北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【2073】Emilio Bulfon Scialin 2018

シャリン 2018 エミリオ ブルフォン このワインは、イタリアでは白ワインの名産地として知られるヴェネチア・ジューリア州でつくられた、土着品種シャリンで作られた白ワイン。この地域の土着品種は結構飲み慣れているつもりだったけど、これは初めて。メー…

【2070】Livio Felluga Pinot Grigio 2018

リヴィオ・フェッルーガ ピノグリージョ2018 このワインは、4000円を切る値段で売られているのを発見して、大急ぎで保護したもの。このメーカーの白ワインを4000円未満で手に入れられることはまずない。喜んでこれにあたってみることにした。 まず見た目は、…

【2066】Galilee Galilaa Golan Heights Winery "Yarden" Chardonnay 2018

【ゴラン ハイツ ワイナリー】 ヤルデン シャルドネ [2018] このワインは、我が家では定番になっているイスラエルはゴランハイツワイナリーのシャルドネ、そのベーシック品。しょっちゅう飲んでいるつもりだったけど、一年以上間があいてしまっていた。今回…

【2061】Aires Andinos Chardonnay 2019

アイレス アンディノス シャルドネ 白 このワインは、スペイン製の安いシャルドネ。何かのセットに入っていたのだったと思う。スペインは暑くなっているのでこのワインもきっと南国系シャルドネじゃないかと想像。 グラスに注いでみると、まずまず薄い色のシ…

【2054】Ilocki Podrumi Traminac Selected 2018

Traminac Selected Ilocki Podrumi このワインは、我が家では定番になりつつあるクロアチア産のトラミネール種。新世界でも作っているゲヴュルツトラミネールに比べてフルーティーな感覚の強い、イタリア産のトラミネール・アロマティコに近い飲み心地なので…

【2051】Comtes Lafon Macon Bussieres le Monsard 2007

マコン ブシエール[2015]ゼリティエール デュ コント ラフォン ※リンク先はヴィンテージが異なります このワインは、ラフォンがつくっているマコンのシャルドネのひとつ。ラフォンはマコンで複数の畑を持っていて違いがあるらしいけれど、普段はそんなことは…

【2048】Bonne Esperance Select White (N.V.)

KWV / ボン エスぺランス このワインは南アフリカ製の量販品な白ワイン。品種はシュナンブランとかそういうのだったと思う。(調べたら、シュナンブランとコロンバールからなっていた) 見た目は、真っ白白な感じ。シャルドネ以外の品種では割とありがち。香…

【2046】Cono Sur "Bicicleta" Viognier 2018

コノスル ヴィオニエ ビシクレタ ※リンク先は現行ヴィンテージです。 まず見た目。レモン色の、標準的な白ワインだ。可もなく不可もない感じ、香りは、すがすがしい台所洗剤系のものに、草の枝、またはソーヴィニヨンブラン系にあるような草っぽいニュアンス…

【2043】Markus Molitor Riesling Urziger Wurzgarten Spatlese 2016

ユルツィガー・ヴュルツガルテン シュペトレーゼ(ホワイト・キャプセル)[2016] マーカス・モリトール このワインはドイツはモーゼル地方でつくられたリースリング、そのシュペートレーゼクラス。初めてのメーカーで、どうやら辛口らしい。辛口でもシュペー…

【2041】Golan Heights Winery "Yarden" Galilee-Galilaa Chardonnay Organic 2017

【ゴラン ハイツ ワイナリー】 ヤルデン シャルドネ オデム 2018 ※リンク先はヴィンテージが異なります 久しぶりに、イスラエルはゴランハイツワイナリーがつくっている濃厚シャルドネ「オデム」をいただいてみることにした。 まず、グラスに注いでみると山…

【2034】The Springs Pinot Gris 2019

ザ・スプリングス・ピノ・グリ[2019] このワインはニュージーランドの安旨リースリングをつくっているザ・スプリングスのピノ・グリ。ピノ・グリと出会うのはこれが初めてだけど、なにせリースリングが良かったので期待したいところ。 グラスに注ぐと、かな…

【2027】Frederic Cossard Beaune Les Bressandes 2013

フレデリック・コサール ボーヌ レ・ブレッサンド 白 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります 続いて、同じくフレデリック・コサールの、同じ村名格の2013を垂直で飲んでみることに。 見た目はあまり変わらない。ただ、比較するとこちらのほうがリンゴの…

【2026】Frederic Cossard Beaune Les Bressandes 2012

フレデリック・コサール ボーヌ レ・ブレッサンド 白 2017 ※リンク先はヴィンテージが異なります 古酒シャンパンをいただいた後、たちまち出てきたのは、フレデリック・コサールが作るボーヌ(村名格)の白。ボーヌの白ワインを飲むのは……なんとボーヌの酒場で…

【2022】Rione del Falco Cuvee Bianco (N.V.)

リオーネ デル ファルコ 白 N.V. このワインは、ヴェネト州でつくられたハウスワイン。正直、あまり期待できる筋ではなさそうだけど、魚を蒸すのに使う際に一緒にいただいてみることにした。 グラスに注いでみると、麦わら色の薄い色合い。香りは……あまり感…

【2020】Allendorf Winkeler Hasensprung Risesling Auslese Rheingau 2015

このワインは、2015年につくられたラインガウ産のアウスレーゼ。3年前に飲んだことがあったけど、この一本はあまり良くない保存状態で(具体的には、ビンを立てたまま)3年放置していた。ので、長期保存をあきらめ、再び飲んでみることにした。 グラスに注ぐ…

【2017】Domaine la Bazillere Muscadet Sevre et Maine Sur Lie 2018

Domaine la Bazillere Muscadet Sevre et Maine Sur Lie ※リンク先は現行ヴィンテージです このワインはワインセラータカムラさんのワインセットについていたミュスカデ。ミュスカデはあまり得意ではないのだけど、暑くなってきた日には割と良かったと思うの…

【2015】Ilocki Podrumi Grasevina Classic 2017

Grasevina Classic Ilocki Podrumi このワインは、美味いトラミネールをつくっているクロアチアのワインメーカーの量販品。なんと1リットルという風変わりなサイズで、がぶ飲み上等なワインという予感。余ったら料理用にまわしてしまうことにして、二日ほど…

【2013】Pieropan Soave Classico 2018

ソアーヴェ・クラシコ ピエロパン 現行 今日の夕食はお寿司を中心としたもの。こういう時に飲みたいのは端麗な白ワイン、でもって手持ちで最も端麗系なのが常に頼りにしているソアーヴェ・クラシコの定番、ピエロパンの通常タイプ。旨くないとは思えないので…

【2010】Ilocki Podrumi Traminac Selected 2018

トラミナック セレクテッド 2018 イロチュキ ポドゥルミ このワインは、前回とても良かったのでリピートした品。クロアチア産のトラミネールで、値段を考えたら驚きのミネラルと充実感だった。今回も美味いといいのだけど。 グラスに注ぐと、まずまず黄色っ…

【2008】Etienne Sauzet Puligny-Montrachet 1er Cru Champ Gain 2011

エティエンヌ・ソゼ ピュリニーモンラッシェ一級 シャン・ガン 2016 ※リンク先はヴィンテージが異なります まず見た目。思いのほか薄い!うっすらとした白ワイン色で、昨日抜栓したブルゴーニュ白の平格と比較すると、僅かに緑色がかっていてより薄いぐらい…

【2007】Remoissenet Seigneurie de Posanges Bourgogne Blanc 2015

ルモワスネ ペール エ フィス ブルゴーニュ ブラン セニュリー ド ポサンジェ 2015 このワインは「セニュリー ド ポサンジェ」という聞いたことのない名前がラベルにでかでかと記されているブルゴーニュの白ワイン。ちょっと格上のブルゴーニュ白ワインを近…

【2006】Calera Chardonnay 2016

カレラ シャルドネ 現行 このワインは、カリフォルニアではおいしいシャルドネとピノ・ノワールをつくっているカレラのシャルドネ。手頃でおいしいワインとして一定頻度で飲んでいたけれども(直近では2017年8月)、ここ最近は値段が上がり気味だったので避…

【2004】Trinbach Alsace Riesling 2016 (ハーフボトル)

トリンバック リースリング ※リンク先はフルボトルです。また、ヴィンテージが異なります。 春にいただくアルザスの白ワインはいつも最高。今回は、和食にあわせてハーフボトルの品をいただいてみることになった。 まず見た目は、薄い白ワイン色。香りは、台…

【2002】El Volquete Verdejo 2018

エル ヴォルケテ ヴェルデホ [ 2018 ] このワインはスペイン産の安物ながら、品種がベルデホなのでちょっと期待。 まず、グラスにそそぐと白っぽいワイン。かなり薄いけど、ベルデホならそれほどおかしくあるまい、と思う。香りは、オイリーな雰囲気を伴った…

【2000】Kloster Eberbach Steinberger Risesling Spatlese 2017

ラインガウ 州営醸造所 シュタインベルガー・リースリング シュペートレーゼ [2017] 今日はちょっとした慶事があったので、これをお祝いするためにお祝いにふさわしいワインを。選んだのは、ドイツはラインガウ地方の老舗、クロスター・エバーバッハ醸造所の…

【1998】William Fevre Chablis Grand Gru Les Clos 2011 (ハーフボトル)

シャブリ・グラン・クリュ・特級“レ・クロ”[2016]ドメーヌ・ウイリアム・フェーヴル ※リンク先はヴィンテージが異なります 「シャブリの特級は10年寝かせなさい」とはよく聞くけれども、このボトルはハーフボトルで2011年という弱ヴィンテージ。一般に、ハー…

【1994】Ilocki Podrumi Traminac Selected 2018

トラミナック セレクテッド 2018 イロチュキ ポドゥルミ このワインは、クロアチアでつくられたトラミネール(ゲヴュルツトラミネール)。地域的に考えると、隣のイタリア、トラミネール・アロマティコの系譜じゃないかと思うけれどもわからない。 まず見た…

【1993】Bricco al Fale Pinot Grigio Organic delle Venezie 2018

ブリッコ アル ソーレ ピノ グリージョ オーガニック 2018 750ml 白ワイン イタリア このワインはイタリア北東部でつくられているピノ・グリージョ。いちおう、オーガニックということになっている。 見た目はすごく薄い白ワイン。そして気泡がいっぱい。あ…

【1991】Anselmi San Vincenzo 2018

アンセルミ サン ヴィンチェンツオ 2018 今回はヴェネト州のソアーヴェ・クラシコの名門、アンセルミの(ソアーヴェ・クラシコを名乗っていないけれども)実質ソアーヴェ・クラシコなワインを。4年ぶりの対峙(前回はこちら) まず見た目。薄いレモン色をし…

【1989】FishHoek Chenin Blanc 2019

www.vinica.me このワインは、魚の骨の絵が描かれた南アフリカ産のシュナンブラン。安物だけど、南アフリカ産は安くても案外おいしいことも多い。これはどうだろう。 まず見た目はすごく薄い白ワイン。ちょっと緑色がかっているかもしれない。香りは、パパイ…