読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北極の葡萄園

呑んだワインをひたすら記録しています。

【0895】La Spinetta Moscato d'Asti "Bricco Quaglia" 2012

 
ラ・スピネッタ "ブリッコ・クワリア" モスカート・ダスティ
 
 今日は疲れが溜まっているので、甘口デザートワインを選ぶことにした。品はいつも大好きモスカート・ダスティで、メーカーは結構よく見かけるラ・スピネッタ。
 
 見た目は割と普通の白ワイン色で、泡があまり立ち上らない。これは微炭酸な感じ。もしかして空気が抜けちゃっている?匂いのほうは、生姜とラムネっぽい匂いの少し混じった、モスカート・ダスティっぽい匂い。甘さよりも生薬っぽさのほうが先行している。
 
 口に入れてみると、微炭酸だけど恐ろしくまろやかな甘さ。鬱陶しい甘さ、くどさとは無縁で、モスカート・ダスティのなかでも凜々しい部類。リンゴと蜂蜜な感じなんだけど、背筋がシャンとしているからだれてこない。モスカート・ダスティにしてはちょっと高いだけのことはあると思った。同価格帯のドイツ産甘口白ワインと全然良い勝負しているのでは。あっという間に呑んでしまった。