読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【1510】Tenuta di Trinoro "Le Cupole Trinoro" Rosso Toscana 2013

 
レ クーポレ ディ トリノーロ
 
 トスカーナ地方の国際品種系ワイン(スーパータスカン)はお金がかかるし、イタリアワインとフランスワインのキメラみたいだしでご無沙汰だったけれども、ちょっとおすすめな情報を耳にしたので久しぶりに買ってみることにした。
 
 まず見た目。まずまず濃くて不透明、グラスに注ぐ時は青紫系かと思ったけれども、注いでみると少しオレンジ色がかっているようにもみえる。香りの第一印象は梅。梅のような香りがぶわーっときた後に、チョコレートを思わせる甘い香りがこみあげてくる。それからミルクチョコレート。
 
 口に入れると、うっそうとした果実味、苦みと柔らかなタンニンの風体も良く、落ち着いているけれども底力がこみあげてくるような。甘味はあるけれども、苦みやタンニンを妨害するほど顕著ではなく、気持ちの良いところでそれぞれの味のベクトルのバランスがとれている。呑み進めると、とにかく葡萄酒の王道を行くような濃い葡萄果実風味と湿った雰囲気、苔の生えた土のような雰囲気もあって、するする入ってくる。享楽的ながら揮発臭をぷんぷんさせるようなものでなく、若い果実味で押してくるようなワインだった。パレオロッソにどこか似ているなぁと思ってネットで調べてみたら、カベルネフランがたくさん入っていると書いてあったので、たぶん、そのせいなんだろうと思った。果たして、明日はどうなっているのやら。
 
 ※二日目は、少しやせた&苦い状態でスタートしたかな?と思ったら二時間ほどでエンジンがかかってきて結局昨日にかなり近い雰囲気に。ローソクと苔の生えた土の香りもぷんぷんと、優れた姿に変わった。二日目もなかなかのもの、この価格帯のスーパータスカンは完全スルーしていたけれども、ちょっと見直した。