読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0500】Kloster Eberbach Steinberger Riesling Spatlese 2005

ドイツ

 
STAATSWEINGUTER KLOSTER EBERBACH STEINBERGER RIESLING SPATLESE
 
 ドイツのシュタインベルガー・シュペトレーゼはお気に入りの甘口ワインで、かなり昔から一本常備が我が家の習慣になっていた。ところがこのボトルは二年前に購入した後、諸般の事情で開栓する機会がなく、しかも二度の夏を廊下で過ごさせてしまった。我が家の安物セラーでは背の高いドイツワインボトルが収納できないため、寒暖を伴ったかわいそうな環境を耐えてきた。
 
 コルクを抜いてみると、色は黄金色としか言えない、ものすごく濃い黄色。見た目だけだと「樽香強烈な熟成ブルゴーニュ」と言いたくなるような。匂いは…オイリーな揮発臭に包まれながら、「蜂蜜タルト」を連想させるような匂いがふんわりと来た。杏っぽいのも混じっている。なんだか高級&熟成白ワインっぽい。大当たりを引いたような予感。
 
 口をつけてみると、匂いに似た、杏のような甘さもあるながら、漢字を当てるなら「玲」と書きたくなるような、綺麗な綺麗な酸が健在で、背筋が非常にシャンとしている。糖度は相当なんだけど、全くダレない。そして飲みやすい。「凄い甘口ワイン」といえば、先日のソーテルヌもかなり凄かったけど、ザクザク飲むならこっち。そうこうしているうちに、蜜蝋のような匂いが強まったり、ザラメのような匂いを呈したり、色んな顔を見せてくれた。
 
 二度の夏を耐えてくれたワインとは思えないほど、凄くおいしく、あれこれ考えさせられる甘口ワインだった。甘口ワインだって、やっぱり美味いやつは美味いんだ!ちゃんとした環境で熟成させた、さらに上級のドイツワインなんかは、もっと凄いんだろうなと思った。
 
 ※エチケットに描かれていた鷲のマークは、現行ヴィンテージでは無いらしい。ちょっと寂しい。