読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0638】Dufouleur Freres Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits 2009

コート・ド・ニュイ

 
デュフルール・フレール オート・コート・ド・ニュイ
 
 しばらく出先に出ていてワインが飲めませんでした。明日も泊まり仕事になるので今日開けるしかないと思ってこいつを選んだ。
 
 色を見ると、透明度の非常に高い、けれども意外と黒っぽい感じ。ただ白い紙をすかして見てみると、意外なほど焦げ茶色っぽくて、あれっこんな色だったっけかと不思議なところも。匂いをかぐと、(自分がよく呑んでる)ピノ・ノワールとしてはバニラっぽい樽香が強くて、例の安ブルゴーニュ臭(獣っぽいと表現していいのかな?)とイチゴジャム臭がそれに続く感じ。
 
 口をつけてみると、口当たりのごつい、コクのある味。果実味もタンニンもそれなりあるんだけど、まず第一に口当たりの分厚ささというか、ボリュームのでかさを意識させられた。なんかコート・ド・ボーヌのなじみのワインに比べると同じピノ・ノワールなのかとびっくりするような。ただ、このときのサントネー一級なんかに比べると、輪郭がぼんやりしているというか、研ぎ澄まされた集中力のようなものは欠いているような気はする。