北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2324】Chateau Clos Rene Pomerol 1996

シャトー クロルネ 2018 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ポムロールでつくられた20世紀のワイン。ポムロール、ちょっと高いラインからスタートするけど買えばだいたい当たりなので信頼しているけれども、系統的に飲んで理解するのが難し…

【2322】Domaine Ramonet Bourgogne Rouge 2012

ドメーヌラモネ ブルゴーニュルージュ 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、シャサーニュ・モンラッシェで白と赤をたくさん作っている名門・ドメーヌラモネの赤ワイン、そのベーシック品。とはいえ、ここのワインも値上がりしていて、現…

【2321】Minini Terre Avare Primitivo IGT Puglia 2019

このワインは、プーリア州でつくられているプリミティーボ(カリフォルニアでいうジンファンデル)。このミニーニというメーカーは「プリミティーボ IGT」という安いタイプと「プリミティーボ ディ マンドゥーリア DOC」という地名の入った格上のふたつを作…

【2319】Domaine J.Cacheux Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Rouge Bec a Vent 2017

[2019] ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ ベック ア ヴァン ジャック カシュー ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュ中核エリアの北側、コート・ド・ニュイで作られたワインながら、格付けとしては下のほう、オー…

【2318】Piccini "BBQ" Toscana Rosso IGT 2019

このワインは、バーベキューの絵が描かれた、なんだか安そうなトスカーナ産赤ワイン。でもって実際安く、ピッチーニという作り手には思い入れがない。このワイン、セットについてきたけどどうしよう……と思っていた矢先、肉とうな丼というワインがたじろぐ選…

【2315】Lamura Rosso Terre Siciliane IGT 2020

【よりどり6本以上送料無料】 ラムーラ オーガニコ ロッソ ディ シチリア 2020 今日はずっと作業に追われていて午後8時ぐらいにはたとワインが欲しくなった。夕食も食べたし、つまみ今から用意するとしても少量だし。じゃあどうするか。……ということでいか…

【2313】Domaine des Croix Beaune les Cents Vignes Primier Cru 2017

ドメーヌ・デ・クロワ ボーヌ・レ・ソン・ヴィーニュ・プルミエ・クリュ [2019] ※リンク先はヴィンテージが異なります まずいただくのは、ドメーヌ・デ・クロワのボーヌ一級。ヴィンテージは2017と若飲みの部類、でもボーヌは若飲みに向いているエリアだから…

【2311】Casa Santos Lima Red Blend Portugal 2019

リスボア ティント 750mlカーサ サントス リマ 2019 このワインは、よくわからないポルトガルワイン。裏ラベルに一応英語であれこれと書いてあるけれども、ポルトガルとそのワインの伝統についてと、要はこのワインは味も香りも良いといったことしか書いて無…

【2310】Comtes Lafon Volnay Santenots du Milieu 2009

コント ラフォン ヴォルネイ プルミエ クリュ サントノ デュ ミリュ 2015 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、コント・ラフォンが手掛けている赤ワインである、ヴォルネ・サントノ。以前から時々飲んでいるけれども、直近で飲んだ2011年モノ…

【2309】Sarsitano Vino Rosso (N.V.)

モダヴィン サルシターノ ヴィーノ ロッソ このワインは、楽天で580円ぐらいの価格がついている、すごくデイリーワインな感じのイタリア赤ワイン。産地はロンバルディア州とあるけれども、品種はランブルスコやサンジョベーゼといった気楽系イタリア赤ワイン…

【2308】Banfi Brunello Di Montalcino "Placido" 2005

バンフィ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ プラチド 2005 このワインは、2020年の時点で十分においしく熟成していて、もう飲み頃は過ぎていると推測されるブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。4000円を切っていて熟成期間充分、かつ柿っぽさの宿ったいい飲…

【2307】Masciarelli Montepulciano d'Abruzzo 2017

マシャレッリ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2017 今日の夕食は焼き鳥、サバのフライなど。こういう時にはあまり値が張らず、威圧的でなさそうなワインを選びたい。ということで、イタリアはアブルッツォ州の大手メーカー、マシャレッリのつくるモンテプ…

【2305】Saint Cosme Little Jame's Basket Press Red (N.V.)

サンコム リトル ジェームズバスケット プレス レッド このワインは、ローヌの作り手、サンコムが作っている廉価版のローヌ赤ワインで、ヴィンテージの記載もない。けれどもこれが意外に旨いことは過去に実証済みで久しぶりに飲みたくなったので用意した。 …

【2303】Dominique Laurant Marsannay Vieilles Vignes Bio 2018

このワインは、ドミニクローランが作っているマルサネ。マルサネって、コート・ドールの北側(コート・ド・ニュイ)のなかではマイナーな土地でロゼワインの土地、ってイメージがある。でも、ドミニクローランはマイナーな土地でもちょっと豪華にワインをつ…

【2302】Feudo di Santa Tresa Cerasuolo Di Vittoria Organic 2018

チェラスオーロ ディ ヴィットリア オーガニック 2018 フェウド ディ サンタテレサ このワインは、チェラスオーロを名乗っているシチリアワイン、DOCG。シチリアにはDOCGのワインが少なく、それでいてチェラスオーロはイタリアの良質なロゼワインのカテゴリ…

【2301】Bouchard Pere et Fils Bourgogne Pinot Noir "La Vignee" 2019

Bouchard Pere & Fils Bourgogne Pinot Noir ”La Vignee” 2020 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュ大手、ブシャールが手掛けている平格ブルゴーニュ。ブシャール、別に悪いメーカーだとは思わないけれども、なんとなーく濃い口…

【2300】Domaine Gros Frere et Souer Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 2018

グロ・フレール・エ・スール ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ [2018] このワインは、ずっと前にすっかり失望して飲むのをやめちゃった、ブルゴーニュのグロはグロでも、グロ・フレールなんちゃらの作る品。この、金カップのラベルが特徴…

【2298】Chateau Lafleur Gazin 1998

シャトー ラフルール ガザン 2013 ※リンク先はヴィンテージが異なります で、食後に出てきたのがポムロールの98年の品、ラフルール・ガザン。これぐらいの年代の、これぐらいの価格のポムロールが旨いのは見当ついているけれども、自分の家でここまで待つの…

【2297】Domaine Jean Tardy & Fils Fixin "La Place" 2009

【ジャン タルディ】 フィサン ラ プラス [2015] ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて登場したのは、ご縁のあまり無かったメーカーのフィサン、とはいえヴィンテージは豊穣の2009。きっと美味いに決まっている。ただ、ジョセフ・ロティからおいしい…

【2293】Querciabella Chianti Classico 2015

クエルチャベッラ キアンティクラシコ ※リンク先はヴィンテージが異なります 今日は肉料理メインの日なので、これに合わせるべく、キアンティクラシコを用意した。これは、キアンティクラシコの作り手としてはまあまあ有名なクエルチャベッラの作る正規のキ…

【2291】Capitain Gagnerot Ladoix 2018

[2018] ラドワ ルージュ 750mlキャピタン ガニュロ このワインは、2022年2月に飲んだことのある、知らないメーカーが作ったラドワの村名格。価格から考えられる以上のおいしさだったので、今回、これに再度挑んでみることにした。 まず見た目。ブルゴーニュ…

【2290】Chateau Haut Methee Bordeaux 2016

シャトー オー・メテ 2016 このワインは、ボルドー産安ワインのひとつで聞いたことがない。例によってブルゴーニュワインや新世界ワインよりも落ち着いた気持ちになりたい時に抜栓した。 まず見た目。カベルネソーヴィニヨン系のワインとしてはそれほど濃く…

【2289】Lungarotti Brezza Rosso 2020

ルンガロッティ ブレッザ 赤このワインはウンブリア州でつくられた、サンジョベーゼに少しメルローを混ぜたもの。品種や地域からいって、凝ったワインでなくていいから気軽に楽しめるワインであって欲しい。 まず色合い。あまり透明度の高くない紫色のワイン…

【2288】Denis Carre Savigy-Les-Beaune Vieilles Vignes 2019

ドニ・キャレ サヴィニ・レ・ボーヌ・ルージュ ヴィエーユ・ヴィーニュ このワインは、ドニ・キャレというメーカーが作っているサヴィニ・レ・ボーヌで結構楽しみにしていたもの。ところがなんと、もっと格下のブルゴーニュのボトルと間違えて、ボトルがまだ…

【2287】Cusumano "Disueri" Nero d'Avola 2019

ディズエリ クズマーノ ネロ・ダヴォラ このワインは、以前に2018年ヴィンテージがたいへん重宝した、シチリアはクズマーノのちょっと良いネロ・ダヴォラ。ありがたいことに価格は据え置かれているので、今後も良質のデイリーワインとして活躍してくれること…

【2285】Dominique Laurent Chorey-les-Beaune Vieilles Vignes 2017

ドミニク・ローラン ショレ・レ・ボーヌ 2017 このワインは、2021年にも一度対峙したことのあるワインで、出来の良さはかなり信頼できる感じ。ゆったりしたい気持ちになりたかったので、これを今夜はチョイスしてみることにした。果たして、今回も満足いく内…

【2283】Chateau Belordre Bordeaux 2015

[2015] シャトー ベロルドル このワインは、ボルドーで作られた安ワイン。安ボルドーは穏やかな気持ちになりたい時には重宝するのだけど、メーカーが無尽蔵にあって覚えられない。今回のこれも初めて対峙するもの。 まず色はオーソドックスなワインレッド。…

【2282】Georges Lignier Clos-Sant-Denis Grand Cru 2013

ジョルジュ・リニエクロ・サン・ドニ [2016] ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュ中核エリア、なかでも高価なワインで知られる北部(コート・ド・ニュイ)でつくられるグランクリュのなかではマイナーな部類の、クロ・サン・ド…

【2281】Domaine Faiveley Mercurey Vieilles Vignes 2019

ドメーヌ・フェヴレ メルキュレ・ルージュ VV [2019]750ml このワインは、ブルゴーニュの非-中核エリアであるメルキュレで大手フェヴレが作っている、メルキュレ村名格の赤ワイン。前回飲んだ時にはコスパに優れた、溌剌としたタイプだったので、再び登板い…

【2279】Domaine Rene Leclerc Gevrey Chambertin 1er Cru Combe Aux Moines 2016

ドメーヌ・ルネ・ルクレール・ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエクリュ・コンブ・オー・モワンヌ 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ブルゴーニュの中核地域、コート・ドールのなかでも重要な北部エリアのひとつであるジュヴレ・シ…