読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0480】Mas de Libian Vin de Pays des Coteaux de l'Ardeche 2007

 
マス・ド・リビアン ペタンク・ルージュ [2007]
 
 食後、二日間にわたって濃いめのワインを飲みたいと思ってこれを選んだ。グルナッシュとシラーとが混じった、南仏系とおぼしきワイン。色は、ピノ・ノワール系とは全く違った黒っぽくて濃い色調。匂いをかぐと、焦げ臭く、かつトロピカルフルーツのような面白い匂いがしてきた。「ライチを鉄板焼きにしたらたぶんこんな匂い」というような。
 
 呑んでみると、意外とすっすっと口のなかに入ってくる。ちょっと苦くてちょっとインクっぽいところはあるけど、タンニンはわりと柔らかめで、それなりに果実味も。ただ、匂いから連想されるような甘みはあんまり無い。ちょっとやせ気味で焦げ焦げな感じのワイン。しばらく呑み進めると、最初は意識されなかった果実っぽい酸味がこみ上げてきた。悪くない酸味かも。
 
 ※翌日になると、匂いに腐った切り株臭が混じって、ちょっと高いワインのような趣に。味のほうは苦味が落ち着いて滑らかな印象になった。これは二日目のほうが好み。美味しかった!1000円クラスでこれだったらとても幸せ。