつくられているグルナッシュ(ガルナッチャ)。南仏の赤ワインは、ローヌのジゴンダスをのぞいてあまり得手ではないけれども、グルナッシュは割と好きな気がする。こいつはどうだろう。 …

【1717】Saint Cosme Little Basket Press Red (N.V.)

サン・コム・リトル・ジェームス・バスケット・プレス・ルージュ 約一年ぶりに飲む、ローヌのジゴンダスがおいしいサン・コムの量販品ワイン。でも、おいしかったと記憶している。 まず見た目。かなり不透明の赤茶色のワインレッド、カベルネなどに比べると…

【1715】Marcel Lapierre Morgon 2015

マルセルラピエール モルゴン ※リンク先はヴィンテージが異なります 久しぶりに、ラピエールが作ったクリュ・ボジョレー(モルゴン)をやってみることにした。前回はイマイチだったけれども基本的には信頼している品物。 まず見た目。赤茶色の液体で、あまり…

【1712】Louis Picamelot Bourgogne Mousseux Pinot Noir Sec (N.V.)

ルイ・ピカメロ・ブルゴーニュ・ムスー・ピノ・ノワール・セック NV このワインは、ブルゴーニュ地方でつくられた赤ワインのスパークリング(しかもほんのり甘い)という不思議なワイン。ただ個人的には気に入っていて、夏に飲むにはとてもいいんじゃないか…

【1710】Cono Sur "Bicicleta" Cabernet Sauvignon 2016

コノスル ビシクレタ カベルネソーヴィニオン カベルネソーヴィニオンという品種は、フランスのブレンドタイプとチリ・イタリア・アメリカのものがそれぞれ顔つきがちがって、ときどきチリのやつが欲しくなる。で、コノ・スルの安物を買ってきてみた。 見た…